雑誌「チルチンびと」78号掲載 群馬県 ㈱オオガネホーム

木のぬくもりに包まれる素朴で大らかな暮らし

 住まいに木のぬくもりを求めた一家。オオガネホームが揺るぎない信念と技術でつくりあげた、この土地でしか建てられない家とは。  群馬県太田市に建つK邸。住宅街の中で、煙突のある大きな切妻屋根とチェリー色の腰板が目を引く。    腰板と同じ色で塗られた玄関ドアを開け中に入ると、今なお豊かな、木の香りに包まれる。右手に進むと、1尺はあろうかというダイナミックな檜の大黒柱がそびえる吹き抜けのLDK。床、天井ともに杉が使われ、梁も力強く現しとなっており、木立に囲まれているような感覚になる。「山小屋に泊まりに来たみたいでしょう」とにこやかに迎えてくれるのはご主人。    以前は、築40年のご主人の実家で同居していた。しかし、古くて寒く過ごしづらかったのと、お子さんも生まれ手狭になったため、建て替えを考えるようになった。    夫妻は、建てるなら自然素材を使ったのどかな風情のある家がよかったという。そんな時、姉がすすめてくれたオオガネホームへ見学に行き、一目で気に入った。「決め手は素材。ここまでいい素材を見るとほかは目に入らない。それに、展示場と実際に建てた家の仕様が一致するんですよ。展示場が嘘をついていないというか」。その後見学会にも積極的に参加し、家づくりのパートナーを同社に決めた。  妥協しない  素材と技術が人を呼ぶ  オオガネホームは大金泉社長と義延さん親子を含め、5名で切り盛りする小さな大工型工務店。地元・桐生のよい檜を使い、腕のいい大工がつくりあげるしっかりとした家には定評がある。素材は、見えないところに使う土台や断熱材などに至るまでいっさい妥協しない。「素材を妥協すると、後でお客さんにはねかえってしまいますからね。この家づくりしかできないし、いいものが人を呼ぶのだと思います」と義延さんは話す。    お客さんとの関係を大事にできるところは、小さな工務店ならではの特徴。見学会のほか、薪ストーブイベントなども行い、お客さん同士のコミュニケーションも活発だ。    Kさん一家もイベントに参加したり、展示場に宿泊して家の断熱や調湿の性能を確かめたりした。「見学会ではお風呂の使い勝手や掃除のしやすさなど、細かい話をOBの方に聞けてとても参考になりました」と奥さん。さまざまな人の話を聞き、薪ストーブも導入することにした。    工事中は仕事帰りに毎日のように現場を見に行っていたというご主人。外の腰壁や軒屋根などの塗装にも家族で参加した。「家への愛着も湧くし、作業を伴うと現場の方とのコミュニケーションもできて気持ちが通じ合います」と満足気に振り返る。    かくしてできあがったK邸。ご主人は「希望通りの山小屋のような家で、毎日旅行気分です」。奥さんも「冬は暖かいし夏涼しく、お風呂は木の匂いがして温泉に来ているみたいで、本当に快適です」とにっこり。    薪ストーブはお子さんたちもお気に入りで、冬は薪ストーブの前に集まってくるという。「ガードをつけようと思っていたけれど、子どもはなくても距離感がわかるみたいです」とご主人。    今年は友だちも呼んでみんなでピザを焼いたりしたいと話すKさん夫妻。木の家を楽しむ暮らしはまだ始まったばかり。

ページ数:4

このコンテンツを閲覧するには、FlashPlayer9.0.20以上がインストールされている必要があります。またJavascriptを有効にする必要があります。

目次

ページ 1 2 3 4