全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

「サウイフ モノ ニ ワタシ ハ ナリタイ」キム ホノ 展 10月4日(金)~10月14日(月・祝)

「サウイフ モノ ニ ワタシ ハ ナリタイ」キム ホノ 展

 

今展のタイトル「 サウイフ モノ ニ ワタシ ハ ナリタイ 」というのは云わずもがな、宮沢賢治の「雨ニモマケズ・・・」の一節(ラスト2行)からの拝借でありますが、あの有名な詩の内容とは全くの無関係であります。東奔西走する事もなく、デクノボーと呼ばれる事を願う訳でもありません。

今年6月キム ホノから送られて来た日本橋髙島屋での展案内に映った洗面器のような平鉢の佇む姿を見て溜息が出たのでした。これまでキム ホノによって幾度となく自由というモノに触れその扉をくぐることで沢山の自由を手に入れて来た、と思っていたのに。そこに在る楽焼の洗面器は「もっと自由になれるよ。」と語りかけるようでありました。「あぁ、せめてこのうつわ程の自由を手に入れたい!」と思った瞬間に「 サウイフ モノ ニ ワタシ ハ ナリタイ 」という言葉が降って来たのでした。理屈ではなく降って来てしまったのだから仕方がありません。

今展ではキム ホノに「土っぽい」というイメージで展依頼をして居ります。世間的には「土」は荒々しい、ザラザラしたイメージなのかもしれませんが、キムさんにお願いしたのは「土」の柔らかさの中に在る生命力です。さて、どのような うつわ が生まれるのでしょうか。凡そ半数はこのところ嵌まっている楽焼になるようです。コレもまた楽しみですね。

 

【日 時】

2019年10月4日(金)~10月14日(月・祝)
10:00~19:00
※会期中無休

 

【場 所】

陶・よかりよ
沖縄県那覇市壺屋1-4-4 1F

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

MENU