全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

絵と音と言葉のユニット[repair] exhibition「リハーサル ストーリー」 6月6日(木)〜6月18日(火)

 

 

絵と音と言葉のユニット[repair]exhibition「リハーサル ストーリー」

 

歓びはストレートに
悲しみはオブラートに
感嘆する日々の讃歌は複雑なのだ

傍観者のように違った視点で自分の行動をみてみたいと考える名もなき主人公。気がつけば足を運んでしまう菓子店「アグネル」の菓子箱「ティー・フォー・トゥー」。大きな夢を小さく歌うクルーナーヴォイスの少年…

絵とトロンボーン担当で、イラストレーターでもある日下 明と、ピアノと言葉担当の谷口有佳による、絵と音と言葉のユニット『 repair 』。

『リハーサル・ストーリー』と題した本展では、谷口有佳の作る物語に合わせて、日下 明が絵を描き展示します。期間中、兵庫篠山のcafe selen協力の下、物語に出てくる菓子箱を再現したコラボ商品も販売いたします。

 

【日 時】

2019年6月6日(木)〜6月18日(火)
12:00~20:00
※休み 水曜日
※作家在廊予定日
6/6(木)・6/15(土)・6/16(日)

 

【場 所】

にじ画廊
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-2-10

 

■repairによる演奏会

 

【日 時】

2019年6月15日(土)
open 18:30 / start 19:30

 

【参加費】

2,000+1D 500円
drink:cafe selen

 

※ご予約は件名を『リハーサルストーリー 演奏会 予約』として、お名前/人数/電話番号をご明記の上、[E-Mail]nijigaro@gmail.comにお送りください。こちらからの返信をもってご予約完了となります。

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

MENU