全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

Rotable in tokyo 2019 5月4日(土)

Rotable in tokyo 2019

 

“rotation from the table”

農家やゲストの人々とともにテーブルを囲む、
ファーマーズマーケットならではの1日限定レストラン

rotableは日本各地で開催されるその土地々々の風土にフォーカスした、
期間限定のポップアップレストランです。

漁師町、山奥の棚田、その土地で代々守られてきた古民家で、
その土地の自然や風土を感じながら、食べ物の作り手、
土地に住む人たち、食べる人、皆でテーブルを囲みます。
それが双方の結びつきを深め、自然環境や食にとりまく環境が
より持続可能なものにつなげていくのがコンセプトです。

第6回目の開催となる今回の会場は東京、青山ファーマーズマーケットです。

マーケットの農家さんの食材を使った料理、ナチュラルワイン、
季節の植物などがあしらわれたテーブルで、
このマーケットが積み重ねてきた風土を、
生産者やゲストの皆さまとともに分かち合えるような食の体験を表現します。

何千年、何万年と堆積して生まれたその土地の風土、
自然と寄り添う農家さんの個性が出会って生まれる野菜たち。
たとえば同じニンジン一つをとっても、たくさんの種類があり、
食べてみるとそれぞれに畑の個性があります。
鼻を突き抜けるようなからし菜の辛味ですら身体に馴染んでいく。
それはとてもドラマティックなものです。

今回は「土」を切り口に、農家さんやその土地の風土が生み出す
世界を五感で感じられるようなレストランにしたいと思います。
それが私たちの食を支える人々や自然にとって持続可能で、
より豊かな食につながっていけばという思いを込めて。

 

【日 時】

2019年5月4日(土)
17:00~

 

【場 所】

国連大学中庭
東京都渋谷区神宮前5–53–70

 

【主 催】

Farmer’s Market @UNU
rotable in Tokyo 2019実行委員会

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

MENU