全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

大月雄二郎「街/Une Ville」展 10月23日(土)〜11月7日(日)

 

 

大月雄二郎「街/Une Ville」展

 

大月雄二郎「街 / Une Ville」展を10月23日(土)~11月7日(日)まで開催いたします。

今企画では「街」をメインにした新作にくわえ、90年代の版画や近年の油彩作品など新旧まじえた約20点を展示致します。

 

【日 時】

2021年10月23日(土)〜11月7日(日)
12:00~19:00
※日・祝日 ~18:00、最終日 ~17:00
※定休日 月・火曜日(月火が祝日の場合も店休)

 

【場 所】

Galerie LIBRAIRIE6 + シス書店
東京都渋谷区恵比寿南1-12-2
南ビル3F

 

– 大月雄二郎 Yujiro Otsuki –

1948年神戸生まれ。
1969年に状況劇場に入団。71年に退く。
その頃より銅版画に興味を抱き、山本六三により手解きを受ける。
1972年に渡仏し、同地で池田満寿夫に出会いドライポイント技法を習う。
その後、作家ロラン・トポールと親交が始まり多大な影響を受ける。
同年の銅版画展以来、東京・パリをはじめアメリカ・ベルギー・モナコ・トルコなどで個展・美術サロンに出品。
2011年、フランスに於ける芸術勲章シュヴァリエを受勲。

 

■オンライン展覧会は初日10月23日の13時より公開いたします。

 

※店頭でも展示/販売しておりますため、お問合せ頂いた作品が販売済の可能性もございます。何卒ご了承くださいませ。

※詳しくはこちらをご覧ください。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU