全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

塩川愛 個展「夢みたいなこと願いながら目を覚ます日」 7月1日(木)〜8月1日(日)

塩川愛 個展「夢みたいなこと願いながら目を覚ます日」

 

塩川愛さんは、絵を描いています。
ものすごく細かく畳の目を描いたかと思うと、お尻のがっちりした「ねこちゃん」を優しいタッチでそよ風のようにさしだしたり。

しばらく現実に戻るのが嫌になるくらい、心地よい毒気があります。そんな塩川さんによる、空間ごと楽しめそうな展示。

 

【日 時】

2021年7月1日(木)〜8月1日(日)
12:00~18:00
※最終日 ~16:00
※定休日 月・火曜日

 

【場 所】

アート&スタジオ かど
鳥取県八頭郡若桜町若桜396

 

– 塩川愛 –

山梨生まれ。
幼少期から高校まで静岡に暮らす。
その後、広島(尾道)に住み、2018年に鳥取へ移住。
ねこの漫画を描いたり、ドローイングや絵画作品を制作する。
展示に「水滴を介した光の中で空を飛ぶこと」「泡沫」「未定の場所」「真夜中に描く」等。
鳥取と尾道を拠点に活動中。

 

■特別イベント「アーティストトーク」

作品制作や暮らしについて、塩川さんのことを色々と聞いていきます。

 

【日 時】

2021年7月7日(水)15:00〜

 

※会場にお越しの際はご予約をお願いします。予約は[E-Mail]fuku.wakasa@gmail.com までご連絡ください。

※トークの様子はインスタライブにて配信予定(同日15:00より)

※詳しくはこちらをご覧ください。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU