全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

ダイモンナオ展「草と本の草」 6月2日(水)〜6月20日(日)

 

 

ダイモンナオ展「草と本の草」

 

本展でダイモンナオが描くのは、自身のアトリエである京町家の空間「草と本」にある植物や、そのほかの草木、緑のある風景だ。白やグレーの画面に潔く伸びる枝葉。

たくましくも、しなやかな輪郭線。装飾的な表現や緻密な描写から解放されたダイモンの描くモチーフは、シンプルだが清々しく、生命力に溢れている。草木の薫る庭で深呼吸をするような心地よい展示空間へ。

 

【日 時】

2021年6月2日(水)〜6月20日(日)
11:30〜19:30
※土・日・祝日 11:00~19:30
※休廊日 月曜日(祝日の月曜日も休廊いたします)

 

【場 所】

ヨロコビtoギャラリー
東京都杉並区西荻南3-21-7

 

– ダイモンナオ –

高知県生まれ、京都市在住。「草と本」主宰。2008年よりイラストレーターとして活動を始める。2011年より各地での個展開催や国内外での展やグループ展に出品し作品を発表。書籍、雑誌、web、パッケージ等に数多くの作品を提供している。

 

※新型コロナウィルス感染症拡大防止策に伴い、営業時間等に変更がある場合は適時判断し、ギャラリーWEBやSNSなどでお知らせします。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU