全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

harunachico 展 5月15日(土)~5月29日(土)

 

 

harunachico 展

 

限りなく大らかで、のびやかな心の張りを運んでくれる…。

弾けるような楽しさ満載の絵柄、手描き手染めの丁寧な仕上げ。

作品は、即興による細かい軽妙な筆致が際立つ素描染めと、図案を染め上げた、西洋的な絵柄と日本的な色使いが組み合わされた大胆な構図の総染め、の大きく2種類の技法になります。

前者の素描染めは、筒描きで細いラインを一気に描いていき、そこに染料を着彩します。

後者の総染めのシリーズは、大きな木枠に生地を貼り、糊の入った染料でアウトラインを描き、その中にそれぞれの色の染料をつけていき、何回も熱湯で洗って糊部分を取り除き、完成します。

今回は、昨年発表して好評だった、濃い色生地への抜染の技法で描いていくkuronachicoシリーズを、前回とは一味異なる色調で出品します。

また、これまで難しかったニット生地への描写もクリアし、ゆったりとしたシルエットのカーディガンなども出品します。さらにロングシャツ、パンツ、ワンピースの他、染生地とナイロン生地を組み合わせたバッグ、ミニアチュール(小さい絵画)や器など、何処かにちょっぴりの笑いが潜み、心が弾む元気を運ぶ作品をご紹介いたします。

 

【日 時】

2021年5月15日(土)~5月29日(土)
12:30~19:00
※最終日 ~17:00
※初日5/15(土)は17:00まで予約制となります。
※休み 5/19(水)・5/26(水)

 

【場 所】

Ecru+HM
東京都中央区銀座1-9-8
奥野ビル4F

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU