全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

暮らしの色景 minä perhonen 12月9日(水)~12月27日(日)

暮らしの色景 minä perhonen

 

この度はgallery yamahonでのミナペルホネン『色景』にお越しくださりありがとうございました。

秋の景色が色づく自然の中で私達の物づくりをご紹介できました事を心からうれしく思っております。滞在中、多くのお客様とお会いし会話をする中で皆さまの暮らしにある様々な時間とそこに流れる出来事や喜びを共有させていただきましたこと今でも楽しく回想しております。

その想いをgallery yamahonの山本さんと共有する中で急遽、暮らしにまつわるミナペルホネンをもう少しご紹介しましょうということとなり会期を新たに12月9日から12月27日まで設けて『暮らしの色景』として続けることとなりました。

山本さんと私の出会いも“生活工芸”という暮らしにまつわる物づくりへの思考がきっかけでした。そしてこの新たな企画は皆さまとの会話や出会いから突然に生まれたものです。ですがそのように人生や事象はハプニングやきっかけから喜びや想像を生むものだと思います。

もし、ご都合が良い時が重なりましたら『暮らしの色景』で余韻を楽しんで頂けましたら幸いです。

ミナ ペルホネン 皆川明

 

【日 時】

2020年12月9日(水)~12月27日(日)
11:00~17:30
※休み 火曜日

 

【場 所】

ギャラリーやまほん
三重県伊賀市丸柱1650

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU