全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

土屋未久 個展「手寄る -TAYORU-」 12月5日(土)~12月27日(日)

土屋未久 個展「手寄る-TAYORU-」

 

コロナ禍の中、“会いたくても会えない人への手紙”をギャラリーヨルチャへ送ってください。そんな呼びかけで国内外から届いた20通の手紙を題材にしてイラストレーターの土屋未久が新作を描きました。

連絡先がわからない人、連絡が取れなくなった人、亡くなった人、過去や未来の誰かなどへのメッセージ。

届いた手紙とそこから生まれた20枚の絵をメインとした展覧会です。

 

【日 時】

2020年12月5日(土)~12月27日(日)
14:00~20:00
※日曜日・祝日 12:00~
※休み 火・水曜日

 

【場 所】

gallery yolcha
大阪府大阪市北区豊崎1-1-14
H&H japan内

 

【料 金】

yolcha運賃制
(300円で乗車券を購入 / 同金額分カフェのドリンク割引)
※チケット半券のご提示で期間中何度でも無料でご入場いただけます

 

■closing event「想奏画」

 

2020年、うたとピアノの即興演奏を主体とするユニットとして結成。様々な国を旅した2人が土地や物から与えられるインスピレーションを音に紡ぐ。

 

【日 時】

2020年12月27日(日)
open14:00 / start14:30

 

【定 員】

10名

 

【参加費】

1,500円+1drink ※要予約

 

【出 演】

瞼[harue yamada(vocal)+ seiko Kawasaki(Piano)]

 

– 土屋未久/Miku Tsuchiya –

1991年 愛知県生まれ
継続的に展示を行いながら書籍の装画・挿絵、イベントビジュアル、ロゴなどの仕事に取り組む。
2017年 1_WALL 菊地敦己選審査員奨励賞受賞。韓国SSE-PROJECT、オランダTOSAMなど海外のパブリッシャーと共にZINEの出版なども行う。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU