全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

いちろう個展「アパートメント」 11月17日(火)〜11月23日(月・祝)

 

 

いちろう個展「アパートメント」

 

『自分の居場所を自分でつくる』をテーマに、SF研究会、ロボットマニア、ロリータ少女にドラキュラなどアパートで暮らすそれぞれ違う人たちの部屋を描きました。

 

【日 時】

2020年11月17日(火)〜11月23日(月・祝)
10:00~21:00

 

【場 所】

恵文社一乗寺店
ギャラリーアンフェール
京都府京都市左京区一乗寺払殿町10

 

– いちろう InstagramTwitter –

1993年生まれ。大分県出身、京都府在住。

2015.4 MANGAOPEN(週間モーニング)第37回 奨励賞受賞
2015.6 pictbox イラスト部門 入選
2016.2 二人展「ユートピア展」
2017年.11.28-12.4 恵文社ギャラリーアンフェール 個展「どこかのヒトコマ」
2018.2 鈴木成一装丁イラストレーション塾受講
2018.7 鈴木成一イラストレーション塾 イラスト甲子園受講
2019.3 鈴木成一装画塾 受講
2019年.3.26-4.1 恵文社ギャラリーアンフェール 個展「たまたまであう展」
2019.10.29-11.4 恵文社ギャラリーアンフェール 個展「とびだす日」展
———
2020.5 角川文庫「法廷通訳人」丁海玉 著/装画

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU