全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

八澤季実 INNO VIOLETTE 二人展「Sweet pea」 3月25日(水)~4月5日(日)

八澤季実 INNO VIOLETTE 二人展「Sweet pea」

 

八澤季実さんの油絵と、INNO VIOLETTEさんの布花がロマンティックに並びます。

 

【日 時】

2020年3月25日(水)~4月5日(日)
13:00~17:00
※休み 3/31

 

【場 所】

星子スコーン
千葉県松戸市河原塚408−1
せんぱく工舎c号室

 

【入場料】

無料

 

– 八澤季実 –

1995年生まれ。画家。2019年筑波大学芸術専門学群卒業。現在は、千葉県松戸市を拠点に活動。

個展
2019年「優しい手紙」せんぱく工舎(松戸)
2019年「おまじない」せんぱく工舎(松戸)

グループ展
2016年「第31回桐美会展」ギャラリーブラック(広島)*以後毎年出品
2017年「22×16展」DESIN FESTA GALLERY HARAJUKU(東京)
2019年「徳永明恵 八澤季実 二人展」momo curry(東京)

– poupée & bouquet 《INNO VIOLETTE -イノビオレット-》 –

無垢な美しさと野に咲く菫の凛とした佇まいを名に込めました。布花のブローチと髪飾りを主に、球体関節人形も制作しています。

色々なことが起こる現代、やわらかい心でいられますよう
『 一輪のロマンを胸に.. 』
romanticを愛する大人の女性へ ご提案いたします。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU