蔵の改修

蔵軸組

江戸時代に建てられた蔵を改修中です。約300年前の大工と会話するつもりで模型をつくりました。柱は165cm角、現在は120cm角が一般的なのでそれだけでも感動してしまう。リズムよく交互にかかる登り梁と丸太梁。モダニズムという言葉がなかった時代の小屋組は合理的で機能的なものだった。更に、そばにある曲がった丸太をどう使おうかといった大工の思考からは、機能主義を超えた遊び心を感じます。

蔵軸組