到着、そして感謝。「これからまだ、長い戦いです」

 

2011/03/17 (金) 20:15 [koumuten:3643] ご報告です。

本日、物資を南三陸町の志津川に届けてまいりました。
避難所は、地元の丸平木材の社長の小野寺さん
のアドバイスで、子供が多い志津川小学校に運びました。
避難所の皆様も大変喜んでおり、すぐに、倉庫にしまっておりましたが、
倉庫の中はカラに近い状態でした。
今日の朝の会議で必要なものを話していたのが
灯油とストーブだったみたいで、目を輝かせて本当に喜んでおりました。
外では炊き出し用に廃材をとってきて、焚いていましたが
夜寝るときの体育館の中は大変な寒さだったようです。
あと、子供用の絵本(子供が喜ぶぞぉ~と言ってました)

着る物、毛布、布団(ひさしぶりの布団だぁ)
食べ物、飲み物(一平ちゃんだぁ~。お茶もある~)
薬(薬だからすぐ持って行け~)
搬出中(まだ一杯積んである~)
避難所を出る際、道を歩いている人皆さんが
お礼をして頂いていたのが印象的です。
以上中々伝わりにくいかもしれませんが本当にありがとうございました。

また、弊社がお付き合いしている丸平木材の跡地に行ってきましたが大変な光景でした。社長は社員を逃がしてから、もう一度会社に戻り津波がくる準備をしていたのですが、津波の速度がチリ沖地震の時より早かったらしく、命からがら近くの山に登りすぐ目の前まで津波が来たそうです。本当に助かって良かったです。
写真は以前チルチンびとに掲載された製材所の「木の精に感謝」の看板のあった建物です。

小野寺社長から久しぶりに人の温かさに触れました。くれぐれも、工務店の会の皆様に宜しくお伝え下さい。涙がでるくらい嬉しいです。と涙目で言われました。会員社の皆様、分けて頂けることを了承頂いた東北の会員社様本当にありがとうございました。今後届きます衣服や生活用品は森の音さんと相談して岩手県の沿岸部と分けたいと思います。

株式会社タカコウハウス 代表取締役 高橋 順

 

2011年3月17日 20:35:48Fwd: 山下です。第2便
広島を出て、京都、名古屋、静岡、神奈川で支援物資を積み込み、埼玉、栃木県で追加積込みする、11トン車と4トン車が、東名高速走ってます。支援物資一覧です。
ルート・必要物資等も更新しています。

千葉工務店 服部

 

2011/03/18 (金) 10:32[koumuten:3658] Re: 支援物資リスト1.0.4
各工務店の皆様

お世話になっております。
現在、ゆわんと村3トンユニック車に積まれてきた支援物資をイケダの3トンユニック車に積替え中です。
イケダ・響屋・井上建築工業の支援物資は、イケダの2トン車に17日夕方積込み完了。 イケダの3トンユニック車・2トン車の2台で二本松へ向かいます。積替え完了次第、2トン車は池田光一3トンユニック車は敦賀英治ドライバーが輸送します。ゆわんと村の11トン車は直接仙台へ。二本松で益子さんと合流。郡山でヤマニさんと合流。池田はそのまま仙台へ向かいます。

9:30頃山下社長より連絡あり。状況報告済。記載事項に不備があった場合は修正お願い致します。

無垢杢工房㈱イケダ 高山



2011/03/18 (金) 15:01[koumuten:3662] ありがとうございました

地域主義工務店の会の皆様

この度の震災に関しまして、あたたかいご支援を戴きましてありがとうございました。
3月18日(金)13:40頃、株式会社イケダの池田社長と敦賀工場長が、救援物資を届けて下さいました。
皆様のご支援のメールを拝見し、大変励まされました。私共の事務所は、壁などの亀裂程度で済みました。が、PCの破損や工場の屋根外壁等の破損は甚大です。しかし、お客様はじめ、社員、家族が皆無事でホッと致しております。福島第一原発はここ一両日が天王山です。
皆様のご支援に応えられるよう、社員一同一丸となってこの難局に取り組んで参る所存です。本日は、本当にありがとうございました。追伸 物資の受け取りの際の写真を添付致します。

株式会社 増子建築工業

 

2011/03/18 (金) 16:59[koumuten:3665] ありがとうございました ヤマニです
工務店の会会員の皆様

この度は、多大なご支援を賜り、誠にありがとうございました。先ほど、池田さんより物資を受け取りました。池田社長、敦賀さん、ありがとうございました。断水の続く福島市や、二本松の避難所へと届けたいと思います。本当にありがとうございます。

また、池田さんが、残りの荷物を全て3tユニックにまとめ、池田社長と敦賀さんの2名で現在タカコウさんへむかっています。(16時15分二本松発)高速が走れるので、夜の早い時間にはタカコウさんにつくと思います。池田さん、宜しくお願いします。

11日から、たくさんの励ましのメールや電話。大変勇気付けられました。そして、今回の支援物資の数々。感謝してもしきれません。本当にありがとうございます。

原発の状態や今後のことなど、不安なことはまだまだありますが、私は人間の底力を信じています。今回のこの物資輸送の件でその思い更に強くさせていただきました。自分の故郷福島が復活できるよう頑張っていきます!!
本当にありがとうございました。頑張ります!!

ヤマニ建設 渡邊 英明

 

2011/03/18 (金) 18:12[koumuten:3669] 木楽工房より 無事届きました。
千葉工務店 千葉様
服部様会員各社 御中

茨城県、木楽工房です。只今、皆様にお届け頂いた物資を受け取りました。大切に利用させて頂きます。本当にお世話になりました。

茨城県内の現状況は、水・電気がだいぶ復旧してきましたが、まだ余震が続き不安定な状況です。屋根のブルーシート掛けをはじめ、まだまだ建物復旧に駆け回っております。

取り急ぎではありますがご連絡とさせて頂きます。状況が落ち着きましたら、改めてご報告をさせて頂きたいと思います。どうもありがとうございます。

株式会社 木楽工房

 

2011/03/18 (金) 16:09[koumuten:3664] ご報告お世話になっております。
この度はご尽力頂きありがとうございます。 11t便がお陰様で到着し積み降ろし作業が終わりました。この荷を宮城3社、岩手1社で相談して分けたいと思います。アイティービルドさんは今日これから佐七建設さんは明日、森の音さんは21日に分けます。ありがとうございました。取り急ぎご報告と、御礼を申し上げます。

追伸:運搬して頂いた竹田さんは今日は仙台のホテルに一泊して頂きます。

株式会社タカコウハウス 代表取締役 高橋 順

 

2011/03/18 (金) 19:33[koumuten:3670] 住工房森の音より
工務店の会会員の皆様

毎日、多くの方から励ましの電話やメールを頂き大変ありがとうございます。

昨晩から、岩手は冷え込み雪が降っております。日中は、やみましたがやはり朝晩は-5度ぐらいです。知り合いの県庁職員や、仲間の企業や社員さんと連携しながら今日も、被災地と連絡を取り合いました。寒さと食料に苦しんでいます。「避難所にいけない、入れない人も多いです。そういう人は、食事もなかなか取れていないです」との事でした。全国の方々が、私たちを応援して頂いてる事を、避難所で様々感じています。少しずつ救命員の方が、現地に入っているようです。

救命支援・人的支援に是非、お礼を伝えてほしいと言われました。もっと、困っている人も多いだろうから、無理はしないで下さい!との事でした。

「本当に全国の、皆様ありがとうございます。」

明日、緊急車両パスをとり、燃料の段取りを行い 21日に、タカコウさんに2tダンプ社員と支援物資を引き取りに向かいたいと思います。そして、皆様の思いのこもった救援物資を被災地へ届けたいと思います。

がんばります!

 

2011/03/18 (金) 19:35[koumuten:3671] ご報告です。

ただ今イケダさんが到着し荷降ろしを終えました。お疲れだと思いましたので宿泊をオススメしたのですが今日強行でお帰りになられるとの事でしたので暖をとって休憩して頂き、先程お帰りになられました。お話をお聞きすると、栃木も被害が大きかったとのことでそれを省みずここまで運搬して頂きました。大変ありがとうございました。

弊社も皆様からのご支援のお陰で社員・大工、またその家族が安心できたと思います。これでようやく会社が前向きに動き始めました。さっそく、明日からOB点検、施工中の現場点検、プラン・見積りなどなど段取りがつけられました。これも皆様のお力添えがあったからこそです。

まだ、私も今年度社長になり、その年にこのような事になり最初はどのようにしたら、良いか分からなかった所に皆様からのご支援のお話を頂き、ただがむしゃらにこの6日間動いてまいりました。皆様の応援がなければ、この短期間に会社が動かせなかったと思います。本当にありがとうございました。今後ともご支援、ご指導の程宜しくお願い致します。 株式会社タカコウハウス 代表取締役 高橋 順

 

2011/03/19 (土) 12:43[koumuten:3675] Fw:物資頂きました、ありがとうございます。
工務店の会の皆様

佐七建設、佐々木です。本日、タカコウさんから物資を頂きました。ありがとうございます。自社はやっと昨日電気がきました。回線の異常のせいか、電話とネット回線はまだ使えないので、山下さんにメールを送ります。
これから頂いた燃料で施主の点検と応急処置に向かいたいと思います。
これからまだ長い戦いになると思いますが、スタッフ一同頑張っていきます。皆様本当にありがとうございました。

 

2011/03/22 (火) 10:40[koumuten:3693] 住工房 森の音より

山下社長様

工務店の会会員の皆様へ

住工房森の音の桜田です。本日の報告です。

午前中9時に支援物資を積み込み三陸へ出発。(社員2名と以前NGOで活躍した経験のあるOB施主様も一緒に)先ほど、8時前に無事三陸の被災地より戻りました。宮古市の田老町・宮古市・山田町・船越・大槌の5箇所をまわりました。

行政の災害対策本部に行き、状況確認を行いましたが全く状況を把握しておらず、支援物資の配給バランスがつかめません。なるほど、メデイアと大分ずれがあるな。と感じました。物資が届いている所と、そうでないところのギャップが大きいです。物資は、大きな避難所ばかりに偏っているようです。仕方ないので被災地を社員と一緒にひたすら声掛けをして歩きました。

小さな災害集落は、断水がまだまだ、続いており食料はほとんど届いていないようでした。。

「全国の皆様の気持ち。涙が出るほどうれしいです。」

「この集落には、まとめ役もいないし水も買いにいけません。お店も全て流されました。ガソリンもありません。生活雑貨。本当にうれしいです。しばらく、頑張れそうです」

「ここは、お年寄りばかり。。このように、小さな集落を回って頂きこうして、ご支援まで。。うれしいことです。なんて、言ったらいいか分からないです。こんな年寄りまで大事にしてもらい感謝です。本当にうれしかったです。」

「涙ばかり出ます。有難いことです。」

沢山の感謝の言葉を頂きました。全国の皆様のご支援や励ましのお言葉を毎日頂き、心を動かされ勇気付けられました。くじけそうになりましたが、何とか支えて頂きました。11日間本当にありがとうございました。陣頭指揮をとって頂きました山下社長様、工務店の会の皆様 本当にありがとうございました。そして、被災地を回り改めていろいろなことを感じました。このままではいけない。地域の方々と力を合わせ、復興に向けて頑張ってまいりたいと思います。本当に、ありがとうございました。

 

3月23日15:05 [koumuten:3695] Re:

 遠距離・悪路を、被災地までリレー搬送し、支援物資を手渡しいただいたみなさま方、たいへんご苦労様でした。 

その一部始終を、各地からハラハラしながら見守っていた会員社の想いも、おかげで現地に届いたことと思います。本当にありがとうございました。

(株)安土建築工房 西澤 由男

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です