雑誌「チルチンびと」95号掲載 岩手県 住工房 森の音 ㈲美建工業
3/4

164の色を加えていきたいという考えから、懐の深い大らかな空間を要望した。それに応えて、同社の櫻田文昭代表はほとんど間仕切りをつくらず、1階と2階も吹き抜けでつながる一室空間をつくり出した。「お二人の雰囲気に合う快適な空間をつくりたかった」と櫻田さん。必要な要素だけを残す引き算の作業だったという。 道路からの視線を遮るため2階にLDKを配し、1階は寝室や将来の子ども室となるフリースペース、水まわりとした。また、夫妻揃って料理好きということもあり、キッチンにはこだわった。自分たちで選んだガスコンロや、ステンレスの業務用シンクと木製キャビネットを組み合わせ、壁は全面タイル貼りに。「仕事柄、汚れた作業着で帰ってくることも多い」という二人のため、玄関土間を広くとり、スタイリッシュな洗面台を設置。洗濯機を置けるスペースもつくった。土間では、子どもたちとピクニック気分でごはんを食べることもあるのだとか。「酪農という仕事は、ほとんど休みがない一方で、家にいる時間も長いのでくつろげる空間に3421

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る