石川県
  • カフェ
  • 雑貨
  • 民芸品・工芸品
  • 北欧
  • ギャラリー
インテリア・雑貨

コニーズアイ

 1998年4月スタート。現在は築85年ほどになる一軒家で、北陸のお菓子や手作り品、日本全国の工芸品・民芸品、さらに文具・ファッション・デザイン雑貨・日用品・観光ガイド・アート作品まで、幅広い商品を販売しています。1階は店舗スペースのほか、カフェ(エスプレッソ・チョコラータ・能登ミルクなど)レンタルBOX(2,500円/1か月)、2階は貸しギャラリー(8,000円〜/3週間)で定期的に展示内容が変わります。

 JR金沢駅から歩いても15分ほど、すぐ近くには近江町市場や金沢市立玉川図書館(設計:谷口吉郎・谷口吉生)があり、とても静かなところです。ぜひお立ち寄りください。

 企画展はいつでも募集しています。メールまたは電話でお問い合わせください。詳しくはホームページで、最新情報はツイッターをご覧ください。

コニーズアイ
〒920-0855 石川県金沢市武蔵町4-2
Tel
: 076-204-8431
Fax
: 076-204-8461
OPEN
: 11:00~18:00
CLOSE
: 水,木曜日※祝日は営業
HP
: http://conys-eye.org/
E-Mail
: info@conys-eye.org
リンク
: twitter

インフォメーション

6月3日(日)~7月29日(日)   山越100周年特別企画(1)「ippi/人と紙とペンの、ここちよい関係」
 株式会社山越は、1918年(大正7年)創業者である山越徳次(やまこしとくじ)が天神町に小さな紙屋を開業。紙とペンから印刷へ、印刷からITへ、今年で創立100周年を迎えます。

 今回は、人と紙とペンのここちよい関係「ippi/イッピ」の製品を中心に紹介します。毎日のなかに、ここちよい”書く”を届けたい、そんな想いから誕生したオリジナルブランドです。商品開発/プロデュースは山越、デザインは横山真紀、印刷/製造はCASA BLUE[カーサ・ブルー]、箱製造は竹山紙器、オーダーメイドの名入れは尚栄堂が担当。淡い色合いと柔らかい質感の高級水彩紙「ストラスモアライティングウーヴN」を使用したボックスメモ・ポケットレター・プチレターをはじめ、世界の筆記具ブランド「カランダッシュ」「カヴェコ」「エルバン」「ラミー」「パーカー」「ファイバーカステル」のほか、「クラフトデザインテクノロジー」「輪島キリモト」なども展示・販売します。すらすら、わくわく、滑らかな書き心地と紙に馴染む美しく発色、ぜひこの機会に素晴らしいステーショナリーをご覧ください。

  日 時:2018年6月3日(日)~7月29日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
22 May 2018

6月3日(日)~7月8日(日)   場所・人・物/カッコ良さの基準
 使っているものがその人の行動を邪魔していないこと、なにを持っていてもその人らしさが見えること、周りのバランスを大切にすること、モノを選ぶ決め手は、いったいどこにあるのでしょう。仕事や遊び、家族や友人と過ごす場所によって、カッコ良さの基準も変化してくる時代。「どこで」「誰が」「どんな物」を使っていると似合うのか、考えました。

 今回は、コインケース・名刺入れ・帽子・ブックカバー・ビジネスバッグ・トートバッグ・クラッチバッグ・ブリーフケース・ひも付き封筒・万年筆・ボールペン・ハサミ・筆ペン・ペンケース・メモ用紙・レターセット・ノート・ブックマーカー・傘・スリッパ・オーガナイザー・腕時計・歯ブラシ・てぬぐい・祝儀袋・靴べら・電卓・キーホルダー・扇子・うちわ・ハンカチーフ・靴下・フェイスタオル・ポーチ・チャーム・ブローチ・ネックレス・リング・ピアス・ブレスレット・ピンバッジなど展示・販売します。重視すべきは、場所・人・物のマッチングです。ぜひこの機会にご覧ください。

 なお、企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また企画展の商品は、開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2018年6月3日(日)~7月8日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
13 May 2018

5月12日(土)~7月8日(日)   D-BROS/フラワーベース展_3
 D-BROS/ディーブロスは、宮田識が代表を務める株式会社ドラフトから、1995年に発足した自社ブランドです。今回は、数多くあるアイテムの中から新柄を含めたフラワーベースを中心に紹介します。

 何気ない平たいビニールパックに水を入れるだけで、アッという間に安定した美しい花瓶に変身!光の屈折がとても美しく、割れることもないのでお子様でも安心です。そのほか、インテリアに合わせて楽しめるポスターみたいな壁掛け時計、大小二つ重ねるとそこから新たな物語が広がりグラス、本物の板チョコのようなグリーティングカード、特殊な印刷加工によってキラキラ輝くモビール、赤ずきんとオオカミのおとぎ話が描かれたパペット人形、女の子の持ち物やテーブルの置物を選んで楽しめるきせかえカード、明かりを灯せば蝶々の隙間から光が漏れるスタンドライトなども展示・販売します。D-BROSのプロダクトに出会って、「デザインは楽しい!」ということを一人でも多くの人に感じてもらえたらと心から願っています。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。またD-BROSの製品は、企画展の開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2018年5月12日(土)~7月8日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
21 April 2018

4月1日(日)~7月8日(日)   20周年特別企画(1)「20th Anniversary Design Selection」
 空間の価値を高めること。それはインテリアを道具として考えるのではなく、そこに住み暮らす人間を中心とした空間全体として考えます。人間を中心に置くことで、単なる形や色の美しさ以上に、使う人にとっての空間本来の価値観が見えてくるからです。私たちは空間そのものの価値を高めてくれる製品こそ最良のモノであると考えます。コニーズアイで展示・販売している国内外の製品はその視点からも選び抜いたひとつのブランドです。

 今回は企画展に合わせて、それぞれの商品すべてにデザイナー・ブランド・説明文を表示しました。素材の吟味、細部まで神経の行き届いた仕上げ、デザインの知的な遊び、そして伝統技術と現代の生活様式の融合。それぞれのメーカーが追求する手段は違っても、人間中心の体温を感じさせる理想のモノの姿を、私たちはこれらの製品を通して、空間の価値を高めるためにご提案し続けたいと考えています。ぜひこの機会にゆっくりとご覧ください。

  日 時:2018年4月1日(日)~7月8日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
19 March 2018

4月1日(日)~5月27日(日)   北陸製菓100周年特別企画「笑顔とともに歩んだ100年」
 北陸製菓(hokka/ホッカ)は、1918年(大正7年)4月15日、金沢市堀川町に日本あられ株式会社を設立。石川県産のもち米を原料に、あられの生産を開始して、今年4月で100周年を迎えます。

 今回は、北陸製菓のいますぐ食べたい美味しいおやつを集めた特別企画です。1978年発売以来昔ながらの製法を守り続けている「ハードビスケット」、余計な添加物を省いた「みんなのビスケット」、黒ごまの香ばしさがアクセント「エブリデイカンパン」、金沢伝統の味の俵屋じろあめを使用した「米蜜ビスケット」をはじめ、「ムーミンポップコーン缶こけももベリーキャラメル(新商品)」「いつでもビスケット」「ムーミンママのシナモンブレッド」(作家トーベ・ヤンソン)のほか、「マイキービスケット」(陶芸家リサ・ラーソン)「はらぺこあおむしビスケット」(作家エリック・カール)「ピーターラビット」(作者ビアトリクス・ポター)など、いろんなお菓子を販売します。時間や場所を選ぶことなく、何もかも忘れて、その旨さに集中できる、こころのオアシスです。「あっ、子供の頃に食べたなあ!」と思わず声を上げてしまいそう...。どんなに忙しい中でも、大好きなおやつでひとときの幸せを味わってください。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また北陸製菓のお菓子は、企画展の開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2018年4月1日(日)~5月27日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
16 March 2018

4月1日(日)〜5月6日(日)   はじまりの生活/あなたのための購入ガイド
 自分がほんとうに使いたいのは、いったいどんなモノなんだろう?企画「はじまりの生活」は、そんなあなたのための購入ガイドです。

 今回は、時代を超えてスタンダードであり続ける器づくりを目指している「白山陶器」、職人による手仕事にこだわりより良いグラスを製造する「松徳硝子」、美しく働く空間を創造する文房具「クラフトデザインテクノロジー」、破れない障子紙をベースにデザインした日用品「SIWA|紙和」、壊れにくく錆びないリサイクル可能なオールプラスチックの新しい傘「サエラ/+TIC」、デザインの力でDIYの可能性を広げる家具メーカー「石巻工房」、東京の代官山にあるてぬぐい専門店「かまわぬ」、心ふるえる臨場感とリアリティあふれるサウンド「エムズシステム」などを展示・販売します。今までと違う入り口から出会った生活用品のその先には、新しい世界が広がっているかもしれません。人生を豊かにする最良で最速の方法は、いますぐモノを買うことです。ぜひこの機会にご覧ください。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また企画展の製品は、開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2018年4月1日(日)~5月6日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
13 March 2018

4月1日(日)~5月6日(日)   mt×minä perhonen/マスキングテープ展_3
 「mt/エムティー」は、世界から支持されるマスキングテープのブランドです。その魅力は、カラフルな色柄だけではなく、手で切れて貼ってはがせ、文字も書ける優れた機能性にあります。

 今回は皆川明が手掛けるファッションブランド「minä perhonen/ミナ・ペルホネン」がデザインした製品を中心に展示・販売します。新商品のrun run run・skip・go!・neko・soda water・forest tile・count・birdをはじめ、pegasus・crown・flower・tambourine・hana hane・trip・neighbor・smile・mountain・choucho・puzzle・shiritori・ring・choucho logoなど、感性を刺激するラインナップをぜひこの機会にご覧ください。心躍るアートをいつもあなたのそばに。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。またmtは、企画展の開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2018年4月1日(日)~5月6日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
11 March 2018

1月5日(金)~3月4日(日)   演奏家のいない演奏会Vol.50/Peter Paul and Mary
 エムズシステムが開発したスピーカーで、ぴったりと息のあったボーカルと素晴らしいギタープレイで、ライブならではの興奮を与えてくれるピーター・ポール&マリーのベストアルバム「In Concert」をいっしょに聴きませんか。

 心ふるえる臨場感とリアリティあふれるサウンドで、深みのある本物の音色が体全体を包み込みます。ひとつのボディでありながら、立体感のある空間が創り出され、きっと初めて感動する喜びを味わえるはずです。フォークソングの名盤をぜひ楽しんでください。入場無料、申し込みの必要はありません。また2階ギャラリーではいつも聴いている音楽をお持ち頂ければその場で聞くこともできます。レンタルの希望や設置のご相談など気軽にお待ちしています。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。

  日 時:2018年1月5日(金)~3月4日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
      ※2018年1月より定休日が変更になります。
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
22 December 2017

1月5日(金)~2月12日(月・祝)   ONE STROKE/駒形克己の絵本展_3
 グラフィックデザイナー駒形克己が制作した絵本の数々が、「ワンストローク」より多数出版されています。またフランスの有力紙ル・モンドに『世代を超えるコマガタ』と評され国内外で親しまれています。

 今回のポップアップストアでは、新刊のピクトグラムをカードとして制作した絵本「行ったり来たり」、色をなくしてしまったゾウが自然への畏敬の想いを込めた一冊「日がのぼるとき」、一隅を照らすという最澄の言葉から触発され制作を試みた本「一隅」をはじめ、木が現れ季節とともに姿を変えていくポップアップ絵本「Little tree」、子どもの成長にあわせつくり続けた本「リトルアイ」、紙の風合いを活かしながら手作業でひとつひとつ制作した作品「ポップスコープ」、風にゆれる姿が素敵なモビールなど、子どもたちだけではなく大人も惹きつける創作絵本を中心に約25点ほど展示・販売します。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。

  日 時:2018年1月5日(金)~2月12日(月・祝)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
      ※2018年1月より定休日が変更になります。
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
20 December 2017

1月5日(金)~2月12日(月・祝)   Kichijitsu/楽しくなるGOSHUINノート
 富士山の麓にある山梨県富士吉田市発のおまもりぽっけの「kichijitsu」です。「毎日が吉日」をテーマに昔から私たちの身近にある縁起のあることやものを、より現代の私たちの生活に身近なプロダクトにして提案しています。山梨県富士吉田市の掛け軸の生地や和装小物の生地などを製造する光織物有限会社と、デザイナー井上綾によるテキスタイルプロダクトブランドです。

 今回は、持ち歩くのが楽しくなる華やかな御朱印帳「GOSHUINノート」を中心に紹介します。「鯛と富士山でめで鯛」「お獅子二頭が並んだデザイン」「おせちなどの縁起の良いごちそうたち」をはじめ、「鶴と松」「虎と竹」「うぐいすと梅」「富士山柄」「一富士二鷹三茄子」「猪と萩」「鹿と紅葉」「蝶と牡丹」「犬」「猫」のほか、「ウルトラGOSHUINノート」(ウルトラマン、ウルトラセブン)「kinrandonsuノート」(スター・ウォーズ)も合わせて展示・販売します。神社やお寺を参拝し御朱印を集める以外にも、結婚式の芳名帳・アルバム・トラベルノート・スクラップブックなど、いろんな使い方が広がります。

 企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。またGOSHUINノートは、企画展の開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2018年1月5日(金)~2月12日(月・祝)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
      ※2018年1月より定休日が変更になります。
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
18 December 2017
 

COLUMN

  • 日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
    日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
  • 「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。  街に人あり。……  人に日々あり。
    「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。 街に人あり。…… 人に日々あり。
  • まちのみんなが撮る・描く・書く
長崎は今日も”イベント”日和
    まちのみんなが撮る・描く・書く 長崎は今日も”イベント”日和
  • 初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
    初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
  • 長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
    長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
  • フェルトの余り布を適当に縫い合わせていた時、どんなものができるかわからない面白さに、出会った。人生、たとえどんな1日でも、何かの実をつけるはず、という想いも込めながら……。
    フェルトの余り布を適当に縫い合わせていた時、どんなものができるかわからない面白さに、出会った。人生、たとえどんな1日でも、何かの実をつけるはず、という想いも込めながら……。
  • マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
    マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
  • 「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
    「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
  • 山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
    山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
  • 花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
    花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
  • 2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
    2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
  • JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
    JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
  • 木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
    木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
  • 左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
    左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
  • わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
    わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
  • 北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
    北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
  • 映画にテレビに本にイベントに……  いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
    映画にテレビに本にイベントに…… いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
  • 住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
    住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
  • 草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
    草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
  • いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
    いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
  • 私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
    私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
  • 「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
    「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
  • 竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
    竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
  • 埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
    埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
  • 伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
    伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
  • 採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
    採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
  • 俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
    俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
  • 85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
    85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
  • 香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
    香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
  • 北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
    北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
  • オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
    オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
  • 人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
    人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
  • 海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
    海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
  • 中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
    中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
  • お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
    お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
  • 朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
    朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
  • 漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
    漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
  • 店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
    店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
  • 何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
    何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
  • 「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
    「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
  • 岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。
    岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。

おすすめ