石川県
  • カフェ
  • 雑貨
  • 民芸品・工芸品
  • 北欧
  • ギャラリー
インテリア・雑貨

コニーズアイ

 1998年4月スタート。現在は築85年ほどになる一軒家で、北陸のお菓子や手作り品、日本全国の工芸品・民芸品、さらに文具・ファッション・デザイン雑貨・日用品・観光ガイド・アート作品まで、幅広い商品を販売しています。1階は店舗スペースのほか、カフェ(エスプレッソ・チョコラータ・能登ミルクなど)レンタルBOX(2,500円/1か月)、2階は貸しギャラリー(10,000円〜/1か月)で定期的に展示内容が変わります。

 JR金沢駅から歩いても15分ほど、すぐ近くには近江町市場や金沢市立玉川図書館(設計:谷口吉郎・谷口吉生)があり、とても静かなところです。ぜひお立ち寄りください。

 企画展はいつでも募集しています。メールまたは電話でお問い合わせください。詳しくはホームページで、最新情報はツイッターをご覧ください。

 --
 instagram
 

コニーズアイ
〒920-0855 石川県金沢市武蔵町4-2
Tel
: 076-204-8431
Fax
: 076-204-8461
OPEN
: 11:00~18:00
CLOSE
: 水,木曜日※祝日は営業
HP
: http://conys-eye.org/
E-Mail
: info@conys-eye.org
リンク
: twitter

インフォメーション

1月8日(金)~3月28日(日)   Re+Belt/デザイン性で選ぶリサイクルバッグ
 「Re+Belt/リベルト」は、シートベルトの廃材を利用した環境に優しいリサイクルバッグです。シュレッダーダストとされる廃車から取り出したシートベルトを厳選・洗浄し、バッグの素材としてもう一度再利用します。製造過程でほとんどCO2を出さない、環境にやさしいエコな商品です。またそれぞれの機能に合わせた内ポケットを装備して、男性・女性・子供、どんなファッションにも良く似合う、とてもタフなバッグです。縫製は熟練した職人が一つ一つ丁寧に仕上げ、同じパターンや色味はありません。一個一個の柄の違いをお楽しみください。

 今回は、新商品のリュックサック・メッセンジャーバッグ・ワンショルダーバッグをはじめ、トートバッグ(S・M・L)やショルダーバッグなどを展示・販売します。ぜひこの機会にお待ちしております。なおRe+Belt製品は、開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2021年1月8日(金)~3月28日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
13 January 2021

1月8日(金)~3月28日(日)   こんなオマケ!楽しいな展 -北陸製菓へ猫ちゃんカードの提案-
 画房ルルは、前田義昭と前田マリが立ち上げた写真家と画家の工房です。出版も手がけ既成の出版社では、とても出せない本や考えつかない本を、自らの手で実現(自主出版)します。一切の制約をもたず、常に自由な発想で新しい本の可能性を模索しています。

 今回の展示は、昔からある日本のオマケ文化を復活させて北陸製菓に提案します。同社のビスケットなどのお菓子を買うと前田マリの猫の絵やキャラクター猫のカードがオマケで付いてくるというプレゼン企画です。いままで描いてきた猫の絵や新たに描くルルやリリの変身姿の猫の絵カードが2枚、どんな絵柄か開けてみるまでのお楽しみです。中には数少ないキャラクターの絵が入っている場合も…。もしこれが入っていた時のプレミア感はとてもワクワクします。カードに使った原画も展示します。もちろん画房ルルのオリジナルグッズも展示・販売します。

 前田マリの画文集『ニューヨーク猫画帖』より選んだ絵柄の違うアートプリント6枚セット「ニューヨークの猫」、東京新聞で連載したものに未発表作品を加えた前田義昭の写真集「猫の時間割」、ハーフカメラで撮った半町瞬モノクロ2コマ写真集「そこらへんにころがっている日常」、ウインドーに猫をはじめ好きなものを飾った前田マリのポスター「マリズ」、半町瞬モノクロ2コマ写真で構成されたイメージポスター「ハーフカメラ」、前田義昭の一行の詩と一枚のモノクロ写真からなるLuLu文庫「とどく写真」、少女と猫がパリを探索するギャラリーブック「ピエとシャ ルルたてよこななめ歩きのパリ」、イタリアの幻想的なモノクロ写真と掌編小説のギャラリーブック「すれちがった街」のほか、複製画「猫探偵正太郎」、原画「街っこ」、オリジナルプリント「ちんぴら」、「生写真ポストカード」など、ぜひこの機会に足をお運びください。

 なお画房ルルの商品は、企画展の開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2021年1月8日(金)~3月28日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
08 January 2021

12月1日(火)~1月31日(日)   C/STORE「ZEROGRAM 地球に優しいバッグ」
 「アートをもっと身近に、もっと楽しく」 をコンセプトにアーティストが手掛ける作品・オリジナルグッズを販売するポップアップショップ「C/STORE」が期間限定で開催する展示会です。今回は、台湾のブランド「ZEROGRAM」の地球に優しいバッグを展示・販売します。

 布を織るように製作された紙繊維キャンバスは、61%FSCパルプ、39%コットンで、大量の工業オイルを使用されてできた布と違い環境に良い商品です。外観はキャンバスと同様で重さにも強く、さらにキャンバスより優れた軽い性質を持ち、PETも一切含まれていないため土に自然分解ができます。環境問題は世界的な課題でもあり、商品を企画する際に環境に優しい素材を先に考えることが大切です。

 「ZEROGRAM」は『ゼロからゼロまで、商品は大地に回帰すべき』、そのブランド理念を実行していきます。大切な人へのちょっとしたプレゼントとして、また自分へのご褒美に、身近なアートとしてみなさまのお気に入りのバッグをぜひ探してみてください。アートから始まるクリエイティブな生活を一緒に始めましょう!

  日 時:2020年12月1日(火)~2021年1月31日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
06 January 2021

1月8日(金)~3月28日(日)   d design travel/ロングライフデザインをめぐる旅
 「d design travel」とは、編集部が現地に2か月、暮らすように滞在して実際の体験から選んだ場所やものごと、そして人々…その土地のロングライフデザインを掘り下げるガイドブックです。各都道府県に根付いた「長く続くもの」「その土地の個性=らしさ」を選定し、[観光] [飲食] [買物] [喫茶] [宿泊] [人物] の6つのカテゴリーに分けて「dマークレビュー」として掲載。情報満載の旅行雑誌ではなく、D&DEPARTMENTの感覚で確かめ、10年後も継続する生命力と、地場からのメッセージをしっかり持っている場所を紹介していく、デザイントラベルガイドシリーズです。

 今回は現在発行している鹿児島・静岡・栃木・山梨・東京・沖縄・富山・佐賀・福岡・大分・京都・滋賀・岐阜・愛知・奈良・埼玉 ・群馬・千葉・岩手・高知・香川・岡山(新刊)、すべて展示・販売します。ぜひこの機会に足をお運びください。また「d design travel」は、企画展の開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2021年1月8日(金)~3月28日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2

 - 編集の考え方/発刊の想い -
 これからの世代のみんなが、日本中と交流をするためには、「デザインの目線」がとても重要になっていくと考えます。それは、長く続いていくであろう本質を持ったものを見極め、わかりやすく、楽しく工夫を感じる創意です。人口の多い都市が発信する流行も含めたものではなく、土着的でも、その中に秘められた「個性」-それらを手がかりとして、具体的にその土地へ行くための「デザインの目線」を持った観光ガイドが今、必要と考え、47都道府県を一冊一冊、同等に同じ項目で取材・編集し、各号同程度のページ数で発刊していきます。
d design travel 発行人 ナガオカケンメイ:1965年北海道生まれ。2000年デザイナーが考える消費の場を追求すべくデザインとリサイクルを融合した新事業「D&DEPARTMENT PROJECT」を開始。2009年d design travel創刊。
21 December 2020

1月8日(金)~3月28日(日)   森正洋/平形めし茶碗展_5
 佐賀県塩田町出身のプロダクトデザイナー森正洋/Mori Masahiro。多摩美術大学の工芸図案科でデザインを学び、1956年に白山陶器デザイン室に入社。「日常の生活で使う器を考え形を創り工場で生産することにより、多くの人々とともに共有し生活することにデザインの喜びを感じる。」とのポリシーのもと生み出された陶磁器のデザインは、グッドデザイン賞をはじめ数々の国際的なデザイン賞を受賞しました。

 今回は、1992年発表以来多用途に活用できる「平形めし茶碗」(48柄)を中心に紹介します。大ぶりで浅めの碗は内側が広く見え、模様も楽しめます。また持ちやすく食べやすく、飯碗としてだけではなく小付・小鉢などに使えます。そのほか、1958年から生産しているロングセラーの「G型しょうゆさし」、2009年に発表した白山陶器デザイン室によるデザインで白磁に瑠璃色の花を手書きした「ブルーム」シリーズなどもあわせて展示・販売します。

 時代を超えてスタンダードであり続ける器をぜひこの機会にご覧ください。なお企画展の製品は、開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2021年1月8日(金)~3月28日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2

 - 森正洋 -
 1927.11.14-2005.11.12
 佐賀県塩田町出身。1978年に白山陶器を退社した後も長崎県・波佐見町内にある「やきもの公園」の統括プロデュースのほか、後進の指導・育成など精力的に活動を続けた。1997年の愛知県陶磁資料館を皮切りに、長崎県立美術館、2000年にはドイツ磁器博物館・ハレ美術館(ドイツ)、2002年には東京国立近代美術館において「森正洋陶磁器デザインの革新展」が催された。「きれいだけじゃだめなんだな。たくましさと、造形に対する闘争心を出さないと。新しいものを生み出す勇気をね。」
18 December 2020

11月14日(土)~12月29日(火)   演奏家のいない演奏会 Vol.52/USEN Xmas Song
 エムズシステムが開発したスピーカーで、USENのクリスマスセレクションをいっしょに聴きませんか。心ふるえる臨場感とリアリティあふれるサウンドで、深みのある本物の音色が体全体を包み込みます。ひとつのボディでありながら、立体感のある空間が創り出され、きっと初めて感動する喜びを味わえるはずです。この機会にぜひ楽しんでください。入場無料、申し込みの必要はありません。なお、展示品(スピーカーRS-0802)に限り特別価格で販売します。またレンタルの希望や設置のご相談など気軽にお待ちしています。

 ◎エムズシステムについて
 既存の概念では、スピーカーといえば、ライト、レフトの2つスピーカーが必要でした。左右の音をバランスよく聞くためには、最適なリスニングポジションを選ぶ必要があり、左右のスピーカーから出る音がぶつかる場所が一番よい場所とされ、そのポイントは一箇所に限定されていました。驚くべきことに、エムズシステムのスピーカーはたった1本であたかもそこで演奏家が生演奏してくれるような音を再現してくれますので、目の前にあらわれたコンサートステージ上の演奏をいろいろな位置から聴くかのごとく、限定されたポジションなく、好きなときに好きな場所で聞くことができるのです。空間全体が音に満たされますので、耳だけではなく、からだ全体で音を感じ、ライブ感あふれる豊かな音に包み込まれる至福の感動を味わっていただけます。

 よい音を聞くには、重くて大きくて値段も高いし接続も難しそう...。今まで手に入れることが難しいとあきらめていた既存のスピーカー概念を打ち破り、エムズシステムのスピーカーは軽くて小さくそしてお買い求めやすいお値段で、接続もとても簡単。まるでお気に入りの洋服やバッグを手に入れるかのような感覚で、生涯の心の友となるスピーカーを通じて贅沢な空間を手に入れることができます。しかも今までは家具とインテリア上の相性が難しく妥協して選んでいたスピーカー。エムズシステムのスピーカーはインテリア性、ファッション性の高さでも多くの評価を得ています。

 今まで高音質の豊かな音色を手に入れることができたのは一握りのオーディオマニアの人々に限られていたかのような世界でしたが、これからの未来に向け、エムズシステムのスピーカーを通じて、こどもから大人まですべての人々が気軽に豊かな音楽という贈り物を通じて、心豊かな交流を図り、国境なく分かち合いつながりあえる、平和でバランスのとれた素晴らしい世界を作っていっていければと強く願ってやみません。

  日 時:2020年11月14日(土)~12月29日(火)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
12 November 2020

11月14日(土)~12月29日(火)   ISHIKAWA年賀状展2021/地産地消をデザインする
 ユネスコ・クラフト創造都市に登録された金沢市をはじめ、美術・工芸が盛んな石川県内で活動しているクリエーターたちの年賀状を紹介します。

 テーマは、「石川県の特色が表現された地産地消のデザイン」です。グラフィックデザイナー、イラストレーター、画家、デザイン科の学生などが制作した32種類の年賀状をすべて展示・販売します。

 全国に比べ年賀状の文化が根付いている石川県は、未だ全国から高く注目されています。そんな石川県の年末年始を今年も賑やかに彩ります。

 それぞれ趣向をこらし、石川県らしさを表現した作品をぜひこの機会にご覧ください。また年賀状は、2021年1月上旬まで引き続き取り扱っていきます。

  日 時:2020年11月14日(土)~12月29日(火)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2

 - 参加メンバー -
 朝倉古都美 / BB / ヒロ / ひろこ
 北川幸子 / 大田征志 / もも / 山本響子
 中島竜輝 / クロさん / スガっち
 ツカポン / 能登キリコ絵師
 中川ゆかり / 中田翔子 / かおり
 ふるさとる / marie / MEGU / 越野あゆみ
 米駒 / chiruko / kore / 浦山暁 / 天かす
 小梅うさだ / 横山まつみ / マチコ
 ゆうた / ももんが /まりえし / はにかみ屋
11 November 2020

10月10日(土)~12月27日(日)   ニシカワアヤコ/モビールのある空間_2
 モビールは、糸や棒で吊り下げてバランスをとり、天井から吊り下げて楽しむインテリアです。わずかな風で、ゆらゆらと揺れたり、回転したりします。デンマークやフィンランドなどの北欧の国々では、古くから室内装飾品やインテリアの一種として親しまれていました。風のない部屋の中でも、目には見えないわずかな空気の流れがモビールに命をふきこみ、まるで生きているように動き始めます。ゆらゆらと優しく動く様子は、見ていると心を落ち着かせる癒やし効果があります。また見ている人の思考や創造性を育んでくれます。

 今回は、金沢市在住の作家ニシカワアヤコが制作した新作「水還の輪」「いるかとくじら」「シャチのボール遊び」「カラフル飛行船」ほか、「リーフィーシードラゴン」「シロクマのおやこ」「バッカルコーン」「コウテイペンギンの保育園」「琉金-更紗-」「でめきん」「海月のささやき」「Lionfish daydream」「白い森の王」「蓮華座」「鳥獣戯画」「カラフル飛行船2020」「天使の音楽隊カルテット」、さらに定番商品(コウモリぶらーん・空飛ぶペンギン・クロネコジャンピング・ブルーバードはフリーダム・サメドレー・ジャズカルテット・ひつじの逃走劇・ノスタルジックブランコ・つばめの子育て・パステルチョウ・バレリーナ)など25種類以上のモビールを展示・販売します。

 動くことで紡ぎ出されるストーリー、見る人によってその内容は様々にかわります。あなただけのストーリーをぜひ見て感じてください。なおモビールは、企画展の開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2020年10月10日(土)~12月27日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
04 November 2020

10月10日(土)~12月27日(日)   good morning/Life with Design calendar 2021
 良質なデザインには、空間を変え、ユーザーのマインドを変化させる力があるのではないでしょうか。見ること、持つこと、使うことの気持ち良さ。軽やかさや意外性に富み、空間を豊かにするものであること。“Life with Design” (デザインのある生活)をコンセプトに、『good morning/グッドモーニング』は、紙の特質や素材感を活かしたプロダクトを展開しています。

 今回は、季節の花々をアレンジして寄せ植えにした新商品「Bloom」、いろんな乗り物をデザインした新商品「Vehicle」、部屋をかざり四季をはこぶー花瓶に12種類の花「Flowers」、1枚の紙で植物の美しさを表現した「Botanical Life」、世界の都市をモチーフにした「CITY」、オリジナル書体をデザインモチーフにした「TYPEFACE」、簡単に組み立てることができるペーパーキットカレンダー「Aquarium」「ZOO」「Farm」ペーパークラフトカレンダー「Dogs」「Safari」、自転車のかたちをした「Bike」、心地よくスイングするブランコのかたち「Swing」、ミニチュア椅子のような「Rocking Chair」、3つの立方体からなる「Module」、全15種類の動物や植物・椅子・乗り物・都市などをモチーフにした立体カレンダーを中心に、クリエイターたちによって発足したブランド『Re+g/リプラグ』葛西薫がデザインした『ANDO GALLERY/アンドーギャラリー』のカレンダーも合わせて展示・販売します。

  日 時:2020年10月10日(土)~12月27日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
02 November 2020

10月31日(土)~12月27日(日)   産地のうつわ/越前焼と九谷焼
 シンプルでどんな料理にも合ううつわも使いやすくていいけれど、 食卓にもう少し彩りがほしいと思う。青物や煮つけを盛り付けるのは、土ものや絵付けのうつわが映えそうな気がする。そんなイメージでお店に行ってみるものの、いつも何も買えずに帰ってきてしまう…。そんな風に迷った時はうつわがつくられた場所を知ってみるのがお勧めです。

 波佐見、九谷、常滑、越前…日本は焼き物の宝庫です。産地によってそれぞれ得意なことが違うから、産地を知ることは、自分の好みを探す手がかりにもなります。高価なものでなくていいし、たくさんなくてもいいから、好きだなと思うものを少しずつ増やしていきたい。日本のうつわの産地を知る。

 第四回目は、越前焼の作家であった父 北島重光が築窯した薪窯(穴・登りなど)で焼物づくりをしている波寄窯 圭子(福井県)を中心に紹介します。皿・カップ・ぐい呑・茶碗・花入など、越前の土数種の配合を変えることで得られる色や風合いの違いを作品にいかしています。

 そのほか九谷焼の観葉九谷デコポット(石川県)も合わせて約50点ほど展示・販売します。ぜひ足をお運びください。なお企画展の商品は、開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2020年10月31日(土)~12月27日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
15 October 2020
 

COLUMN

  • 花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
    花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
  • 能登の里山での暮らしを起点にしながら、農林水産物の作り手さんと商品の企画やデザイン提案をしています。朝日新聞「里山暮らし」連載中。月に一度自宅を住み開きしながら「土地に根ざした学びの場・まるやま組」を主催。
    能登の里山での暮らしを起点にしながら、農林水産物の作り手さんと商品の企画やデザイン提案をしています。朝日新聞「里山暮らし」連載中。月に一度自宅を住み開きしながら「土地に根ざした学びの場・まるやま組」を主催。
  • 長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
    長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
  • 「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
    「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
  • マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
    マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
  • たとえば、漆を使った作品の制作は、塗っては研ぎ塗っては研ぎの繰り返し。その執着とも言える制作工程を意識的に表現することにより、創造的なラフな作品を制作することを目的としています。
    たとえば、漆を使った作品の制作は、塗っては研ぎ塗っては研ぎの繰り返し。その執着とも言える制作工程を意識的に表現することにより、創造的なラフな作品を制作することを目的としています。
  • 初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
    初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
  • “ 健康の工房 ”へ、ようこそ。ここは、料理教室あれば、セラピーあり。美味しくて、体にいいこと、教えます。
    “ 健康の工房 ”へ、ようこそ。ここは、料理教室あれば、セラピーあり。美味しくて、体にいいこと、教えます。
  • 山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
    山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
  • いしかわ・人と風景のかたち
    いしかわ・人と風景のかたち
  • 日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
    日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
  • 築150年の酒屋を改装し、苔をテーマにアトリエを作りました。自然の恵みに感謝と畏怖の念を忘れずに、植物・苔のひそかで不思議な世界を紹介していきます。
    築150年の酒屋を改装し、苔をテーマにアトリエを作りました。自然の恵みに感謝と畏怖の念を忘れずに、植物・苔のひそかで不思議な世界を紹介していきます。
  • 2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
    2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
  • 住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
    住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
  • 映画にテレビに本にイベントに……  いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
    映画にテレビに本にイベントに…… いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
  • 木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
    木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
  • 「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。  街に人あり。……  人に日々あり。
    「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。 街に人あり。…… 人に日々あり。
  • JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
    JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
  • 左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
    左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
  • わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
    わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
  • 北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
    北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
  • 草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
    草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
  • いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
    いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
  • 私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
    私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
  • 「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
    「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
  • 竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
    竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
  • 埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
    埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
  • 伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
    伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
  • 採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
    採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
  • 香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
    香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
  • 北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
    北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
  • オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
    オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
  • 人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
    人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
  • 海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
    海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
  • 中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
    中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
  • お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
    お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
  • 朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
    朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
  • 漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
    漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
  • 店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
    店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
  • 何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
    何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
  • 「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
    「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
  • 岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。
    岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。

おすすめ