石川県
  • カフェ
  • 雑貨
  • 民芸品・工芸品
  • 北欧
  • ギャラリー
インテリア・雑貨

コニーズアイ

 1998年4月スタート。現在は築85年ほどになる一軒家で、北陸のお菓子や手作り品、日本全国の工芸品・民芸品、さらに文具・ファッション・デザイン雑貨・日用品・観光ガイド・アート作品まで、幅広い商品を販売しています。1階は店舗スペースのほか、カフェ(エスプレッソ・チョコラータ・能登ミルクなど)レンタルBOX(2,500円/1か月)、2階は貸しギャラリー(8,000円〜/3週間)で定期的に展示内容が変わります。

 JR金沢駅から歩いても15分ほど、すぐ近くには近江町市場や金沢市立玉川図書館(設計:谷口吉郎・谷口吉生)があり、とても静かなところです。ぜひお立ち寄りください。

 企画展はいつでも募集しています。メールまたは電話でお問い合わせください。詳しくはホームページで、最新情報はツイッターをご覧ください。

コニーズアイ
〒920-0855 石川県金沢市武蔵町4-2
Tel
: 076-204-8431
Fax
: 076-204-8461
OPEN
: 11:00~18:00
CLOSE
: 水,木曜日※祝日は営業
HP
: http://conys-eye.org/
E-Mail
: info@conys-eye.org
リンク
: twitter

インフォメーション

2月17日(日)~3月24日(日)   テーブウエア/楽しい時間が続きますように new
 私たちの暮らしの中心には、いつもテーブルがあります。みんなでご飯を食べたり、一人でゆっくりお酒を飲んだり。日々のことが生まれていくテーブルは思い出とともに残ります。

 今回は、美味しい料理に負けないくらい食卓を楽しくしてくれるテーブルウエア(湯呑み・飯椀・皿・鉢・ぐい呑み・徳利・土瓶・しょうゆさし・グラス・酒器・冷茶器・大椀・コースターほか)を展示・販売します。出西窯/天草高浜焼(柳宗理)、白山陶器(森正洋)、Noritake/ノリタケ(Frank Lloyd Wright・Marc Newson)をはじめ、、松徳硝子、amabro、エイジデザイン(稲垣揚平)、漆淋堂、かまわぬ、アンドーギャラリー(Jasper Morrison・葛西薫)、奥原硝子製造所、100%、晴耕社ガラス工房/東屋(猿山修)、日本酒造組合(柳宗理)、富双ゴム工業(黒川雅之)、南部鉄器(馬場忠寛)、山形鋳物/鋳心ノ工房(芳武茂介)など、陶磁器だけではなく、木の器・漆器・鉄器・鋳物・ガラス・ゴムなど、様々な素材が暮らしの中でそれぞれの特徴を発揮します。

 自分だけの時間や、大切なあの人と。テーブルのそばに楽しい時間がありますように。ぜひこの機会にご覧ください。

 なお企画展の製品は、開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2019年2月17日(日)~3月24日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
07 February 2019

2月17日(日)~3月24日(日)   かまわぬ/デザイナーズてぬぐい展 new
 かまわぬのてぬぐいは、明治時代から続く染めの技法「注染(ちゅうせん)」を用いて作られています。その日の天候 ・気温・湿度などによって同じ染料でも発色が異なることがあります。染め物のため色落ちはありますが、洗うたびに柔らかく風合いを増していき、注染のてぬぐいならではの味わいをお楽しみいただけます。

 今回紹介する日本文化の歴史と伝統に培われた小紋柄は、簡素で洗練された美に貫かれています。そんな日本の文様に改めて目を向け、伝統に根差しながら、それらに縛られることなく、新しい風を吹込むことがテーマです。様々なジャンルで活躍しているデザイナーやイラストレーターに、現代小紋柄のデザインを依頼しました。新柄のジャスパー・モリソンや熊野亘をはじめ、小泉誠・岩清水久生・佐藤三千彦・ナンシー関・西堀晋・澄川伸一・パンタグラフが制作したてぬぐいを中心に、食卓の小さなコミュニケーションツール手塩皿や飾りをはずすと半分サイズのてぬぐいとして使える祝儀袋なども展示・販売します。

 なお企画展の商品は、開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2019年2月17日(日)~3月24日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
03 February 2019

1月11日(金)~3月8日(金)   MANGO ART COMPANYポストカード・ラボ・プロジェクト 第11弾
 アートを研究する「C/LABORATORY」が、全国のクリエイティブスペースに来た人々の好きなポストカードは何か、市場調査をかねてアーティスト18名によるオリジナルポストカード全101種類を展示・販売します。多くのクリエイティブなお客様が行き交うスペースを舞台に展開される『POSTCARD LABO PROJECT(ポストカード・ラボ・プロジェクト)』は、刺激や癒しを提供すると共に、アーティストのさらなる飛躍に貢献します。大切な人に贈るカードとして、部屋に飾って身近なアートとして、個性あふれるラインナップの中から、みなさまのお気に入りをぜひ探してみてください。ポストカードから始まるクリエイティブな生活を一緒に始めましょう!

  日 時:2019年1月11日(金)~3月8日(金)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2

 - 第11弾の出展者メンバー -
 結城璃音 / Atelier SANGO
 川内ゆうじ / 原口祥絵 / 実録猫
 貞次郎 / 岩井勝之 / 甲斐千鶴
 SANTABUNNY / Saki
 デザイン書道作家 鈴木愛
 リトルレディ / 吉田めぐみ
 森田明子 / Nobuaki Suzuki
 ヤマモトユキナ / 照屋カンナ
 GURIPOPO / 小田啓介
30 January 2019

2月17日(日)~5月6日(月・休)   ONE STROKE/駒形克己の絵本展_5
 グラフィックデザイナー駒形克己が制作した絵本の数々が、「ワンストローク」より多数出版されています。またフランスの有力紙ル・モンドに『世代を超えるコマガタ』と評され国内外で親しまれています。

 今回のポップアップストアでは、自然界と人間の世界をつなぐ穴「ふしぎな穴」(2018年新刊)、森をぬけ丘をこえ川から湖や畑へと風が吹く「かぜが はこぶ おと」(2018年重版)、その年の生まれた赤ちゃんに贈られる本「ほしが ねむる ところ」(2004年日仏同時出版/2018年重版)をはじめ、お菓子づくりを生業としてきた芝田清邦の感謝にあふれた言葉をデザインした一冊「アリガトウ」、赤ちゃんが体験する命の誕生ストーリー「ぼく、うまれるよ !」、木が現れ季節とともに姿を変えていくポップアップ絵本「Little tree」、写真家の広川泰士が撮る富士山の写真集「FUJI SUN」とポストカードセットなど、子どもたちだけではなく大人も惹きつける、ユニークなアイデアが詰まった色彩豊かな創作絵本を約25点ほど展示・販売します。ぜひこの機会に触れてください。

  日 時:2019年2月17日(日)~5月6日(月・休)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
      ※5月1日(水・祝)は休み
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
28 January 2019

1月4日(金)~3月24日(日)   只展_2/タダほど安いものはない?
 タダで何かをもらうと、代わりに物事を頼まれたりお礼に費用がかかったりして、かえって高くつく。タダほど高いものはない。いいえ、タダほど安いものはありません?第2回目のありえない特別な20周年感謝企画です。

 ショップのディスプレイとして購入したもの、いままで販売していた廃番品、デザインメーカーからサンプルとして送っていただいたもの、今では手に入らない貴重なデットストック、プロダクトデザイナーのモックアップ、さらにミュージシャンやアーティストの私物、コニーズアイが紹介された雑誌やカフェバーで使ったグラス類まで、すべて無料で差し上げます。ただし店内の商品を税込2,500円以上お買い上げの方に限ります。購入金額が多ければ多いほど驚きの只物もあるかも?

 アイテム数50点を余裕で超える品揃え。さらに時期によっても変わります。蚤の市のように探せば探すほど掘り出し物が出てきます。ぜひこの機会にお楽しみください。なお開催期間以外でも、税込1,500円以上お買い上げの方に、通常のオマケも用意しています。

  日 時:2019年1月4日(金)~3月24日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
21 December 2018

1月4日(金)~2月11日(月・祝)   OLD DESIGN/一期一会を楽しむ
 「OLD DESIGN=時間が経ったもの」は、古いデザインだからこそ価値があり、それだけで新しいものには表現できない味があります。時代の流れとともに変化した素材や、様々な文化の中で刻まれた時間を経て現在に至る過程を想像し、そのプロダクトに出会えた一期一会を楽しむ。

 今回はそんな後世に残したいデザイン製品を展示・販売します。椅子/nextmaruni・Sチェア、家具/Zzzidt-Object・Rhino Low Lounge Chair、フラワーベース/BITOSSI、照明/Noce T・TOIO・Dado、Bottle Light・KYO、掛時計/round clock・動く彫刻、腕時計/TWO POINTS WATCH、グラス/SMOKE、半月盆/波佐見焼 KAZAN、オードブル皿/Nagare、プレート/Satumetsa、大皿/FOR USE PLATE、花器/ニュークリンクルスーパーバッグ、灰皿/BAUHAUS ASHTRAY、デスクセット/Canarie、インテリア小物/GOMシリーズ、ミニチュア椅子/Vitra Design Museum、花瓶&ボウル/Copypaste S-Set、木馬/ペーターなど、世界各国の多種多様なテイストや、異なる時代、そして素材のアイテムをミックスさせ、ひとつのスタイルとして提案するコニーズアイならではのセレクトです。

 デザイン愛好家はもちろん、気になっているけれどなかなか手を出せずにいる方にもお勧めです。時を経た家具や照明・インテリアグッズだけが持つ味わいをぜひこの機会にご覧ください。

  日 時:2019年1月4日(金)~2月11日(月・祝)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
19 December 2018

1月4日(金)~2月11日(月・祝)   WOOD DESIGN/温もりと優しさを感じる
 目まぐるしく移り変わるトレンドや街の姿に流れされず、自分らしいライフスタイルを貫くこと。今回の企画展は、温もりと優しさ、さらに目には見えない癒しの力を持っている木製品を紹介します。品質の高さとデザインの素晴らしさで有名なスイスの玩具メーカー「naef/ネフ社」の積み木・チェス ・人形、さらに持続可能な森づくりを考える森林保全団体「more trees」の鳩時計・木のこま・つみき・スツールをはじめ、俎板(山一/東屋)、プレート/ボウル(amabro)、越前漆器の大椀(漆淋堂)、箸置(アサヒネコ)、茶托とトレイ(長大作)、郷土玩具のオリジナル八幡馬(東北STANDARD)、富士山けん玉(中川政七商店)、紅白だるまおとし(木地玩具蔦屋)、シャツハンガー(中田工芸)、テープディスペンサー(クラフトデザインテクノロジー)、ハンガーペグ(Strichpunkt)、草木染めの積み木(民芸新時代)、スツール(石巻工房)、椅子ネクストマルニ(マルニ木工)、ねまるチェア(tasola×Koujin)、ダイニングチェア(茶谷澄人)、木馬(ケラー社)、森羅万象の新造形(酒井健興)などを展示・販売します。ぜひこの機会にご覧ください。なお企画展の製品は、開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2019年1月4日(金)~2月11日(月・祝)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
17 December 2018

1月4日(金)〜2月11日(月・祝)   Donna Wilson/愛らしいフェイスタオル_2
 愛らしさとメッセージ性とが共存する独特な世界観を持つことで知られるスコットランド出身の「ドナ・ウィルソン/Donna Wilson」。彼女は無邪気な子供のように夢世界をさまよい歩き、現実世界で出会う風変わりな出来事、人々から受けたインスピレーションを夢世界へと連れ帰り、さまざまなキャラクターへと発展させ、その創り出すキャラクターは遊び心に溢れてカワイイだけではなく、人々の心に潜む隠された気持ちを大胆にも身にまとっています。

 今回は、新商品のブラブラ・ベア・どんぐりと葉っぱのほか、鳥と木・雨空・オウル・レインドロップなどのフェイスタオルを中心に、どんぐりのピンバッジ・ビーカー/カップ・靴下・10周年記念限定トートバッグ・グリーティングカード・アートボックス/キャンバスジグレー(超高密度デジタル版画)など25種類ほど展示・販売します。ぜひこの機会にご覧ください。

 なお企画展の商品は開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2019年1月4日(金)〜2月11日(月・祝)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
14 December 2018

11月17日(土)~12月30日(日)   ISHIKAWA年賀状展2019/地産地消をデザインする
 ユネスコ・クラフト創造都市に登録された金沢市をはじめ、美術・工芸が盛んな石川県内で活動しているクリエーターたちの年賀状を紹介します。テーマは、「石川県の特色が表現された地産地消のデザイン」です。

 グラフィックデザイナー、イラストレーター、画家、デザイン科の学生などが制作した36種類の年賀状をすべて展示・販売します。

 全国に比べ年賀状の文化が根付いている石川県は、未だ全国から高く注目されています。そんな石川県の年末年始を今年も賑やかに彩ります。

 それぞれ趣向をこらし、石川県らしさを表現した作品をぜひこの機会にご覧ください。また年賀状は、2019年1月上旬まで引き続き取り扱っていきます。

  日 時:2018年11月17日(土)~12月30日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
11 November 2018

11月17日(土)~12月30日(日)   SIWA×柚木沙弥郎/生活の中にアートを
 千年の歴史ある和紙産地、山梨県市川大門の和紙メーカー「大直」が、工業デザイナーの深澤直人と一緒に、紙の可能性を広げる製品「SIWA|紙和」をつくりました。「SIWA|紙和」は、大直が開発した強くて破れない障子紙「ナオロン」を、くしゃくしゃにすることで生まれる風合いやその優しさを生かした日用品シリーズです。

 今回は誕生から10周年を記念して、日本を代表する染色家の柚木沙弥郎が、新作の柄をSIWAの紙「ナオロン」に型染め、その原画をもとにシルクスクリーン印刷し、それぞれの柄をいかし、新たにデザインしたバッグ「FLAT BAG」やシルクスクリーン作品と、定番商品のブリーフケース・クラッチバッグ・ワインバッグ・ひも付き封筒・コインケース・名刺ケース・ペンケース・ティッシュボックスケース・チロル・スリッパなども展示・販売します。柚木沙弥郎は、「皆さんの生活の中で使っていただきたい。」とコメントしています。

 ぜひこの機会に生活の中にアートを取り入れてみてください。なおSIWA製品は、企画展の開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2018年11月17日(土)~12月30日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
06 November 2018
 

COLUMN

  • 住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
    住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
  • 花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
    花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
  • JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
    JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
  • まちのみんなが撮る・描く・書く
長崎は今日も”イベント”日和
    まちのみんなが撮る・描く・書く 長崎は今日も”イベント”日和
  • 初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
    初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
  • 木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
    木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
  • 植物のドローイングを描くとき、私はいつも身体のことを意識しています。植物とは、脳のない身体ではありませんか。脳 = 言葉  = 形象 …… これは、私の考える一つの方程式です。
    植物のドローイングを描くとき、私はいつも身体のことを意識しています。植物とは、脳のない身体ではありませんか。脳 = 言葉 = 形象 …… これは、私の考える一つの方程式です。
  • マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
    マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
  • 長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
    長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
  • 「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
    「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
  • 山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
    山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
  • 日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
    日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
  • 2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
    2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
  • 「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。  街に人あり。……  人に日々あり。
    「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。 街に人あり。…… 人に日々あり。
  • 左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
    左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
  • わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
    わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
  • 北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
    北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
  • 映画にテレビに本にイベントに……  いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
    映画にテレビに本にイベントに…… いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
  • 草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
    草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
  • いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
    いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
  • 私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
    私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
  • 「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
    「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
  • 竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
    竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
  • 埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
    埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
  • 伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
    伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
  • 採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
    採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
  • 俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
    俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
  • 85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
    85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
  • 香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
    香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
  • 北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
    北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
  • オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
    オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
  • 人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
    人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
  • 海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
    海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
  • 中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
    中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
  • お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
    お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
  • 朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
    朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
  • 漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
    漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
  • 店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
    店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
  • 何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
    何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
  • 「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
    「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
  • 岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。
    岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。

おすすめ