石川県
  • カフェ
  • 雑貨
  • 民芸品・工芸品
  • 北欧
  • ギャラリー
インテリア・雑貨

コニーズアイ

 1998年4月スタート。現在は築85年ほどになる一軒家で、北陸のお菓子や手作り品、日本全国の工芸品・民芸品、さらに文具・ファッション・デザイン雑貨・日用品・観光ガイド・アート作品まで、幅広い商品を販売しています。1階は店舗スペースのほか、カフェ(エスプレッソ・チョコラータ・能登ミルクなど)レンタルBOX(2,500円/1か月)、2階は貸しギャラリー(10,000円〜/1か月)で定期的に展示内容が変わります。

 JR金沢駅から歩いても15分ほど、すぐ近くには近江町市場や金沢市立玉川図書館(設計:谷口吉郎・谷口吉生)があり、とても静かなところです。ぜひお立ち寄りください。

 企画展はいつでも募集しています。メールまたは電話でお問い合わせください。詳しくはホームページで、最新情報はツイッターをご覧ください。

 --
 instagram
 

コニーズアイ
〒920-0855 石川県金沢市武蔵町4-2
Tel
: 076-204-8431
Fax
: 076-204-8461
OPEN
: 11:00~18:00
CLOSE
: 水,木曜日※祝日は営業
HP
: http://conys-eye.org/
E-Mail
: info@conys-eye.org
リンク
: twitter

インフォメーション

11月6日(土)〜12月28日(火)   C/STORE「Krimgen (クリムゲン) 」 new
 「アートをもっと身近に、もっと楽しく」 をコンセプトにアーティストが手掛ける作品・オリジナルグッズを販売するポップアップショップ「C/STORE」が期間限定で開催する展示会です。

 今回は、「安心する場所・人間性」をテーマに原画やオリジナルイラストを製作しているイラストレーター・グラフィックデザイナー「Krimgen(クリムゲン)」のメモ帳・カード・レターセット・ステッカー・ハンコなど、幅広いデザイン雑貨をセレクトして展示・販売します。

 大切な人へのちょっとしたプレゼントとして、また自分へのご褒美に、身近なアートとしてみなさまのお気に入りの商品をぜひ探してみてください。

 アートから始まるクリエイティブな生活を一緒に始めましょう!

  日 時:2021年11月6日(土)〜12月28日(火)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      石川県金沢市武蔵町4-2

 - Krimgen -
 安心できる場所を絵の中に描き込むことを目指し、子供や動植物を描いています。
 全ての人が自然に生まれながらに持つ美しさや、人間性や幸福ということについて考えながら絵を描いています。
 鉛筆やペン、水彩、アクリル絵の具などアナログな手法とAdobeソフトなどデジタル手法の両方を使います。

 - MANGO ART COMPANY -
 アーティストの個展・グループ展などをプロデュース。
 百貨店・商業施設の企画に携わる。
 国内外のアーティスト作品・商品を扱う「C/STORE」アート&デザインポップアップショップを展開する。
 GIANT MANGO GALLERYとして海外アートフェアに出展、日本の現代アーティストを紹介する。
 生活の中で身近にアートを感じて欲しいという思いで、アイデア、デザイン、素材を吟味しアーティストと共にこれまでにない新しい商品を制作、アーティストのデザイン提供も行っている。
20 October 2021

10月10日(日)〜12月28日(火)   good morning/Life with Design calendar 2022
 良質なデザインには、空間を変え、ユーザーのマインドを変化させる力があるのではないでしょうか。

 見ること、持つこと、使うことの気持ち良さ。
 軽やかさや意外性に富み、空間を豊かにするものであること。

 “Life with Design” (デザインのある生活)をコンセプトに、『good morning/グッドモーニング』は、紙の特質や素材感を活かしたプロダクトを展開しています。

 今回は、3種類の椅子がセットされた新商品「Chairs」、季節の花々をアレンジして寄せ植えにした新モデル「Bloom」、フラワーベースに12種類の花ー部屋をかざり四季をはこぶ新モデル「Flowers」、 New York/Tokyo/Paris 世界の都市をモチーフにした新モデル「CITY」、車をデザインモチーフにした新モデル「Cars」、簡単に組み立てることができるペーパーキットカレンダー新商品「Birds」新モデル「Aquarium」「ZOO」ペーパークラフトカレンダーの新モデル「Safari」「Dogs」、自転車のフレーム/車輪/ハンドル/スタンドを組み立てる「Bike」、心地よくスイングするブランコのかたち「Swing」、3つのキューブ状の立方体を積み重ねて使う「Module」、全15種類の動物や植物・椅子・乗り物・都市などをモチーフにした立体カレンダーを中心に、クリエイターたちによって発足したブランド『Re+g/リプラグ』の使いやすいスマートな3面巻き付けタイプ「Triangular/トライアングラー」スタイリッシュに進化した3ヶ月の新定番「3’s/スリーズ」黄金の月が浮かぶ洗練された印象「ミチル-kira-」、さらに葛西薫がデザインした『ANDO GALLERY/アンドーギャラリー』の壁掛けカレンダーも合わせて展示・販売します。

  日 時:2021年10月10日(日)〜12月28日(火)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      石川県金沢市武蔵町4-2

 - Brand identity -
 Innovative calendar:2003年に販売を開始したミニマルでユニークな3Dカレンダーは、組み立てて飾って楽しめるインテリアグッズとして、卓上カレンダー市場に新しい潮流を生み出しました。
 Less is More:無駄な装飾を削ぎ落とした、洗練された美しさを追求。私たちのデザインは世界中で高い評価を受けており、150を超えるデザインアワードを受賞しています。
 Japan Quality:good morning products は日本の高度な印刷・加工技術を用いて作られます。製品の品質は、スペシャリストたちの精緻かつ丁寧な仕事に支えられています。
05 October 2021

10月10日(日)〜12月28日(火)   久保田毅楽 ~いのりのかたち いのちのかたち~
 生きている土が語りかけるリサイクルアート。環境問題への関心から、ゴミや不要物をアート作品として再生する「RECYCL'art/リサイクラート」のコンセプトに賛同し、RECYCL'artist としても活動する久保田毅楽(KIRAKU KUBOTA)。

 手のひらの土を、にぎる・もむ・なでる・ひねる・つぶす・こする…。
 
 古代からずっと変わることのない人間の手のひらから生まれる自然なかたち。作ろうとせずに自然と生まれるように手をうごかす。まるで何万年前の人類が土を手のひらに乗せてあそんでいるかのように。

 今回は、新作を含めて30数点を展示・販売します。作品と空間が一体となった会場で、アートへの新鮮な視点を、ぜひ発見してください。

 なお久保田毅楽の作品(CHAIRS・RECYCL'art・土からのメッセージ)は、開催期間以外でも取り扱っています。

 - メッセージ -
 わたしたちは今、未曾有の世界の真っただ中にいる。
 これまでと変わっていくこと。かわらないこと。
 地球上で人間として生きているかぎり、本質的に変わることのない何か。
 いのりのかたち いのちのかたち 。

  日 時:2021年10月10日(日)〜12月28日(火)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      石川県金沢市武蔵町4-2

 - 久保田毅楽 -
 1975年生まれ。大学卒業後、ゼネコンに勤務。現場監督として海や山での建設事業に携わる。2001年に退職後、愛と自然をテーマにして独学で制作を行っている。自身のペイントをnature love paintingと名付け各地でライブペイントを始め、同時に巨匠たちの椅子をテーマにした「CHAIRS」の制作も始める。2005年よりRECYCL'artist としても活動している。最近は、杉山愛さんのラケット、伊達公子さん、丸山茂樹さん、宮里藍さん、三浦雄一郎さんのシューズや、エベレストで野口健さんらが回収したゴミをリサイクルした作品などを発表。
29 September 2021

10月10日(日)〜12月28日(火)   観葉九谷デコポット/アートな鉢植え
 観葉九谷デコポットは、九谷焼の若手陶芸家である小野内俊夫(成形)と川合孝知(上絵)、そして東出花店の中川理恵との共同製作で誕生した「アートな鉢植え」です。

 喫茶店や飲食店の空間演出として、テーブルに飾ることのできる仕様にしました。手づくりの薄型ポット、手描きによる九谷五彩の上絵、手植えの観葉植物、ひとつひとつを手作りで仕上げた一点ものです。スマートなキューブポットにして、伝統柄や現代柄を楽しいタッチで描きました。それぞれ描かれた絵柄に合わせて、葉の色やカタチの美しい植物も選びました。

 今回は25種類以上の観葉九谷デコポットを展示・販売します。商品はギフトボックスに入れて、観葉植物を植えた状態でお渡しします。クリスマスやお正月のプレゼントにもお勧めです。ぜひ足をお運びください。

  日 時:2021年10月10日(日)〜12月28日(火)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      石川県金沢市武蔵町4-2

 - 種 類 -
 うぐいす・波千鳥・扇・色水玉・パラシュート・黄花と子鹿・くじら・赤絵・金市松・龍・金彩花鳥・すいか・ぽっくり(木履)・枝に鳥・イチゴ・花月・梅・鯛と宝船・虎と孔雀・丸紋松竹梅・黄花唐草・宝づくし・さくらんぼ・リボン・市松・梅と波・黄地花紋・鯛とだるま・たれまく・独楽

 ◎成形担当:小野内俊夫(九谷焼作家)1999年九谷焼技術研修者卒業。松本佐一氏に師事。2001年九谷焼技術者自立支援工房入所。2003年能美市仏大寺にて独立。

 ◎上絵担当:川合孝知(九谷焼作家)1998年九谷焼技術研修者卒業。上出長右衛門釜にて絵付けを学ぶ。2006年九谷焼技術者自立支援工房入所。2009年能美市に工房を移転。2012年九谷焼上絵部門伝統工芸士認定。

 ◎観葉植物担当:中川理恵(フラワーデザイナー)金沢市玉川町で60年続く東出花店の3代目店主。カラーコーデーネーターやフラワーアレンジメントを長年手がけている。
27 September 2021

10月10日(日)~12月28日(火)   KAWAIIプロジェクト/ステーショナリー編
 世界中で知られている「KAWAII」という単語は、もはや世界共通単語として浸透しています。しかし、日本人特有の「きもかわいい」「ゆるかわいい」「ださかわいい」など、「かわいい」という単語はとても奥深く、いろんなニュアンスを含んでいます。

 今回は、イタリアのミラノにある「TENOHA MILANO」が推進する「KAWAIIプロジェクト」と、クリエイター集団がつくる心地よいステーショナリー雑貨を制作してしている「Re+g/リプラグ」とのコラボレーションアイテムを展示・販売します。

 「KAWAIIプロジェクト」は、日本の「KAWAII」を世界に発信することがコンセプト。日本人にしか分からない微妙な意味合いを含む「KAWAII」を、「pum」「Ami Kaneko」「SANLEMO」「Agata Yamaguchi」「123co」、5人のアーティストのイラストで表現しました。メモを取ったりスクラップブックやオリジナルレシピ集を作るなど自由な発想で使える「Sara book」、仕事やプライベートなど1週間の予定を貼っておける付箋タイプのスケジュール帳「Tag Schedule」、ぜひこの機会にご覧ください。

 自分だけのカワイイを見つけることから始めよう!

 --

 ◎Re+g について人とモノとの関係をさらに心地よくつなぐために。身近にあるステーショナリーやインテリア雑貨をクリエイティブな感性を通して新たな切り口で開発しています。製品は200以上の店舗で販売され、国内外の展示会にも数多く出展。毎年社内で新商品開発コンペを実施することで、本当に優れたアイデアだけを商品化しています。

 ◎TENOHA MILANO について イタリア・ミラノで展開する、ショップ・日本食レストラン・シェアオフィス・イベントスペース・ポップアップスペースからなる 約2,500m2 の複合施設です。日本カルチャーを発信する施設として欧州最大規模を誇るTENOHA MILANO は、人々が交流し、新しいモノを創り出すことのできる空間です。人と共に施設も成長していくことで、常に新しい働き方・暮らし方を提案する施設となることを目指しています。

  日 時:2021年10月10日(日)〜12月28日(火)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      石川県金沢市武蔵町4-2

 - 出展作家 -
 ゆるKAWAII「pum」
 タイポKAWAII「Ami Kaneko」
 レトロKAWAII「SANLEMO」
 シュールKAWAII「Agata Yamaguchi」   
 きもKAWAII「123co」
25 September 2021

10月10日(日)〜12月28日(火)   mt×SOU・SOU/日々の暮らしをもっと楽しく_2
 「mt/エムティー」は、世界から支持されるマスキングテープのブランドです。その魅力は、カラフルな色柄だけではなく、手で切れて貼ってはがせ、文字も書ける優れた機能性にあります。最近では文具やラッピングはもちろん、インテリアやパーティの演出など、自分らしさや大切な人への想いを表現するツールとして使われています。

 今回は数多くあるmtの中から、新しい日本文化の創造をコンセプトにした京都のテキスタイルブランド「SOU・SOU/ソウソウ」を中心に、日本を代表する漫画家たち、世代を超えて愛されるキャラクターたちを、世界観そのままにイキイキと描いた「手塚治虫/手塚キャラクターズ」「赤塚不二夫」「大和和紀/はいからさんが通る」「池田理代子/ベルサイユのばら」のほか、私たちの心をときめかせてやまない皆川明が手掛けるファッションブランド「minä perhonen/ミナ・ペルホネン」などを加えて50種類ほど展示・販売します。

 ぜひ足をお運びください。

  日 時:2021年10月10日(日)〜12月28日(火)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      石川県金沢市武蔵町4-2

 - SOU・SOU -
 日本の四季や風情をポップに表現したテキスタイルデザインを製作する京都のブランド。『新しい日本文化の創造』をコンセプトに、伝統的な素材や技法を積 極的に用いながらも、現代のライフスタイルに寄り添うものづくりを展開。地下足袋や和服、和菓子や家具など、多岐にわたるアイテムを製作・販売。また、 様々な分野の企業とのコラボレーションによって、日本のテキスタイルデザインの可能性を広げている。脇阪克二(テキスタイルデザイナー)、辻村久信(建築家)、若林剛之(プロデューサー)らによって2002年設立。

 - 手塚治虫 -
 TVを通じて日本中を席巻した愛すべきキャラクターたち。彼の作品は、文学や映画をはじめ、あらゆるジャンルに影響を与え、世界中の子どもたちの夢を育みました。

 - 赤塚不二夫 -
 「おそ松くん」などヒット作を生み、ギャグ漫画の世界を切り拓いた天才。天才バカボン、ひみつのアッコちゃん、もーれつア太郎など、元気と笑いに満ちた世界観をお楽しみください。

 - 大和和紀 -
 70年代少女たちに空前のブームとなった「はいからさんが通る」の世界。大正時代に生きるおてんば娘のドタバタコメディ&胸キュンストーリー。

 - 池田理代子 -
 日本の少女マンガ史上に燦然と輝く不朽の名作「ベルサイユのばら」。18世紀のフランス革命前後を舞台に悲劇の王妃マリー・アントワネットや男装の麗人オスカルらの運命を描いた大ヒット作「ベルサイユのばら」。
23 September 2021

10月10日(日)〜12月28日(火)   ONE STROKE/駒形克己の絵本展_8
 グラフィックデザイナー「駒形克己/Katsumi Komagata」が自身の子どもの誕生のきっかけにつくり始めた絵本の数々が、「ワンストローク/ONE STROKE」より多数出版されています。
 またフランスの有力紙ル・モンドに『世代を超えるコマガタ』と評され国内外で親しまれています。

 今回のポップアップストアでは、子どもたちだけではなく大人も惹きつける創作絵本やクリスマスカードを中心に展示・販売します。

 数々のフレーズを手掛けられてきた作詞家の松井五郎とのコラボレーション「時と夢」、不安や緊張が続く中ほっとできる何かを探しながら「ほっとする手」、月が満ち欠けするようにいのちもまた小さな変化を積み重ねていくサイレントブック「MOON PHASE」、ワークショップのオリジナルプログラム「のびる」の教材一式がまとめられた「WORK BOOK EXTEND」をはじめ、木が現れ季節とともに姿を変えていくポップアップ絵本「Little tree」(2010年ボローニャ・ラガッツィ優秀賞受賞)、親を知らずに生まれたサケの子どもたち「BLUE TO BLUE」、森をぬけ丘をこえ川から湖や畑へと風が吹く「かぜが はこぶ おと」、なんでも食べてしまうパクパクがある日石を食べてしまうお話「PACU PACU」、贈り物にお勧め赤ちゃんが体験する命の誕生「ぼく、うまれるよ!」、色についてのQ&Aを探しながら進んでいく「空が青いと海も青い。」のほか、連れていかれてしまいそうな牛を救う工夫の一手「LUCKY MOW」、ネズミが迷路に迷いこんでそこで新たな出会いが「LUCKY MOUSE」、家族になる話「LUCKY WILD PIG」、ニワトリの家族に起こるラッキーな話「LUCKY HEN」、さらに、小さなサンタが現れるポップアップのクリスマスカード「Little Santa Card」、赤鼻にかわいい仕掛けがあるクリスマスカード「トナカイカード」など、ユニークなアイデアが詰まった色彩豊かな絵本やカードにぜひ触れてください。

  日 時:2021年10月10日(日)〜12月28日(火)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      石川県金沢市武蔵町4-2

 - 駒形 克己 Katsumi Komagata -
 デザイナー・造本作家
 1953年静岡県生まれ。
 日本デザインセンターを経て、1977年渡米。
 ニューヨークCBS本社、シェクターグループなどでCIデザイン、グラフィックデザインを手掛け、1983年帰国。
 1986年ONE STROKE設立。以後多数の絵本を出版。
 1990年ニューヨーク近代美術館 MoMAミュージアムショップでの発売を機にその活動は世界へとひろがり、1994年フランスリヨンを皮切りに本の個展、ワークショップ活動を開始、現在もなお世界各地を巡回。
 2012年手話絵本の制作を開始するも急性リンパ性白血病を発病、翌年骨髄移植を受け退院。
 その翌年、手話絵本の制作過程に密着した駒形克己のドキュメンタリー番組がWOWOWプライムにて放送され、同番組が国際エミー賞にノミネート。
 復帰後2014年からは立教大学、女子美術大学で後進の指導にあたり、世界各地でプロフェッションを対象にKOMAGATA METHODを取り入れたワークショップを開催。 
 2016年には、ボローニャ国際児童図書展にて、RAGAZZI SPECIAL MENTION AWARDを受賞、現在に至る。
 ニューヨークADC銀賞、パリ PRIZE FOR CREATIVITY、2000年・2010年・2016年イタリア・ボローニャRAGAZZI賞 優秀賞、2002年スイス国際児童図書賞(F.E.E.)特別賞、2006年GOOD DESIGN・ユニバーサルデザイン大賞(九州大学病院小児医療センター病棟の環境デザイン)、2007年GOOD DESIGN賞(つみ木 Block'n Block)他、受賞多数。

 - 有限会社ワンストローク -
 代表 駒形克己 1986年創立
 グラフィックデザイン全般。
 創作絵本の制作・出版。カードやカレンダーなどの製品開発。
 1994年より世界各地を巡回している「1,2,3...KOMAGATA」展の開催や、毎年春に開催されるボローニャ国際児童図書展での、ブース「SMALL WORLD」の出展。
 日本国内、世界各地で行われるワークショップ活動、展示プロデュースなど。

 - 駒形 あい Ai Komagata -
 デザイナー
 1989年東京生まれ。
 桑沢デザイン研究所を卒業後、株式会社オンワード樫山にて、紳士ブランドのデザイナーとして経験を積み、2013年に有限会社ワンストローク入社。
 営業・広報・制作と、会社のマネージメント全般を担う一方で、Tシャツのデザインや絵本の制作に携わる。
21 September 2021

9月5日(日)~10月31日(日)   C/STORE「nosikaku (ノシカク) 」
 「アートをもっと身近に、もっと楽しく」 をコンセプトにアーティストが手掛ける作品・オリジナルグッズを販売するポップアップショップ「C/STORE」が期間限定で開催する展示会です。

 今回は、国内外で活動している現代アーティスト「Akiko Noguchi」のグッズブランド「nosikaku (ノシカク) 」が製作したハンドタオル・ポーチ・Tシャツ・ワンピース・コップ・皿・ブローチなど、幅広いデザイン雑貨をセレクトして展示・販売します。

 大切な人へのちょっとしたプレゼントとして、また自分へのご褒美に、身近なアートとしてみなさまのお気に入りの商品をぜひ探してみてください。

 アートから始まるクリエイティブな生活を一緒に始めましょう!

  日 時:2021年9月5日(日)~10月31日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      石川県金沢市武蔵町4-2

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
01 September 2021

7月4日(日)〜10月3日(日)   HAQUA mie/箔と水のアクセサリー展_2
 箔アクセサリー「HAQUA/ハクア」は、水を使って誰でも簡単に貼ることのできる新感覚のジュエリーです。

 デザインは辰野しずか、そのコンセプトは、箔(haku)+水(aqua)。
 「水でつける箔」という特性から、水と箔の持つ透明感をイメージしています。 
 繊細でエレガントなデザインが特徴で、身につけると洗練された輝きを放ちます。
 シンプルなデザインは、ジュエリーのように季節を問わずオールシーズン使え、アレンジをすることで様々なシーンで活躍します。
 シール状になっているので、お好みの長さにカットして、ブレスレット・アンクレット・リングなどに使えます。

 今回は、新商品「HAQUA mie/ハクアミー」を展示・販売します。
 ⽇常遣いからヨガ・キャンプ・ガーデニングなどのカジュアルなシーンでも楽しめる、明るくナチュラルなデザインのラインです。カラーは6⾊展開で、ブルーやピンクやイエローなどいずれも上品な輝きを放ち、箔のきらめきとともに気分を⾼めてくれます。

 ぜひ足をお運びください。

  日 時:2021年7月4日(日)〜10月3日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      石川県金沢市武蔵町4-2

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
07 July 2021

7月4日(日)〜10月3日(日)   北陸製菓/みんな大好きビーバー4兄弟
 見上げれば霊峰白山。見下ろせば勇壮な日本海。美しい川や緑にも恵まれた石川県はお菓子づくりにこだわる上で絶好のステージです。

 1918年に産声をあげた「hokka」は、水と光と緑に恵まれたこの地で、1世紀以上前からお菓子をつくっています。

 今回は2020年に生誕50周年を迎えた加賀生まれ北陸育ちの揚げあられ「ビーバー」4種類を中心に販売します。
 
 名前の由来は、1970年に開催された大阪万博カナダ館のビーバー人形の歯と、この米菓を2本並べたカタチが似ていたことから…。
 まず長男の揚げあられ「ビーバー」は、北陸産のもち米に鳴門の焼塩と日高昆布を加えた味、次男「白えびビーバー」は、富山県産白えびを使用しその甘みが絶妙です。そして新商品の三男「カレービーバー」は、カレーのコクと旨味が効いたスパイシーな味わい、最後の四男「のどぐろビーバー」は、のどぐろの旨味とすだちの酸味が相性抜群です。

 サクサクとした食感で、一度食べだすと止まらなくなる、ぜひ一度すべてご賞味ください。

 そのほか、2021年の春に発売された金沢伝統の味、俵屋のじろあめとヤマト醬油味噌の玄米甘酒を使用した「金澤クッキー」(五郎島金時芋入り)「小さな米蜜ビスケット」、濃厚なチョコレートクッキーとチョコチップの味わい「my BAKE 濃厚チョコチップ(ムーミン谷の仲間たち)」、フランス産発酵バターを使用ちょっと贅沢なティータイムに「my BAKE こだわり発酵バター(ムーミン谷の仲間たち)」、玉ねぎの甘みを加えてカレーパンのように仕上げた懐かしい美味しさ「ホッカリ」(8月発売)、さらにABCクッキークラシックココア・チーズペッパークラッカー・カンパン保存缶なども販売します。
 どんなに忙しい中でも、大好きなおやつでひとときの幸せを味わってください。

  日 時:2021年7月4日(日)〜10月3日(日)
      11:00~18:00
      ※定休日 水・木曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
      石川県金沢市武蔵町4-2

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
06 July 2021
 

COLUMN

  • 「いしかわ」について人と風景を中心に独自目線で語っていきます。偏りながらも深く切り込み、ユーモアを忘れず、熱く、それでいてクールに対象に迫りたいと思います。
    「いしかわ」について人と風景を中心に独自目線で語っていきます。偏りながらも深く切り込み、ユーモアを忘れず、熱く、それでいてクールに対象に迫りたいと思います。
  • “ 健康の工房 ”へ、ようこそ。ここは、料理教室あれば、セラピーあり。美味しくて、体にいいこと、教えます。
    “ 健康の工房 ”へ、ようこそ。ここは、料理教室あれば、セラピーあり。美味しくて、体にいいこと、教えます。
  • 山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
    山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
  • 2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
    2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
  • 花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
    花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
  • 長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
    長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
  • 能登の里山での暮らしを起点にしながら、農林水産物の作り手さんと商品の企画やデザイン提案をしています。朝日新聞「里山暮らし」連載中。月に一度自宅を住み開きしながら「土地に根ざした学びの場・まるやま組」を主催。
    能登の里山での暮らしを起点にしながら、農林水産物の作り手さんと商品の企画やデザイン提案をしています。朝日新聞「里山暮らし」連載中。月に一度自宅を住み開きしながら「土地に根ざした学びの場・まるやま組」を主催。
  • 「紙と糸でつむぐ物語」の連載時から、さらに活動が広がり深まったManu Mobilesさんの新たなモビール物語をお楽しみください。
    「紙と糸でつむぐ物語」の連載時から、さらに活動が広がり深まったManu Mobilesさんの新たなモビール物語をお楽しみください。
  • マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
    マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
  • 初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
    初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
  • 自身の存在や居場所を実感するため、日々、土を用いた作品制作を行っています。最近は、自主採土した土を用いた作品や「生活と制作を緩やかに繋げる」をテーマに小品シリーズを制作しています。
    自身の存在や居場所を実感するため、日々、土を用いた作品制作を行っています。最近は、自主採土した土を用いた作品や「生活と制作を緩やかに繋げる」をテーマに小品シリーズを制作しています。
  • 住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
    住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
  • 日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
    日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
  • 「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
    「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
  • 築150年の酒屋を改装し、苔をテーマにアトリエを作りました。自然の恵みに感謝と畏怖の念を忘れずに、植物・苔のひそかで不思議な世界を紹介していきます。
    築150年の酒屋を改装し、苔をテーマにアトリエを作りました。自然の恵みに感謝と畏怖の念を忘れずに、植物・苔のひそかで不思議な世界を紹介していきます。
  • 映画にテレビに本にイベントに……  いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
    映画にテレビに本にイベントに…… いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
  • 木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
    木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
  • 「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。  街に人あり。……  人に日々あり。
    「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。 街に人あり。…… 人に日々あり。
  • JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
    JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
  • 左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
    左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
  • わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
    わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
  • 北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
    北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
  • 草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
    草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
  • いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
    いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
  • 私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
    私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
  • 「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
    「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
  • 竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
    竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
  • 埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
    埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
  • 伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
    伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
  • 採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
    採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
  • 香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
    香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
  • 北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
    北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
  • オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
    オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
  • 人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
    人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
  • 海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
    海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
  • 中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
    中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
  • お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
    お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
  • 朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
    朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
  • 漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
    漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
  • 店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
    店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
  • 何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
    何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
  • 「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
    「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
  • 岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。
    岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。

おすすめ