チルチンびと
 

Douze

〒935-0001
富山県氷見市中央町9-47
Tel: 090-2090-6004
HP:http://1st.geocities.jp/
  douze_ja/

 

■「青空のレストラン」
FOOD / LIVE / CRAFT
BODYMAIKE
久々に野外イベントに参加します。
コンテンポラリージュエリーを
中心に出展予定です。
Douzeはぶどうの木の下にいます。
場 所:山藤ぶどう園
    富山県富山市婦中町吉谷1-1
日 時:2015年5月4日(月)
    11:00~20:00
 
青空のレストラン

■「Douze exhibition」
4年ぶりの福井展です。
300点ほどのDouzeアイテムが
一堂にご覧いただけます。
場 所:Gecko
    福井県越前市芝原3-6-30
日 時:2015年5月30日(土)
        ~6月3日(水)
    12:00-19:00
 
Douze exhibition

Douzeさんのブローチ(3名様)

Douzeさんのブローチ(3名様)

ブローチの技法について、Douze さん、こんなふうに語ります。

-----------------

このブローチのコンセプトは?
無邪気な少年時代。子ども、とくに男のコは純粋で、まっすぐ。そんなシンプルさの中の、遊びごころ。

どんな子ども時代でした?
好奇心旺盛で、昆虫など、生き物が大好き。採ったり、飼ったりしてました。

手仕事は、お好き?
自分の手で、何かをつくりあげることは、昔から、好きでした。自分だけのものを、カタチにすること、その達成感。それが、長く続けている理由ですかね。

なぜ、ブローチを?
大きな動作をすると、ネックレスでは、どうしてもジャマになるので、胸元にバチつとくっつくブローチをつくるようになりました。デザインするとき、まず第一に、私が身につけたいものをと、考えます。自分でも、よくつけて出かけます。

素材は?
木、レザー、磁器、ミラー。

色は?
私の好きな色の組み合わせと、ふだんは、ちょっと身につけない配色と。その二極。

プレゼントに応募する方へ、一言
キバツなデザインが多いから、今年は少し冒険してみたい、と思っている方に選んでいただけると、うれしいです。

お住まいの富山は、春ですか?
真冬の刺すような寒さから、太陽も風もカドが取れ、やわらかく肌に当たります。グレー一色の空が、薄いブルーになり、草花の色が濃くなりはじめ、ようやく春がきたと、思いますね。

-----------------

さて、〈今月のプレゼント〉は、この「ブローチ」を3名さまへ。

ご希望の方は下記の応募フォームに、お名前とメールアドレスとご質問をご入力のうえ、「プレゼントに応募する」ボタンを押してください。

2015年6月上旬までに、ご入力いただいたメールアドレスにご連絡をいたします。賞品のお届け先(住所・氏名・電話番号等)をご返信下さい。7日以内にご返信がない場合は、再抽選といたします。

・メール受信拒否設定(ドメイン指定受信)を設定している場合は、『info@m-ido.co.jp』からのメールを受信できるよう設定してください。設定されていない場合、当選通知メールが受信できない場合がございます。

・応募期間中(2014年5月1日~2015年5月30日)は何回でもご応募可能です。

 

※こちらの応募は終了しています。