[薪ストーブ関連号のご案内]

  • チルチンびと85号

全国の書店・オンライン書店・風土社からご購入いただけます。
ご購入のご案内はこちらをご覧ください。

knowledge042

薪ストーブを楽しむには、よい薪が必要です。よい薪とは、十分に乾燥していること(含水率20%以下が理想)、薪に適した樹種であること、ストーブの種類や用途に適したサイズであること、などです。

樹木は広葉樹と針葉樹、あるいは堅木と軟木に分類することができます。ミズナラやコナラ、クヌギ、サクラなどが広葉樹、スギやヒノキ、アカマツ、カラマツなどが針葉樹です。広葉樹の大半は堅木で、針葉樹とシラカバ、ポプラなどの広葉樹は軟木に分けられます。

通常、薪に適した樹種は堅木とされています。ミズナラなどの広葉樹系の堅木は火持ちがよく、暖める力が大きく、タール分も少ないからです。一方、スギやヒノキなどの軟木は乾燥しやすく着火力にはすぐれているものの、タール分が多く、火持ちはよくありません。

薪ストーブで火を熾(おこ)す場合、最初に焚き付け用の細い薪に火を着け、次に中くらいの薪、太い薪へと炎を大きくしていきます。太い薪には堅木を用い、焚き付け用の細い薪にはスギやヒノキといった軟木を用いるなど、上手に使い分けするとよいでしょう。

mame

[薪ストーブ関連号のご案内]

  • チルチンびと85号

全国の書店・オンライン書店・風土社からご購入いただけます。
ご購入のご案内はこちらをご覧ください。