[薪ストーブ関連号のご案内]

  • チルチンびと85号

全国の書店・オンライン書店・風土社からご購入いただけます。
ご購入のご案内はこちらをご覧ください。

h2

  • 設計:加藤武志建築設計室
  • 施工:幹建設
  • 薪ストーブ:スキャン CI-10GLCB
勾配天井の伸びやかな2階リビング・ダイニングに薪ストーブを設置。

板張りの勾配天井と窓の外には大きなウッドデッキ。I邸の2階に設けられたリビング・ダイニングに身を置くと、まるでどこかの山小屋にでも居るようで、ここが都会の住宅街であることを忘れてしまう。窓に背を向けるように佇む薪ストーブの炉室で、炎がゆらめく。「本来ならテレビを置く場所に薪ストーブを設置しました」と、建築家の加藤武志さん。「ストーブを焚くときは必ずテレビを消して、薪のはぜる音に耳を傾けています」と夫妻が微笑む。

薪ストーブは奥さんのたっての願い。「小さい頃から火が好きで、ガール・スカウトのキャンプで火を熾し、マシュマロを焼いたり、炎を囲んで皆で歌ったりするのが楽しみでした」。ご主人とアメリカのメーン州でキャンプをした思い出も忘れられない。「誰もいない山奥で一晩中火を燃やしながら過ごしました。狼の遠吠えが時折聞こえてきて怖かったですが(笑)」と、ご主人。

I邸には親戚をはじめ来客が多い。そんな時、夫妻の心づくしの料理とともに客人をもてなすのが薪ストーブだ。「食事の後、男たちは知らず知らずのうちに、ウイスキー片手に薪ストーブの前に車座になっているんです。やはり、みんなが囲める場所に設置してもらって正解でしたね」(ご主人)

左/炎と対話する贅沢なひととき。 右/炉壁が不要な対流式薪ストーブなら窓辺にも設置可能。
 
上/奥さんのお母さんとお姉さん一家を招いてのランチ・パーティ。子どもたちはデッキで外ごはんを楽しむ。 左2点/薪は電動ウインチで吊り上げ、2階の薪棚へ。

 
 

[薪ストーブ関連号のご案内]

  • チルチンびと85号

全国の書店・オンライン書店・風土社からご購入いただけます。
ご購入のご案内はこちらをご覧ください。