2

先生にもらった勇気

串田敦子(イラストレーター)
1回目1970年頃 2回目 1980年頃在籍

セツに入学したきっかけは、学生の時、雑誌『装苑』で、セツ先生と学校を紹介したページを見て、どうしても行きたくなり、20~21歳くらいの時、夜間部に入学できました。感激しましたことは、先生たちの服装です。無造作ですがおしゃれな配色で、魅力的でした。初川先生のファッションがすごく好きでした。布製のシューズを履き、新鮮でした。いつも感心して見ていました。

タブローやファッション画も自由で、きれいさやかわいさを感じさせ、こういうものを描きたいと思いました。服飾関係に就職を希望していましたので、セツで新しい画に出会い、励みになったと思います。その後、就職をして10年ほどたちまして、また、セツに通いたい気持ちになり、卒業証書をセツ先生に見せて、夜間部に入学していいことになりました。私も、歳をとっていたので、ドキドキは少しになりましたが、セツ先生はカリスマなので、お目にかかると、やはり緊張感はありました。先生は、いつも自然で、たまに女の人の口調で喋ります。その声を聞きながら、ロビーの画を見たり。中庭で木のテーブルを囲んで友だちや先生たちとおしゃべりしたり。薔薇の木に花が咲いていたような。

毎年、秋に開かれるゲリラ展には、できあがった画を電車で運んで、先生から何か一言ほめられて、やる気がでたものです。その打ち上げの会では、とん汁をつくり、パンやワインで、みんな一緒にわいわいと…… いい想い出です。先生に特別教えてもらえることはなかったのですが、先生の細いズボンの色遣いを見たり、偉い先生なのにあの軽さは、と思ったり。セツ・モードセミナーに行くことができて、よかったです。セツ先生には、ものをつくる時の勇気をもらった気がします。

2 Comments | RSS

  1. 星信郎ゆう より:

    串田さん お久しぶりです。 たびたび個展のDMを頂戴しながらちょっと遠方でなかなか行けませんでした。
    串田さんの絵は昔から自由奔放に軽く明るく美しい色、セツ先生を描いたこの絵も、春の光そよ風、、、70年80年ごろはセツも絶頂期、串田さんいい時に通ってましたよ。
    どんな時代が来ようとも私はわたし、串田さんは自分のカラーを貫いてるように思う、ホンモノはやっぱりいいね。
    ぼくも頑張ろう!、、、この歳で。

  2. 串田敦子 より:

    星先生
    ごぶさたしています。 私は、 セツのいい時代に、学校に通うことができたのですね。コメント、ありがとうございます。とてもうれしく、励みになります。先生も、お元気そうで ! どうか、ご無理なさらずに!

コメントを残す