4

「あのね。私はセツで解放されたの!」

KAIE(アーティスト)
1997年~2000年在籍

入学した当時は、セツの大先輩である川村都さんが運営するスタイリスト学校を卒業したばかり。痩せっぽっちのケイト・モスに憧れていて、あんなガリガリの人が描けるオシャレな場所はないかと探していたら、この学校にたどり着いたんです。
 そしたら、雑誌Oliveから抜け出てきたみたいな、「前髪パッツン&ボーダー似合いすぎ」の生徒さんが多いのにビックリして、私の着こなしがまだまだ未熟だと落ち込んだり、勝手にライバル視してみたり(笑)。でも本音は、「この人達とお友達になれたらなぁ」だったんですけどねぇ♪

人物水彩の授業では、どう描けばいいのかわからなくて、周りの人達の絵を覗き見してたら、目や手だけを画用紙いっぱいに描いてたり、下絵もなく色だけベタベタ塗ってたり、綺麗な色を塗り重ねてるだけの人とか、もう、なんでもOKだったんです!!
 むふっ!ニヤリ♬
 その時に私は気付きました。
 「ここでは、みんなと同じじゃなくていいんだねぇ!」
 「なんでも受け入れてくれる場所なんだねぇ!」ってコトを!
 とっても心地良くて、自分の存在価値を認められたような気持ちでした♫

初めてセツ先生に「うん、これいいねーA☆」と評価された時の嬉しさは今も覚えています。
 「見せて見せて!」と生徒さんも私の絵の前に集まってきて、あっという間に友達も沢山できました。それからは、セツに通うことが、セツ友と会う為か、絵を描く為か分からなくなってきたけど、楽しかったからどっちでも良かった。

 そうそう、セツ先生と一緒にデッサンをしている時、「いいこと教えてあげる! セツに来て有名になっている人はね、毎日真面目に来てるやつか、たまーにしか来ないやつのどっちかなの!」
 そう言ってたコトが記憶に残っているんですが、その言葉の意味はどういうことなんだろうか?今でもずっと考えているんですが。。

私はセツで、「自由でいいんだよって」教えてもらったんです!
 だから20年が過ぎても、やりたい事を精一杯やれてます!

 セツの庭で、星先生の淹れてくれたコーヒーを片手に、ブリキの灰皿を囲んで、どうでもいい話をしながらタバコを吸っていた時間が愛おしいです!
 

4 Comments | RSS

  1. 星信郎 より:

    吉澤さん、なるほどセツ先生をこう描きましたか! すっきりと味わい深い、年齢性別不詳 、そして上品さを保って。
    たしかに先生は訳のわかんないコトを言うことあったよね、だからそのコトをずうっと考えてしまって、いつか解ったり解らなかったり???
    でもね、先生が生徒に対する希望は唯一つだけ、それは美のわかる人になって欲しいということだったらしいよ。いくら有名になっても美のわかんない人はなにか下品だ、と言ってましね。
    だからね、吉澤さん大丈夫よ?

  2. KAIE より:

    星先生、素敵なコメントありがとうございます。20年前の記憶をたどって、セツの思い出を書くことは、あまりにも遠い記憶になってしまい、忘れられない断片だけを何とか見つけて、繋ぎ合せていく作業でした。
    「美のわかる人」がセツ先生の希望だったんですね。少し謎が解けた気がします。
    星先生の淹れてくれるコーヒーが一番美味しいと思うのは今も変わりませんよ!!

  3. 代々木上原喫茶店元店長 より:

    KAIEさん
    こんばんは☆
    KAIEさんの描くセツ先生はいたずらっぽく笑って見えます。
    私がセツに通っていたのは、1996年から浅賀先生のファッション科通いもいれて1999年までですが、その当時のセツ先生を思い起こしますよ〜。
    普通の大人が言えない本当の事を、サラッと何でもないよって、こんな顔で言ってくれちゃう先生だったなと。
    そうそう
    星先生の珈琲☆
    くわえ煙草で珈琲を入れてくれる星先生のカッコ良さはセツ生徒の憧れでしたね。

    • KAIE より:

      コメントありがとうございます!
      元店長さんとは、通ってた時期が被ってたんですねぇ。あの時の時代感が懐かしい!!
      今思えば、私もファッション科に通ってれば良かったとちょっぴり後悔!
      星先生のくわえ煙草もセツ風景には欠かせない一コマでしたねぇ。

コメントを残す