11

いまでも、幸せな夢をみる

内野 経子(画家)
1971年~1976年在籍

セツ ・モード セミナーにはいるきっかけは、セツ先生の本に出会い、興味をもったから。良い子(親や社会からみて)でいることに飽き飽きして、自分を掘り出したいと思っていた頃だった。一人でいくのは心細いので、弟につきそってもらい、セツモードの階段を降りた。ロビーに入ると、淹れたてのコーヒーの香りが漂っていた。たんにお絵描きの学校と思っていたところは、白いヨーロッパの家みたかった。
 昼は大学、夜はセツ、学校が終わるといつもセツの授業に遅れないように、走っていた。いつのまにか、私の生活は、セツいっしょくになった。
 みんな個性的でしゃれていて、先生も生徒も素敵だった。セツに行くのが楽しかった。

デッサンや、水彩画の批評会があり、たくさん描いた中から持っていくけど、いつも、心配。水彩もデッサンも、はじめは、どう描いていいかわからなかった。セツ先生、星先生、小泉先生、時々イラストレータでOBの穂積先生や、デザイナーの花井幸子さんの授業。水彩は、水彩連盟の春日部先生がみてくれた。
休み時間は大好き、コーヒーを飲みながら、友達とおしゃべりしてると、セツ先生がさりげなくそばにきて輪に入ってくれるのが、嬉しかった。
 先生はいつも自然体で、好きな時に教室の上にある部屋から降りてきて、一緒にデッサンしたり、ウロウロしながら、なにかちょこっと言ってくれる。
セツ先生が、「絵が上手いだけでは、だめだよ」といった言葉が頭からはなれない、自分から、売り込まないと、頼まれるのを待っていてもこないよ、ということだと思った。出版社にイラストを持って売込みにいくと、セツ風だね、と必ず言われた。
 当時、先生に負けないくらい生徒も自分らしい格好をしていた。着物をアレンジしてきたり、オリジナルの服をつくり、自分を服装で表現していた。それらすべてが私には刺激だった。授業が終るといっぱいしゃべりながら帰った。

卒業式に長沢セツ賞もらい、セツ先生は私の顔を色紙に描いてくれた。卒業し、絵本作家になる人や、研究科に残る人。私の仲良しは、手塚プロでセル画を描いていた。彼女は茶髪で目が大きくかわいかった。なごりおしくて、遅くまで、語りあかした。しかし、いつも将来が不安だった。私は研究科からゲリラになり、ひたすら絵を描いた。セツカフェでバイトし、先生直伝の方法でネルドロップで丁寧にコーヒーを淹れた。
 いまでも、セツ先生の、いたずらっぽい目とおまえと言う声が、うかぶ。
 そして時々セツ先生、星先生、小泉先生と、友達にかこまれセツにいる、幸せな夢をみる。
 

11 Comments | RSS

  1. 星信郎 より:

    セツ先生は 自由 平等 博愛 なんて、まるでフランス人みたいなことをしよっちゅう語って、生徒は皆んな共感し、うなずいてた、、、ところがあのころセツ生徒同士の結婚の多かったこと! 貧乏なんて怖くない結婚。
    経ちゃんもハンサムボーイとこっそり結婚、あれれれでした。

    春日部たすく先生の美学は僕も絵を描くときのバックボーンとなってます。 セツ先生もずう〜っとそのようであった。

    • 内野経子 より:

      星先生読んでくださり、ありがとうございます。先生はクールでかっこよかった。
      出席には厳しかったですね。
      セツは、自由の中に、何か緊張感があり、すてきな空間でした。
      まだ入りたての私が、インドに1か月行って、新学期に遅れたとき、出席をとっていた先生が、「どうしたの?」
      理由を言うと「フーン・・・」で感じで、OK。嬉しかったことを覚えています。
      今もいつも絵を見てくださり、とても感謝しています。いまだに、自信がなくいつも不安。でも楽しく生きています。これからもよろしくお願いします。

  2. 内川瞳 より:

    つねちゃん、無事完成してよかったね。何年経っても色褪せないね。ここ10年の毎年一緒に展覧会楽しかったね。私たち無理しないガモットーだからやって来れたのかもね。あんまりこうでなくちゃいけないとか決めごとも無いから,其の拘りの無さが無い中にもセツの仲間が集まってくれるという一番の楽しみがあったからね。そ
    ういうのが大事でした。ここ数年場所の申請してくれていてありがとう。大変だったね。又新しい事考えようと私も思ってる。それぞれの事で忙しい同士だから、集まった時ホッとするのは皆もセツの思い出があるからなのでしょうね。私もモデル数年やったお陰で色々な年代の人と知り合っていたのだなアとあらためてセツカフェにいたとこのツネちゃん思い出します。

    • 内野経子 より:

      いつも有難う。
      自分の絵も文章も納得いくまで出来ないので、ギブアップしたくなったけど・・・・
      私の時代は、ひとみちゃんがモデルがおおく、かくといつもお人形さんみたいになってしまいした。
      休み時間も、大先輩だし、その時はあまり話しなかったけど、人生を重ねていくうちに、ものすごく仲良くなりましたね。元気で、いっぱい絵をかきましょうね。

  3. ゑいじう より:

    2016年12月31日この欄に遭遇できたこと、神様、平岡さんに感謝です。

  4. 中村ケイ より:

    学校大嫌いだった私が唯一好きだったところがセツ.モードセミナーです。皆、オシャレでカッコよくて、その頃バイト生活の私は、洋服が買えなくて、an.anを見てオシャレな洋服をせっせと作りました。卒業する時にセツ先生のそっくり人形を作って差し上げたら、「お前は絵よりこっちの方が上手」と言われ、以降造形の世界で仕事をしています。セツ先生からいろいろなことを学ばせていただき、心から感謝しております。

    • つねちゃん より:

      すてきですね。わたしもイメージ通り服が作れたらどんなにいいだろうと、時々頑張って見るのですが、ダメみたい。
      先生そっくり人形、みてみたかったです。

  5. reika oguri より:

    つねちゃんを初めて見たのは水彩連盟店の受賞パーティーで。すごいハンサムくんの隣にいたからアレレ?カップルかな?と思ったけどそれは誤解で・・・(笑) でもその後もっとハンサムくんと結婚したのよね!
    いつもグループ展などに誘ってもらって感謝してます。

    • つねちゃん より:

      ありがとうございますれいかさんは、センスが良くて、素敵な絵をサラッとかいていて、憧れの先輩でした。その後も長くお付き合いさせていただいて、いつも刺激をもらっています。これからもよろしくお願いします。

コメントを残す