人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

 

『チルチンびと』88号

 

『チルチンびと』88号 ― 特集・人の集まる家にしたかった ― 子育て、家カフェ、手仕事仲間、大人の茶会 ― 誌面には、いろいろな言葉が、賑やかに集まった。

………

皆、地元愛が深いんです。好きな場所に住むことって大切ですよね。家も暮らしも、自分のことも好きになれる。(家族ぐるみで子育てを楽しみたい)

人が溜まる場所を大切に考える。そしてそこに人が集まる時間というのは、生活の中のクライマックスに。生活は、そうした小さなクライマックスの連続だから。(見守り合える「お互いさま」の三世代暮らし・独楽蔵)

卓袱台など丸テーブルは実際の大きさ以上に人数の増減に柔軟に対応します。(建築家に聞いた “ 人が集まる家づくり ” のABC)

直径3メートル以内が団らん、会話、討論をするグループの最大距離です。(科学で解き明かす 集まりやすい空間とインテリア・西出和彦)

心を開き、心で語ろう。そこからきっと心は伝わっていく。孫の孫の孫、七代先へ。(祖父と孫のフォークロア・近藤夏織子)

近代において供給される住宅は “ 家族を収容する箱 ”とも言えます。(近くに住んで支え合う「近居」で生まれる家族とまちの新しい関係・大月敏雄)

人とおしゃべりしながらだと、ただ縫っているだけでも合いの手が入って嬉しいのよね。(ちくちく仲間のじょんのびな一日・池晶子)

火や灯りも、そのまわりに人を自然と集わせる、居場所の “ 重心 ” のようなものです。(集いの中心は、火と灯りと食・松澤穣)

………

『チルチンびと』88号は、このほか …… 東京・上野桜木 路地のリビング / 集まって過ごす時間を考える(文・吉津晶子)/ 子育て仲間と家カフェでつながりたい / 人が集まる小さなウッドデッキ / 大人数でかこむ、キッチンの工夫 / 和の集い ざっくばらんな七事式(文・古川三盛)/ 未来へ伝え継ぐ大地の知恵(文・近藤夏織子)/ 林業の最先端を往く 和歌山・山長商店 / 工務店がデザインする上質な木の空間 …… ほか、充実の 216 ページ。定価[917円+税]。6月11日発売です。

 
 
 
 
 
 
 
 
people Archive

『チルチンびと』で、最高の冬支度

秋。『いい家をつくる工務店と出会う』(チルチンびと別冊52号 ) の発売です !

秋の夜長。『チルチンびと』93号と過ごしませんか

夏のお愉しみ。 『東海の強く美しい家』の発売です !

『チルチンびと』92 夏号は、特集2本立て

『平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの』好評発売中です

『薪ストーブ年鑑 2017』近日発売 !

『チルチンびと』の春、金沢の春

『建築家の心象風景③ 大野正博』発売!

『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を!

『OMソーラー やさしい温もりが包む家』 ― 『チルチンびと』別冊50号は、こんな記事から始まります。

小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

『a day in the life 』は、いかが

『チルチンびと・別冊 49―愛知・岐阜の豊かな暮らし』の発売です!

チルチンびと 『薪ストーブ読本』の発売です!

人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

この家具と、暮らす ―『チルチンびと』87号の特集から

冬よ来い!

暖かい家が健康を育む ー『チルチンびと』別冊48「OMソーラー 太陽と空の家」から

有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

言葉の花束 ―『チルチンびと 』85号 ―〈特集・我が家の庭暮らし / 暮らしに農の風景を 〉から

桃源郷に暮らしたいあなたへ ―『チルチンびと』山梨・長野

『チルチンびと』東海版 ―東海で建てる美しい住宅― 発売!

第二回・吉田桂二賞授与式

夏涼しく、冬暖かい木の家 ―『チルチンびと』84号の特集から

『左官読本』と小林澄夫さん

建築家・田中敏溥さん、故郷新潟で作品展を開催

『チルチンびと福岡 ― 福岡で建てる本物の木の家』発売

キッチンで変わる暮らし ―『チルチンびと』83号の特集から

夜更けの建築家