冬よ来い!

 

『チルチンびと』86号

 

『チルチンびと』86号 特集「火から始まる冬支度」に見かけた、こんなに、暖かいフレーズ。

………

伝承野菜に、生の火 …… 一見特別なようでいて、どれも昔から身近にあったのだ。(火と野菜のフォークロア 山形・伝承野菜農家 “森の家 ”から)

レーモンド好みの暖炉が何かはさておき、建築家の心得として、建主の示すあらゆる要求に応ずるように暖炉のヴァリエーションを用意していたのかもしれない。(“美しい村”の小さな暖炉 原設計・A・レーモンド 文・花里俊廣)

温度だけでなく、音も暖かさの要件の一つではないかと思っています。炎が立って吸い上げられていくときの音、かるく爆ぜる音 …… (焼き芋医者の薪ストーブ 文・高口憲章)

薪ストーブってすごいですよ、煙にむせることなく炎を味わえるんですから。(毎日が山暮らし・千葉県谷邸)

火があるとお客さんも喜んでくれるんです。こんな町中で生火が見られるなんて、と。(火のあるカフェで・カフェパーラー江古田)

暖炉は暖を採る、というよりは贅沢な遊びの道具ですね。炎を眺めることはもちろん、火をつけること自体が愉しいんです。(暖炉のある時間・東京都H邸)

最近のIH炊飯器は、…… 美味しいご飯を炊いてくれる。しかし、そこに火はなく、畏敬や感謝の念もわいてこない。火の働きが見えること、それが肌で感じられることが重要なのである。(かまどの神様がいる家 文・吉田好弘)

………

このほか、 〔保存版〕薪ストーブ・ペレットストーブ徹底ガイド ①街中の薪ストーブ・実践編 監修 松原正明 ②最新!薪ストーブの暖房力を科学する 監修 前真之 ③ペレットストーブの基礎知識 / 世界に一つだけの薪ストーブをつくろう / 薪ストーブカタログ 2015~2016 / 薪ストーブ取り扱い店リスト / 広告特集・薪ストーブのある工務店の家 / 広告企画・ログハウスで叶える暮らしの夢 / 建築社会関係資本論 第2回 ー 震災から10年、山古志の復興住宅に集結した人びとの絆 / リポート・チルチンびとマーケット in 新潟、福井 / 特別企画・工務店がデザインする上質な木の空間 など、充実の 272ページ。定価〔本体917円+税〕12月11日発売です。お楽しみに

people Archive

『チルチンびと』92 夏号は、特集2本立て

『平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの』好評発売中です

『薪ストーブ年鑑 2017』近日発売 !

『チルチンびと』の春、金沢の春

『建築家の心象風景③ 大野正博』発売!

『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を!

『OMソーラー やさしい温もりが包む家』 ― 『チルチンびと』別冊50号は、こんな記事から始まります。

小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

『a day in the life 』は、いかが

『チルチンびと・別冊 49―愛知・岐阜の豊かな暮らし』の発売です!

チルチンびと 『薪ストーブ読本』の発売です!

人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

この家具と、暮らす ―『チルチンびと』87号の特集から

冬よ来い!

暖かい家が健康を育む ー『チルチンびと』別冊48「OMソーラー 太陽と空の家」から

有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

言葉の花束 ―『チルチンびと 』85号 ―〈特集・我が家の庭暮らし / 暮らしに農の風景を 〉から

桃源郷に暮らしたいあなたへ ―『チルチンびと』山梨・長野

『チルチンびと』東海版 ―東海で建てる美しい住宅― 発売!

第二回・吉田桂二賞授与式

夏涼しく、冬暖かい木の家 ―『チルチンびと』84号の特集から

『左官読本』と小林澄夫さん

建築家・田中敏溥さん、故郷新潟で作品展を開催

『チルチンびと福岡 ― 福岡で建てる本物の木の家』発売

キッチンで変わる暮らし ―『チルチンびと』83号の特集から

夜更けの建築家

はじめての「チルチンびとmarket」in エコ建築考房

火のある時間の過ごし方

OM讃家

この家といつまでも