有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

 

チルチンびと神奈川

 

横浜・伊勢佐木町に、書店 有隣堂が誕生したのは、1909年である。
太宰治は、1909年6月19日、青森県北津軽郡金木村で、生まれた。
松本清張は、1909年12月21日、福岡県企救郡板櫃村で、生まれた。
太宰と清張が、同じ年の生まれだと聞いて、少し不思議に思うのは、デビューの時期が、違っているからだろう。太宰が、名作を遺して入水した1948年、清張は朝日新聞西部本社広告部に勤めていた。しかし、のちに、太宰、清張のベストセラーが、有隣堂の棚を飾ることになるのは、なにかの縁だろう。

………

その有隣堂の “ 進取の精神 ” にあふれた物語を、『チルチンびと神奈川』② で読むことができる。もちろん、そのほかに、『チルチンびと』ならではの、湘南の風を感じる、住まいの記事は、満載だ。

………

桐島かれんさんインタビュー・海をのぞむ葉山の家にて / 建築家が設計した暮らしやすい木の家・フリーハンド:小井田設計室+関島恵美子、森博、田中敏溥 / 神奈川の工務店がデザインした木の家・(株)ウィズハウスプランニング、(株)和工務店、(株)ワイズ / 店主の手が編み出す植物のインスタレーション・鎌倉市 草花屋 苔丸 / 鎌倉散歩の途中でゆるり。“一花屋”・鎌倉市 手ぬぐいカフェ 一花屋 / てくてく建物散歩 横浜 / 暮らしの読み物、その他。

………

『チルチンびと神奈川』② は充実の120ページ。定価〔本体917円+税〕。10月5日発売。お楽しみに。

 

 

 

 

people Archive

『チルチンびと』の春、金沢の春

『建築家の心象風景③ 大野正博』発売!

『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を!

『OMソーラー やさしい温もりが包む家』 ― 『チルチンびと』別冊50号は、こんな記事から始まります。

小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

『a day in the life 』は、いかが

『チルチンびと・別冊 49―愛知・岐阜の豊かな暮らし』の発売です!

チルチンびと 『薪ストーブ読本』の発売です!

人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

この家具と、暮らす ―『チルチンびと』87号の特集から

冬よ来い!

暖かい家が健康を育む ー『チルチンびと』別冊48「OMソーラー 太陽と空の家」から

有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

言葉の花束 ―『チルチンびと 』85号 ―〈特集・我が家の庭暮らし / 暮らしに農の風景を 〉から

桃源郷に暮らしたいあなたへ ―『チルチンびと』山梨・長野

『チルチンびと』東海版 ―東海で建てる美しい住宅― 発売!

第二回・吉田桂二賞授与式

夏涼しく、冬暖かい木の家 ―『チルチンびと』84号の特集から

『左官読本』と小林澄夫さん

建築家・田中敏溥さん、故郷新潟で作品展を開催

『チルチンびと福岡 ― 福岡で建てる本物の木の家』発売

キッチンで変わる暮らし ―『チルチンびと』83号の特集から

夜更けの建築家

はじめての「チルチンびとmarket」in エコ建築考房

火のある時間の過ごし方

OM讃家

この家といつまでも

建築家・田中敏溥さんの「遠い家」

庭時間のある暮らし

我ら新潟人 ― 建築家 、ふるさとを語る