建築家・田中敏溥さんの 「遠い家 」 建築家の心象風景②田中敏溥

 
 

写真集『田中敏溥・建築家の心象風景 2』は、田中さんが、生い立ちを語るところから、始まっている。田中さんは、新潟県村上市の、瀬波という港町の生まれである。四歳のとき、事情があって、母親の実家である造り酒屋に、引き取られ、祖母と暮らした。以下、写真集の“自伝”から。

 


けれども、幼い私は家族を恋しがって家に帰りたがるから、祖母は「遠けんか(遠いから)」となだめていて、そのうち「遠け家」(とおけうち・けは方言。遠い家という意味)が、祖母と私の間で私の実家を表す代名詞となっていった。それでも「遠け家帰りたい」とか「遠け家行きたい」と言って祖母を困らせた記憶がある。
……
この話が頭にあって、最後の“ むすびに”を読むと、こんな一節にぶつかった。
〈終りのない道ではあるが、私の「遠い家」を求めて設計の仕事を続けていこうと思っている。愛と勇気をもって。〉
預けられた祖母の家と実家までの距離は、3キロだったという。四歳の子どもにとって、それは「遠い家」だったという。その幼い日の記憶を、これまでも抱き、これからも、抱いて行くのだろうか。少し、切なくなった。そして、あらためて、写真集に収められた過去のたくさんの作品を見返すと、家々は、また違った表情で語りかけてくるのである。


 

『田中敏溥・建築家の心象風景 2』(写真・垂見孔士)は、風土社刊。A4変型版。176ページ。定価 本体4,800円+税。10月上旬発売予定。

 

―主な内容―
〈建築家の心象風景〉
新潟・村上の頃 / 東京へ / 建築家になる
〈コラム〉
学生時代の旅 / 旅とスケッチ / 木版画の年賀状 / BIN char
〈作品〉
国立の家Ⅳ / 玉川学園の家 / 益子の家Ⅲ / 吉祥寺の家 / 益子の家 Ⅳ / 湘南の家
軽井沢の家 / 多摩の家 / 名栗川の家 / 保土ヶ谷の家 / 国立館 / 浅科の家 / 腰越の家
桜ヶ丘の家 / タウンハウス・都市の低層集合住宅 / ソーラータウン西所沢 / 彩の街
四季の森・文化館 永平寺町立図書館 / 平野歯科 / ピュアビレッジ長岡
杉野服飾大学附属図書館
〈論考〉
設計作法・架構へのまなざし
対論・平良敬一 × 田中敏溥
〈人物エッセイ〉
益子義広・片山和俊・松山 巖・浜宇津 正

 
people Archive

『薪ストーブ年鑑 2017』近日発売 !

『チルチンびと』の春、金沢の春

『建築家の心象風景③ 大野正博』発売!

『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を!

『OMソーラー やさしい温もりが包む家』 ― 『チルチンびと』別冊50号は、こんな記事から始まります。

小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

『a day in the life 』は、いかが

『チルチンびと・別冊 49―愛知・岐阜の豊かな暮らし』の発売です!

チルチンびと 『薪ストーブ読本』の発売です!

人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

この家具と、暮らす ―『チルチンびと』87号の特集から

冬よ来い!

暖かい家が健康を育む ー『チルチンびと』別冊48「OMソーラー 太陽と空の家」から

有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

言葉の花束 ―『チルチンびと 』85号 ―〈特集・我が家の庭暮らし / 暮らしに農の風景を 〉から

桃源郷に暮らしたいあなたへ ―『チルチンびと』山梨・長野

『チルチンびと』東海版 ―東海で建てる美しい住宅― 発売!

第二回・吉田桂二賞授与式

夏涼しく、冬暖かい木の家 ―『チルチンびと』84号の特集から

『左官読本』と小林澄夫さん

建築家・田中敏溥さん、故郷新潟で作品展を開催

『チルチンびと福岡 ― 福岡で建てる本物の木の家』発売

キッチンで変わる暮らし ―『チルチンびと』83号の特集から

夜更けの建築家

はじめての「チルチンびとmarket」in エコ建築考房

火のある時間の過ごし方

OM讃家

この家といつまでも

建築家・田中敏溥さんの「遠い家」

庭時間のある暮らし