『平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの』好評発売中です

 

平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの

 
 

『チルチンびと』誌上でもおなじみ、建築ジャーナリスト 平良敬一氏の著書が、風土社から、刊行された。
『平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの』が、それである。
建築家・磯崎 新氏は、「対抗者 平良敬一」と題して、この一冊に、文章を寄せられた。ご紹介します。

 

………

 

対抗者 平良敬一
 
対抗者の視座がある。抑圧されている側によりそって、運動を起こしている。事件の渦中に好んで入っている。
ユートピアが死んで、マニフェストが無効になった時代の近代建築を新しい媒体としての建築雑誌(メディア)をつくりだすことによって活性化する。
宮古島生まれのオキナンチュウヒララが記しつづけたのは、中心にある権力に対して、これを足元からゆすぶりながら崩していこうとする南島の風土に根づいた記憶にある。
いつも控え目ではにかんでいる。だが編集の手つきは過激である。
ゼネコンのつくった編集部にいながら、町の工務店の手仕事を扱うメディアをつくりはじめる。テクノクラートがつくる都市を批判して、エコがつくりだすすまいをさがす。
91歳のいまも、対抗者でありつづける。
 
磯崎 新

 

………

 

《本書のおもな目次》

地域主義の可能性 / 機能主義を超えるもの / 空間から場所へ 技能の復権 /〈非都市化〉論 / 建築批評

 

………

 

『平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの』(平良敬一著)は、風土社刊。定価 〔本体3,000円+税〕。好評発売中。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
people Archive

秋の夜長。『チルチンびと』93号と過ごしませんか

夏のお愉しみ。 『東海の強く美しい家』の発売です !

『チルチンびと』92 夏号は、特集2本立て

『平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの』好評発売中です

『薪ストーブ年鑑 2017』近日発売 !

『チルチンびと』の春、金沢の春

『建築家の心象風景③ 大野正博』発売!

『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を!

『OMソーラー やさしい温もりが包む家』 ― 『チルチンびと』別冊50号は、こんな記事から始まります。

小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

『a day in the life 』は、いかが

『チルチンびと・別冊 49―愛知・岐阜の豊かな暮らし』の発売です!

チルチンびと 『薪ストーブ読本』の発売です!

人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

この家具と、暮らす ―『チルチンびと』87号の特集から

冬よ来い!

暖かい家が健康を育む ー『チルチンびと』別冊48「OMソーラー 太陽と空の家」から

有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

言葉の花束 ―『チルチンびと 』85号 ―〈特集・我が家の庭暮らし / 暮らしに農の風景を 〉から

桃源郷に暮らしたいあなたへ ―『チルチンびと』山梨・長野

『チルチンびと』東海版 ―東海で建てる美しい住宅― 発売!

第二回・吉田桂二賞授与式

夏涼しく、冬暖かい木の家 ―『チルチンびと』84号の特集から

『左官読本』と小林澄夫さん

建築家・田中敏溥さん、故郷新潟で作品展を開催

『チルチンびと福岡 ― 福岡で建てる本物の木の家』発売

キッチンで変わる暮らし ―『チルチンびと』83号の特集から

夜更けの建築家

はじめての「チルチンびとmarket」in エコ建築考房

火のある時間の過ごし方