『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を !

 

『チルチンびと』別冊50号

 
 

『チルチンびと』90号は「特集・灯をともし、薪を焚く暮らし」。誌面には、身もココロもあたたまるコトバがいっぱいです。

 

………

本来、明るさを求めて灯されるのがキャンドルだが、私にはどちらかというと夜の薄暗さ、影を楽しむのがキャンドルの灯りだと思える。
(蜜蜂のおすそわけ・塩見奈々江)

エリナさんの好きなフィンランドのことわざの一つが「キャンドルの炎をほかのキャンドルにつけても損はない」
(暖かな贈りもの・オオヤマ・エリナ・マルケッタ)

「昔、囲炉裏は冬の間だけ開けてたけど、火鉢には一年中、炭火を熾して鉄瓶をおいてたよ」という古老は、さらに多い。
(柳田國男『火の昔』を読み解く・近藤夏織子)

火を灯す、の「灯」という字は、実は蠟燭の火を意味している。
(蠟燭 その素材と歴史)

「灯油ランプは異次元空間製造機。火をつけると100年ぐらい昔に戻ったような雰囲気になるでしょう」
(灯油ランプ・江戸川屋ランプ 石田浩一)

ポケットから取り出して箱を開けて…… といった動きや、擦ったときのにおい、場の空気感、流れる時間なんかも全部ひっくるめてマッチなんですよ。
(揺らげど消えぬ燐寸の火・村松友視)

「『鉄腕アトム』を夢中で読んでいた世代です。ものづくりを考えているのは飽きないですね」
(薪ストーブびと・原信吾)

………

 

このほか……… 照明カタログ / 冬の薪ストーブ料理・四季工房物語 / 雑木林に抱かれて・設計 横内敏人 / 南アルプスから・設計 松本直子 / 晴耕雨読・設計 岩瀬卓也 / 静謐な時間・設計 八島正年+八島夕子 / 最新薪ストーブカタログ / 薪ストーブショップリスト / 工務店がつくる薪ストーブのある家 / 建築家 大野正博の遊び心のある木の家…… など、充実の240 ページ。12月10日発売。定価 〔本体917円+税〕。お楽しみに。

   
 
 
 
people Archive

『チルチンびと』で、最高の冬支度

秋。『いい家をつくる工務店と出会う』(チルチンびと別冊52号 ) の発売です !

秋の夜長。『チルチンびと』93号と過ごしませんか

夏のお愉しみ。 『東海の強く美しい家』の発売です !

『チルチンびと』92 夏号は、特集2本立て

『平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの』好評発売中です

『薪ストーブ年鑑 2017』近日発売 !

『チルチンびと』の春、金沢の春

『建築家の心象風景③ 大野正博』発売!

『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を!

『OMソーラー やさしい温もりが包む家』 ― 『チルチンびと』別冊50号は、こんな記事から始まります。

小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

『a day in the life 』は、いかが

『チルチンびと・別冊 49―愛知・岐阜の豊かな暮らし』の発売です!

チルチンびと 『薪ストーブ読本』の発売です!

人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

この家具と、暮らす ―『チルチンびと』87号の特集から

冬よ来い!

暖かい家が健康を育む ー『チルチンびと』別冊48「OMソーラー 太陽と空の家」から

有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

言葉の花束 ―『チルチンびと 』85号 ―〈特集・我が家の庭暮らし / 暮らしに農の風景を 〉から

桃源郷に暮らしたいあなたへ ―『チルチンびと』山梨・長野

『チルチンびと』東海版 ―東海で建てる美しい住宅― 発売!

第二回・吉田桂二賞授与式

夏涼しく、冬暖かい木の家 ―『チルチンびと』84号の特集から

『左官読本』と小林澄夫さん

建築家・田中敏溥さん、故郷新潟で作品展を開催

『チルチンびと福岡 ― 福岡で建てる本物の木の家』発売

キッチンで変わる暮らし ―『チルチンびと』83号の特集から

夜更けの建築家