『a day in the life 』は、いかが

 

a day in the life

 

安西水丸さんの文章もイラストレーションも、郷愁にみちている。それが、人のこころを誘うのだろう。たとえば、〈遠い遠い思い出になった。〉と書きながら、小学校時代を過ごした千葉県千倉の夏をこんなふうに書く。

………

〈お盆がすぎると、庭でコオロギが鳴きはじめる。夜風が心もち涼しさを増し、海では土用波が立った。海女笛 (海面に出た海女の息をつぐ音が笛のように鳴ることをいう )の音が波間に哀しく響く。 ぼくの少年時代の夏である。〉

………

このほか、 灯台のある場所に憧れて / 井の頭にあった家 / 台所の話あれこれ / 囲炉裏端の思い出 / 草茫々の庭が好きだ / ファンタスティックな村で / 駄菓子屋でのささやかな幸 / ぼくは和風の中で育った…… など、68篇。2000年から2014年まで『チルチンびと』連載の傑作エッセイ。定価(本体1800円+税)。好評発売中。なお、この “ 広場 ”のギャラリーで、発売にちなんで、イラストレーション展を開催中。こちらから、どうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

people Archive

夏のお愉しみ。 『東海の強く美しい家』の発売です !

『チルチンびと』92 夏号は、特集2本立て

『平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの』好評発売中です

『薪ストーブ年鑑 2017』近日発売 !

『チルチンびと』の春、金沢の春

『建築家の心象風景③ 大野正博』発売!

『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を!

『OMソーラー やさしい温もりが包む家』 ― 『チルチンびと』別冊50号は、こんな記事から始まります。

小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

『a day in the life 』は、いかが

『チルチンびと・別冊 49―愛知・岐阜の豊かな暮らし』の発売です!

チルチンびと 『薪ストーブ読本』の発売です!

人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

この家具と、暮らす ―『チルチンびと』87号の特集から

冬よ来い!

暖かい家が健康を育む ー『チルチンびと』別冊48「OMソーラー 太陽と空の家」から

有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

言葉の花束 ―『チルチンびと 』85号 ―〈特集・我が家の庭暮らし / 暮らしに農の風景を 〉から

桃源郷に暮らしたいあなたへ ―『チルチンびと』山梨・長野

『チルチンびと』東海版 ―東海で建てる美しい住宅― 発売!

第二回・吉田桂二賞授与式

夏涼しく、冬暖かい木の家 ―『チルチンびと』84号の特集から

『左官読本』と小林澄夫さん

建築家・田中敏溥さん、故郷新潟で作品展を開催

『チルチンびと福岡 ― 福岡で建てる本物の木の家』発売

キッチンで変わる暮らし ―『チルチンびと』83号の特集から

夜更けの建築家

はじめての「チルチンびとmarket」in エコ建築考房

火のある時間の過ごし方

OM讃家