全国版コラム 今日もアンティーク日和

title11

 BOWKNOT私が初めて自分で買った絵は、ギャラリーに勤めていたときに買った、ルイ・イカールの作品。なにか、心ひかれたんですね。アール・デコの時代…… 日本でも、竹久夢二とか大正ロマンにひかれますが …… アクセサリーでもアール・デコの時代のモノが好きですね。アクセサリーという小さい世界に細工されているのを、ルーペで見ると、ウットリしますよ。その魅力が、何百年たっても、人を楽しませる。いまは、使い捨てというか、つぎからつぎへとモノが出てきますが、やっぱり、時間をたっぷりかけてつくられたアンティークは、いまも生きている、と思いますね。

お店のなかには、アクセサリー以外にも、いろいろ …… 服は、ディスプレイ映えしていいんですけど、仕入れるとき、状態のいいモノが少なくて、一つ選ぶのにも、着られるかどうかを見るのに時間がかかるし、持って帰るのに重いし、タイヘンなので、あまり買ってきません。帽子も、昔のモノは本当にステキなデザインですが、残っているのは少ないです。手に入れても、形が崩れないように持って帰るのがタイヘンです。いま、日本では、防寒か日よけかというのがほとんどで、オシャレにかぶる方が減ってしまいましたけど、昔は、帽子から服から靴から、トータルに考えて、オシャレを楽しんでいた時代がありましたね。もっとかぶる方が増えて、オシャレな時代がくるといいなと思います。

 BOWKNOTバッグは、毎年秋に「バッグフェア」をやっています。みなさん、喜んでくださるので、いつも気に留めて集めています。アンティークでは、いまはない、口金とかにもいろいろな技術が入っていて、素材やデザインなど、とても凝っていて楽しいんですが、やはり、使うものなので、外側がよくても、なかが傷んでいたり、口金がおかしかったりでは、困ります。状態のいいものは、少ないですね。品物をお求めになって「まだ使ってないわ」とかおっしゃられると、ちょっとガッカリします。お客さまが身につけてくださったり、人にホメられたという話をされると、とてもうれしい! しまってあると聞くと、少し残念ですね。
 

  • side01_on1
  • side01_on
  • side01_on
  • side01_on
  • side01_on2
全国版コラム 今日もアンティーク日和

GALLERY BOWKNOT

〒167-0053
東京都杉並区松庵3-37-21

Tel&FAX:03-6795-5505

OPEN:12:00-19:30

CLOSE:月・火曜日

HP:http://ameblo.jp/bowknot