• 地産地消
  • 国産材
  • 職人
  • デザイン
  • 茶室
住宅特集

茶の湯も、家カフェも 暮らしの中で 楽しめる家  

 地産地消、板の接着用米糊の米にまで栃木産を使用する徹底ぶりが潔い工務店。今回手がけた茶室のある住まいでは、八溝杉の美しさと自慢の職人技が冴える。リビング、スタディコーナーなどの生活空間も充実。
 
 新旧さまざまな家が建ち並び、昭和の風情漂う宇都宮市の住宅街。この界隈でも、I邸の庭に低く巡らせた風流な竹垣は目に新鮮だ。庭の奥には茶室。清楚で、茶の湯をたしなまぬ者をもやさしく迎えてくれる。
 
 茶室は奥さんの要望だ。お母さんが裏千家の茶道の先生、奥さんも新居で教室を開く予定で、「あまり格式ばった茶室にせず、和のもてなしに親しんでもらえる場にしたい」と考えた。といっても、茶室の基本は守り、京間サイズの畳を使用。某ハウスメーカーでは関東間と京間のサイズが混在すると「家が建たない」と断られたが、井上建築工業は快諾してくれた。奥さんは「井上さんは、床の間の花釘の位置や素材使いなど、隅々まで気を配ってくれました。木の風合いもよく、茶室だけでなく家全体が満足のいくものになりました」とうれしそうに話す。

 素材、デザイン良し
 先々まで安心できる

 Iさん夫婦の家づくりは娘さん二人の成長がきっかけだ。新居には本格的な茶室が必須だが、同時に「家族が趣味を謳歌し、人が集える家」であってほしい、つまり住まいとしてのトータルな完成度も求めていた。
 


キーワードが似ている住宅特集

  • 地産地消
  • 国産材
  • 自然素材
  • ぬくもり
  • 手づくり
住宅特集

 地産地消、風土に根ざした家づくりに取り組むアトリエ和。昔ながらのていねいな工法で、“皆で和める家”を建てたいという思いとともに、工務店が建て主とつくる家とは...

  • 南側外観
  • 開放感の増すLDK
  • 明り取りのためにつけたトップライト
  • 琉球畳ですっきりと見せる

  • 地産地消
  • OMソーラー
  • こだわり
  • 心地よい
  • デザイン
住宅特集

 リビングのベンガラの壁を背景に、のびやかにかかるクリの丸太梁。地元の桐生和紙が華やかな襖。地域の材を意匠に生かしきったMさんの住まいを訪ねた...

  • デッキがぐるりと部屋を囲むように配されている。
  • リビング・ダイニングから客間を見る。
  • 表裏に異なる和紙を張り、空間のアクセントとしている。
  • 2階のフリースペース。

  • 国産材
  • 心地よい
  • 地産地消
  • 吹き抜け
  • 家づくり
住宅特集

 Iさん夫妻が千葉県産の木材の家で暮らして、1年。「家をつくるとき、私たちが求めていたのは最新の設備ではなく、使われる素材やその背景にある物語だったのだと、改めて実感しました」...

  • ㈱グッドリビング どんぐりの家
  • ㈱グッドリビング どんぐりの家
  • ㈱グッドリビング どんぐりの家
  • ㈱グッドリビング どんぐりの家

  • 国産材
  • 自然素材
  • 地産地消
  • 菜園
  • ペレット
住宅特集

 自分たちでつくった野菜を食べ、のびのびと子どもを育てたい。環境に配慮した暮らしを心がけるAさん夫妻が選んだのは、地域工務店での家づくり。そして、電力に頼らず運転でき、地域の間伐材を燃料とするペレットストーブだった...

  • 南側外観。周囲にも畑がある。
  • リ ビング・ダイニングが見渡せ るキッチン。造り付けの収納
  • 組子細工は、横田栄一さんの手になるもの
  • 子供室や階段室にも自然素材がふんだんに使われている。

  • 自然素材
  • 土壁
  • 地産地消
  • 耐震住宅
  • 職人
住宅特集

 これまで住んでいた建物が、改修・増築によって快適な空間に生まれ変わった。住み慣れた家を生かし、土壁の良さに包まれる暮らしとは。織田信長の清洲城があったことで知られる愛知県清須市。城下町の面影を残すまち並みと...

  • 東側からの外観。
  • LDK から庭側を見る。
  • 洗面所の建具にも麻の葉の組子を入れた。
  • 2階洋室の引き戸には古建具を。

  • 無垢材
  • 国産材
  • 職人
  • 吹き抜け
  • こだわり
住宅特集

 建てるなら、地元長野の材を使って、無垢の木の家を建てたい―。35歳で家業を継ぐことになったダイコク・中澤善智社長が、家づくりに取り組むにあたって、まず考えたことだ...

  • デッキの前には庭が続く。
  • 家族室の右手はウッドデッキに、奥は土間に続いている。
  • 玄関から続く洗い出しの通り土間。
  • ご主人のバイクの整備や、釣り道具の手入れなどの場。

  • OMソーラー
  • 国産材
  • デザイン
  • 大工
  • 薪ストーブ
住宅特集

 2013年2月に竣工した 小林建設の新しいモデルハウス「コバケンLaBO」。Laboratory(実験室)の名前のとおり 太陽熱と太陽光、風、地冷熱などを生かす
パッシブデザインが、 幅広くとりいれられている...

  • ㈱小林建設
  • ㈱小林建設
  • ㈱小林建設
  • ㈱小林建設

  • 自然素材
  • 国産材
  • デザイン
  • 快適
  • 環境
住宅特集

 安心の家づくりで定評ある工務店。その実績を踏まえて取り組んだのは、世界的な建築家・F .L .ライトの「有機的建築」の理念を現代日本の生活に合わせ、かたちにした住宅だ。広がりのある空間に身を置くとゆったりした時間が流れる。

  • 外観。軒を深く出し、重心が低く大地に根ざした印象に。
  • 玄関ホール。左のカウンターの裏側にキッチンが。上/リビング。
  • デッキに突き出す半円形のダイニング。
  • 和室。客間も兼ねた多目的な空間だ。

  • 自然素材
  • 国産材
  • デザイン
  • 快適
  • 環境
住宅特集

 世界的建築家、F・L・ライトの“有機的建築”の思想は、日本の風土にも合うと考えた平尾工務店。自然を取り込む思想とデザインが、環境に落とし込まれた住まいを望む一家のための家とは...

  • ㈱平尾工務店
  • ㈱平尾工務店
  • ㈱平尾工務店
  • ㈱平尾工務店

  • 国産材
  • 木造建築
  • 職人
  • こだわり
  • 開放感
住宅特集

 1999年、コンピュータシステム設計と積算事務所の㈲AORを創業。その後、昔ながらの木の家をつくりたかった現社長が、工務店として堅木工房を創業し、木造住宅を手がけるようになりました...

  • そとん壁の外壁が青空に映えてすがすが しい。
  • 薪ストーブ。
  • 吹き抜けのリビングは明るさに満ちている。
  • 吹き抜けからリビングを見下ろす。室内を渡る梁が力強い。
 
  • 1
  • 2
  • 次のページへ