全国
脱原発のために私たちができること

「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」

 広島の原爆死没者慰霊碑に刻まれた碑文です。

 その解釈をめぐって現在も波紋を呼んでいますが、もし仮に「過ち」を、人為的な文明 の破壊や人類の破滅を意味していると広く解釈すれば、原子力発電所の存在そのものが既 に「過ち」ではないか。

 今となっては、そう思えてなりません。

 原子力発電所に頼った暮らしが、恐るべき危険性と背中合わせであること。それだけで なく、膨大な量の放射性物質を次の世代に押し付けること。

 このことに目をつむってCO2削減に寄与するクリーンエネルギーだなどという妄言に、 私たちはうなずいていたのです。

 今からでも、私たちは「過ち」を正す必要があります。

 どうすれば原発のない世界がつくれるのか。どうすれば原発に頼らずに日々を生きられ るのか。考えなければいけません。

 『チルチンびと』は、誰に気兼ねすることなく、「脱・原発」を掲げます。

 それは必ずしも、敵をつくることを意味しません。

 住まいづくりに関わる人たちを中心に、幅広い人たちから意見と知恵を集め、私たち生 活者が、いかにして日々の暮らしや住まいづくりを通して「脱・原発」に近づけるのかを 継続的に考えていこうと思います。

 皆さんの原発に対する思いから、電力に頼らない暮らしの工夫まで、どんなささいなこ とでも構いません。是非、情報を寄せてください。

 お寄せいただいた情報を「脱・原発」を発信するための糧にいたします。

Facebook twitter
73号掲載 ドイツ、スイスに学ぶ脱原発都市の実践
73号掲載 ドイツ、スイスに学ぶ脱原発都市の実践   
new
 
73号掲載 ポスト3・11時代の住まいの暮らしとエネルギーの関係
73号掲載 ポスト3・11時代の住まいの暮らしとエネルギーの関係
 
69号掲載 緑の置屋根の下省エネルギーで豊かに暮らす
69号掲載 緑の置屋根の下省エネルギーで豊かに暮らす
 
72号掲載 人を生かし風土を生かす家づくり 福島編
72号掲載 人を生かし風土を生かす家づくり 福島編
 
69号掲載 パッシブでアクティブな暮らし
69号掲載 パッシブでアクティブな暮らし
 
69号掲載 備えある住まいづくりチャート
69号掲載 備えある住まいづくりチャート
 
69号掲載 いますぐ始めよう、暮らしの省エネ・節電術
69号掲載 いますぐ始めよう、暮らしの省エネ・節電術
 
69号掲載 脱原発自然エネルギー時代の家づくり
69号掲載 脱原発自然エネルギー時代の家づくり