全国
  • 全国
  • 建築家に聞く
  • 庭について

 建築家に聞くFAQ

家づくりの中で、庭や外構をどのように考えたらよいでしょうか。
田中 敏溥
田中 敏溥

家づくりには庭がとても大切です。「庭、外構を整えることで、その家が2倍よく見える」と言われます。とくに、カーポートや車寄せは街の環境に大きく作用しますので、家と一体のものだと考えて予算組みをして設計すべきだと思います。植栽計画は予算に合わせ、年月をかけてつくり上げてよいと考えています。


隣地境界をどのように考えたら良いでしょうか。
田中 敏溥
田中 敏溥

仕切り方はお隣と協議して決めることになります。境界をどのように整えられるかは、お隣との人間関係と街の景観環境に大きく影響しますので、大切に考えたいと思います。住む人の品位が問われる場所だと言う認識を持って、相互にやさしい関係が生まれるようにつくりたいと思います。


どのような植栽をしたら良いか。
加藤 武志
加藤 武志

常緑樹中心のただ眺めるだめの庭ではなく、雑木を中心とした自然味のある庭にしたい。「雑木の庭」にすることで、葉の色や花で四季の変化を知り、家に対して日当たりや風の流れをコントロールして住まいの気候改善にも役立つ。


外構まで設計していただけるのでしょうか。
松本 直子
松本 直子

外構は、設計の重要な部分の一つでもあります。私どもは住宅単体を考えるのではなく、敷地全体をデザインしています。住まいと外構が一体化して初めて、佇まいとしても美しい、統一感のある一軒の住まいが完成するものと考えています。


庭の樹木など相談にのってもらえるのえしょうか。
松本 直子
松本 直子

外構と同様、最初のプランニングの段階から樹木のイメージまで含めて設計をしている、ということはよくあることです。樹木にも植える場所によって向き不向きがあり、また一方で建て主さんの好み、そして住まいの雰囲気に合った樹種や樹形などがあります。住まいとともに長く付き合っていく樹木ですので、ぜひこだわって選定したいと思います。