雑誌「チルチンびと」78号掲載 愛知県 ㈱エコ建築考房

風と光と炎のある切妻屋根の家

 自然素材を使って、なおかつデザインもいい家を求めた一家がパートナーに選んだのはエコ建築考房。細長い敷地でも快適に暮らせるよう工夫された家とは。  名古屋から電車で30分、畑がところどころに残るのどかな住宅街に奥村邸は建っている。    奥行きのある細長い敷地に建つ家は、白い外壁に、緩い傾斜の切妻屋根が流れる端正な佇まい。赤い愛車が停まるガレージの奥のデッキから、子どもたちが元気いっぱいに出迎えてくれた。三和土のアプローチを通り、玄関へ。入った右手には、明るい日差しが入るひろびろとしたLDK。屋根の形状が現しの、傾斜のある天井が空間に広がりを与えている。    それまでは賃貸のマンションに住んでいた奥村さん一家。しかし、夫妻ともに木造の一軒家で育ったこともあり、いつかは家を建てたいと考えていた。住宅展示場を訪れてはみたものの、新素材の家は、素材感がマンションと大差ないことや、なにより接着剤のにおいなどが気になった。    そんな時、地元の雑誌でエコ建築考房を知り、見学会に参加。ご主人は、自分なりに本を読むなどして住宅の構造や素材について勉強してから行ったという。「話を聞いて、長く暮らす家だから空気もよく、構造的にも長持ちする木の家がいいと確信しました。デザインも木と白い壁のバランスがよくて気に入りました」。  風も光も取り入れた  心地いい住まい  創業16年目の同社は、自然素材を使った健康的な家づくりに取り組む工務店。地域材の長良杉、東濃の檜、天竜杉などを大工が自社工場で加工する。設計者も勉強熱心で、「素材はもとより設計もよいものを」と『チルチンびと「地域主義工務店」の会』が主催する設計塾にも毎回参加。「きれいで心地いい空間のつくり方などを、現役で活躍する建築家が教えてくれる。参加してから設計の意識も高くなりました」と設計を担当した同社の鈴木雅文さんは話す。    その後見つけた土地は細長く、家が建てられるか不安に思ったご主人は、鈴木さんに相談。「親身に応えてくれた鈴木さんの人柄も、お願いしようと決めた理由です」と話す。鈴木さんは、これまでの経験と設計塾で培った設計力で奥村さん一家の期待に応えた。    南北に細長い敷地も設計次第で住みやすくなる。まず、風通しや採光も考え、余計な間仕切りはつくらず空間をつなげることを念頭に置いた。また、隣に家が建つ可能性も考えLDKの横には小さな中庭を。隣地と距離を取ることで、狭苦しさもなく、日差しも入る。室内はすっきりとした白い大壁に繊細なラインの縦繁障子が映える和モダンの風情も。窓を引き込むと、ぐるりと巡らせた縁側のようなデッキが内と外をつなぎ、開放感が溢れる。    薪ストーブは石油を使いたくないというご主人の希望で導入。「薪ストーブ屋で炎を見て、家の中に火があるのはいいなと思いました」。今後薪をどう調達するかを思案中だという。    通勤時の道すがら現場を見るのが楽しみだったというご主人は、「竣工間もないですが、細かい要望も網羅されていて満足しています」と話す。「風通しや床材の足触りもすごく気持ちいいです。子どもたちも気に入ったのか部屋中走りまわっています」と、奥さんもにこやかに続ける。    今後は犬も飼いたいなどと、一家の夢は広がる。

ページ数:4

このコンテンツを閲覧するには、FlashPlayer9以上がインストールされている必要があります。またJavascriptを有効にする必要があります。

ページ 1 2 3 4