• カフェ
  • 雑貨
  • 民芸品・工芸品
  • 北欧
  • ギャラリー
インテリア・雑貨

コニーズアイ

 築75年の町家を改装した一軒家です。1階はエスプレッソやジェラートを中心とした「カフェ」、個性的で遊び心があるモダングッズを取り扱う「ショップ」、さらに誰でも出展できる「ボックスギャラリー」があります。

 北陸のお菓子や手作りクラフト、日本全国の工芸・民芸・アクセサリー・文具・生活雑貨・家電・家具・照明・アート作品・CD・書籍から、北欧をはじめヨーロッパ・アメリカのブランドまで、機能的にもデザイン的にも優れた幅広いジャンルの商品を1000点以上展示・販売しています。2階部分は貸しギャラリーで3週間ごとに内容が変わります。

 企画展いつでも募集中!JR金沢駅から歩いても10分ちょっと、近くには近江町市場や金沢市立玉川図書館があり、とても静かなところです。ぜひお立ち寄りください。金沢の武蔵町からアート・クラフト・デザイン情報を発信!最新情報はツイッターで!
 

コニーズアイ
〒920-0855 石川県金沢市武蔵町4-2
Tel
: 076-204-8431
Fax
: 076-204-8461
OPEN
: 11:00~18:00
CLOSE
: 月,火曜日※祝日は営業
HP
: http://www.conys-eye.org
E-Mail
: info@conys-eye.org
リンク
: facebook  -  twitter

インフォメーション

8月6日(土)~9月11日(日)   久保田毅楽「Chairs+」巨匠たちの椅子を描いた作品展
 巨匠たちがデザインした名作椅子をモチーフに描いた久保田毅楽(Kiraku Kubota)の作品「Chairs」。椅子の造形美や素材、名称などからインスピレーションを得てアクリルとペンで描いた原画の展覧会です。

 今回は、日本の巨匠がデザインした椅子や海外の有名デザイナーの斬新な椅子をモチーフにした作品約10点(新作を含む)を中心に、近年手がけている「Chairs」のシルクスクリーン版画や「手のひらから生まれるかたちシリーズ」も合わせて展示・販売します。白と黒というモダンでインパクトの強い作品から繰り出される、溢れる生命エネルギーをたくさんの人々に感じていただけたら幸いです。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また企画展の作品は開催期間以外でも取り扱っています。

 ■メッセージ
 巨匠たちがデザインした椅子をモチーフに描いた作品「CHAIRS」。1800年代から現在における建築家やデザイナーが作り上げた彫刻のような椅子の造形美からインスピレーションを得て、宇宙や自然の中に生きる様々な生命体や精霊の湧き上がる姿をそれらの椅子と融合させて描いた作品です。

  日 時:2016年8月6日(土)~9月11日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ
      コニーズアイ 2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431

 - 久保田毅楽 profile -
 1975年生まれ。大学卒業後、ゼネコンに勤務。現場監督として海や山での建設事業に携わる。2001年に退職後、愛と自然をテーマにして独学で制作を行っている。自身のペイントをnature love paintingと名付け各地でライブペイントを始め、同時に巨匠たちの椅子をテーマにした「CHAIRS」の制作も始める。また環境問題への関心から、ゴミや不要物をアート作品として再生する「RECYCL'art/リサイクラート」のコンセプトに賛同し、2005年よりRECYCL'artist としても活動している。最近は、杉山愛さんのラケット、伊達公子さん、丸山茂樹さん、宮里藍さん、三浦雄一郎さんのシューズや、エベレストで野口健さんらが回収したゴミをリサイクルした作品などを発表。
15 July 2016

7月15日(金)~7月31日(日)   柳宗理展/出西窯×高浜焼
 日本のモダンデザインを支えた工業デザイナーの柳宗理/Sori Yanagiがディレクションした人間的な心のぬくもりを感じる製品を紹介します。

 出西窯(しゅっさいがま)は、島根県簸川(ひかわ)郡にある無自性の理念のもとにできたシンプルで丈夫かつ健康的な器です。湯呑み・飯椀・角皿・丸鉢・丸皿・ぐい呑み・徳利・黒土瓶があります。一方天草高浜焼(あまくさたかはまやき)は、熊本県下で江戸時代から続く良質な天草陶石を原料とした優雅な磁器です。当時は、染付錦手焼でオランダへも輸出され、細密な山水や人物を描いたものが多く作られました。しかし明治中期に入って次第に衰えその後昭和27年に再興を企て、現代の生活様式に調和する白く、薄く、透明なが生まれました。種類は、白磁醤油差し・白磁皿・白磁湯呑・白磁土瓶があります。

 そのほか秋田木工の曲げ木の技術を使った曲木鏡/ウオールミラー、日本酒造組合中央会から依頼され制作した清酒グラス、1998年セゾン美術館で行われた展覧会のオリジナルデータを基に新しく製作したファブリック(バーコード柄)、金沢美術工芸大学の柳宗理記念デザイン研究所開設にあたりカーテンとして制作したファブリック(コノハ柄・エダ柄)、小坂刃物製作所が製作したコフ/kopfのマグネット付きロータリー缶切り、鳴子温泉の老舗高亀のためにデザインした亀車や鳩笛・人形こけし、書籍「柳宗理エッセイ」「柳宗理デザイン」「平凡社別冊太陽/柳宗理」「河出書房新社道の手帳/柳宗理」など展示・販売します。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また柳宗理がデザインした家具・調理器具・テーブルウエア・ガラス製品・カトラリーなど、企画展の開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2016年7月15日(金)~7月31日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ
      コニーズアイ 2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
25 June 2016

7月15日(金)~8月21日(日)   more trees/日本の森林から生まれるプロダクト
 「more trees/モア・トゥリーズ」は、「もっと木を」というコンセプトのもと、音楽家の坂本龍一氏の呼びかけによって設立された森林保全団体です。

 今回は、スギやヒノキなどの針葉樹を中心に、more trees の協定先の日本各地のさまざまな木材を、デザインと優れた技術によって毎日楽しく使えるプロダクツを紹介します。空気の流れを利用したふいごで時間を知らせる「鳩時計/深澤直人」、木目を活かして木肌の表情を楽しむ「ブローチ/熊谷有記」、棚田をイメージして作られた「プランター/熊谷有記」、輪切りにした丸太をそのまま生かした「年輪の置時計/角田陽太」、7本の角材を月ごとに回転して使う「万年カレンダー/清水慶太」、太陽や月や星に姿を変える風景画のような「カッティングボード/倉本仁」、地球の重力を体感できる玩具「りんごのけん玉/鈴木康広」、残像が風に揺れているよう見える「木のこま/鈴木康広」、計量器として使われてきた枡を現代風にリデザインした「はこ/井藤隆志」、美しい曲線のデザインが素晴らしいひのきの「まな板/深澤直人」、建築的な要素を取り入れたシンプルな三角形の「つみき/隈研吾」など展示・販売します。

 なお企画展での売り上げの一部は、more trees の復興支援プロジェクト『LIFE311』を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。

  日 時:2016年7月15日(金)~8月21日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ
      コニーズアイ 2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
24 June 2016

6月25日(土)~7月10日(日)   DESIGNERS CHAIR/魅力的な造形美を体感する_2
 日本をはじめ世界中には素晴らしいデザイナーズチェアがたくさんあります。今回はその中から独自な視点で選んだ椅子を15点ほどピックアップして紹介します。

 生誕100年記念事業「サイコロ椅子/岡本太郎」、にっこり笑って見える椅子「FUK/富田一彦」、3枚の成形合板を曲げた「ムライスツール/田辺麗子」、プラスチック一体成型「パントンチェア/ヴェルナー・パントン」、セントラルミュージアムのガーデン用に制作「シット・オブジェクト/リチャード・ハッテン」、優美なS字曲線を描く「Sチェア/トム・ディクソン」、犬のかたちをした子供用椅子「パピー/エーロ・アールニオ」、ロータモールディング製法「ライノ・リラックス・チェア/リチャード・ハッテン」、ダンボール製の子供用椅子とテーブル「カートンファニチャー/渡辺力」、世界初のDIYメーカー「石巻工房/芦沢啓治・トラフ建築設計・MUTE・安積朋子」、日本の美意識を提示「ネクストマルニ/植木莞爾・黒川雅之・ショーンユー・内田繁・八木保」など展示・販売します。美しく研ぎ澄まされた椅子の世界をお楽しみください。

 なお企画展での売り上げの一部は、Think the Earth「忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また企画展の商品は開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2016年6月25日(土)~7月10日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ
      コニーズアイ 2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
12 June 2016

6月25日(土)~7月10日(日)   日本の陶磁器展_2/HASAMI×ceramic japan
 日本の有名な焼き物を紹介する第2弾の企画展です。

 長崎県波佐見町から発信する波佐見焼ブランド「HASAMI」は、分業の垣根をこえ産地としての誇りを胸に、愛される”道具”としての陶磁器を作っています。一方、愛知県瀬戸市の企画デザインの販売会社「セラミックジャパン」は、外部デザイナーを起用し国内外で大きな評価を得ています。

 今回は、タイポグラフィーの魅力を発信する「ハウスインダストリーズ」の代表的なフォント「HASAMI」と「HOUSE」の"H"をあしらった食器「Morning Collection」と"0"から"9"をかたどった壁掛けの花瓶「Number Collection」、アメリカの有名人をテーマにした食器「HASAMI × 竹内俊太郎」、九谷焼窯元の上出長右衛門窯の「笛吹」と「HASAMI」がコラボして生まれたマグカップと喫煙具「HASAMI × RELAX FueFuki」、紙袋のフォルムと素材の意外性が秀逸な花器「ニュークリンクルスーパーバッグ」(MoMA選定品:小松誠)、花瓶のアウトラインだけを描いた一輪挿し「スティルグリーン(未熟)」(MoMA選定品:徳田祐子)など展示・販売します。

 なお企画展での売り上げの一部は、Think the Earth「忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また企画展の商品は開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2016年6月25日(土)~7月10日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ
      コニーズアイ 2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
08 June 2016

6月25日(土)~7月31日(日)   paperable/紙とできること。
 おめでとう!おつかれさま。いつもありがとう。ペンをとって一言を書き記す。日常の中のほんのわずかな時間だけれど、あなたのことを考える。残されたメモは、あなたを想う時間の切れ端。「paperable/ペパラブル」は、印刷会社山越とアートコミュニティKapoによる共同開発プロジェクト「YKP」から生まれました。

 産学連携プロジェクト「paperable PLANTS」から生まれた、はに紙メモブロック・はに紙フセン・グルメモ・ハーベストメモ・ワタク紙・サンクスメモをはじめ、フルーツブロック・ベジタブルブロック・アニマルボイスメモ・リーフメモなどのほか、新シリーズ「paperable Fashion」のメモブロックやメッセージカードなども加えたペパラブル全シリーズを展示・販売します。紙とペンで相手に気持ちをつたえる素敵なツール。いつもとはちょっと違うメッセージを届けてください。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。

  日 時:2016年6月25日(土)~7月31日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ
      コニーズアイ 2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
06 June 2016

6月3日(土)~6月19日(日)   第549回 かるべめぐみ絵画展「扉は開かれた。私(あなた)は、自由だ。」ーThe door was opened. I am (You are)free.ー
 私が求めているものは、人の心に直接触れる芸術です。生きていくうえでの、たくさんの疑問。愛とは何だろう、幸せとはどんなものなのだろう、正しさとは、美しさとは、強さとは、弱さとは…?そんな事を知りたくて、私は絵を描きます。でも、いつも答えにはたどりつけません。ただ、その過程として絵は完成します。それは、とてもうれしいことです。ここ1年くらいの間に描いた絵画を展示・販売します。どうぞ私の絵を体感しに来てくださいませ!お待ちしております。なおコニーズアイでは、企画展での売り上げの一部を「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。

  日 時:2016年6月3日(土)~6月19日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ
      コニーズアイ 2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431

 - かるべめぐみ profile –
 1997年金沢美術工芸大学美術科油画を卒業後、マイペースで絵画の制作をしています。個展・グループ展での作品発表、チラシ・ポスター・CDジャケット・絵本などのイラスト担当。そのほか、子ども達とのワークショップも行なっています。また美術だけでなく、歌や演劇での表現もします。金沢の劇団「激団トラベルボンバーズ」には役者として在籍。出版は、考える絵本2「死」(谷川俊太郎/文)大月書店。2010年より、月刊保育雑誌「ちいさいなかま」の”とびら詩”のイラスト担当。
18 May 2016

6月3日(土)~6月19日(日)   MADE IN TOHOKU JAPAN +/ブレスレットで世界をつなぐ_2
 東北産商品を世界へ!「MADE IN TOHOKU JAPAN +」は、復興地=東北に『仕事』と『つながり』を創るプロジェクトです。

 ファッションを活かして何かできないか。宮城文化服装専門学校・LITAMUSCA・PROJECT ONEのコラボレーションにより生まれたブレスレットを紹介します。素材は沿岸部縁の大漁旗・漁網糸を使用し、天然素材のレッドコ-ラル(赤い珊瑚)を取り付けました。

 製作は被災地=復興地の人たち、生産・素材・デザインすべてが東北産です。また合金のプレートには、[ Made In TOHOKU JAPAN + ]と刻印してあります。ブレスレットには作り手の手書きメッセージが添えられ、代金の一部が、購入者=支援者から作り手=復興者へ贈られ、そこに具体的なつながりが生まれます。さらに、ファッションデザイナーの森下公則・日高久代、建築家の谷尻誠・永山祐子、アートディレクター/アーティストの川上俊・えぐちりか、以上6人のクリエータがデザインしたブレスレットをはじめ、PROJECT ONEがデザインした国旗シリーズも展示・販売します。

 私たちひとり一人が、具体的な支援を継続的に行えたら、とても大きな力になります。なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。またブレスレットは、企画展の開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2016年6月3日(土)~6月19日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日(祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ
      コニーズアイ 2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
17 May 2016

6月3日(土)~6月19日(日)   松徳硝子/職人による手仕事にこだわる_2
 松徳硝子(しょうとく)は、1922年(大正11年)村松庄太郎により電球用ガラスの生産工場として創業しました。しかし時代の変化により機械による製造に代わりましたが、引き続き職人による手仕事にこだわり、数千種類もの手作りガラス器を製造してきました。

 今回は「うすはりグラスシリーズ」で有名な松徳硝子の製品を紹介します。数多くのテレビCMに使われた「うすはりタンブラー」、ロックグラスとして広く知られている「うすはりオールド」、鼓をモチーフに流れるような曲線が美しい「うすはりビールグラス/ピルスナー」、香りが飛びすぎないように計算された「うすはり大吟醸」、日本の食卓や和の膳に合うように作られた「うすはり葡萄酒器」、日本酒好きな方への贈り物に最適な「うすはり酒器揃」をはじめ、江戸切子職人の堀口徹(堀口切子)とコラボした珠玉の酒器「回 -KAI-」と日本のロックグラス「ROOK」、怪異本所七不思議を題材にお化け好きアーティストとコラボした酒器「怪談ぐい呑み」、GRAPH北川一成パッケージデザイン・江戸切子伝統工芸士(瀧澤硝子工芸)による一点一点手仕事で作り上げた至極のグラス「Malt Shot Glass」、日本酒を引き立たせる酒器SHUKI「Choko・Tokkuri」、伝統工芸山中漆器の喜八工房とコラボした「冷茶器/Million」彫り込まれた型で吹きあげたモダンな造形のグラス「STium/Heavy」、サラダボウルや冷麺鉢にピッタリな器「8 -hachi- 格子」など、すべて展示・販売します。

 ぜひこの機会にご覧ください。なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また松徳硝子の製品は、企画展の開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2016年6月3日(土)~6月19日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ
      コニーズアイ 2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
14 May 2016

5月14日(土)~5月29日(日)   日本の郷土玩具と民芸品/本当にいいものを見つけよう!
 日本の郷土玩具や民芸品とひとくちにいっても、本当にいいものを集めるにはどうしたらいいの?まずはいいものを見分ける目を養うことが大切です。そのためには、いいものをたくさん見ることがいちばんです。ということで今回は、日本の郷土玩具や民芸品ばかりを集めた企画展です。

 朝日焼の獅子舞、松崎人形の招き猫/福助、柿沼人形の番犬/福鳩、五箇山和紙の武将面、高崎だるまの富士山だるま/桜咲くだるま/招き猫だるま/干支だるま、木地玩具蔦屋の富士山こま/富士山けん玉、卯三郎こけしのこけし飾り、越谷張子の鹿張子飾り、加賀人形の張子飾り、春日部張子の張子飾り、沖縄玩具の琉球張子飾り、日本最古の三大駒のひとつの八幡馬、わら細工のたくぼの注連縄、東北の郷土玩具の3つのおきあがり小法師、老舗高亀の亀車/鳩笛/人形こけし、そのほか日本全国郷土玩具かるた・日本一かるた・日本全国まめ郷土玩具蒐集なども展示・販売します。

 なお企画展での売り上げの一部は、Think the Earth「忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また企画展の商品は開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2016年5月14日(土)~5月29日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日(祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ 2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
27 April 2016