石川県
  • カフェ
  • 雑貨
  • 民芸品・工芸品
  • 北欧
  • ギャラリー
インテリア・雑貨

コニーズアイ

 築75年の町家を改装した一軒家です。1階はエスプレッソやジェラートを中心とした「カフェ」、個性的で遊び心があるモダングッズを取り扱う「ショップ」、さらに誰でも出展できる「ボックスギャラリー」があります。

 北陸のお菓子や手作りクラフト、日本全国の工芸・民芸・アクセサリー・文具・生活雑貨・家電・家具・照明・アート作品・CD・書籍から、北欧をはじめヨーロッパ・アメリカのブランドまで、機能的にもデザイン的にも優れた幅広いジャンルの商品を1000点以上展示・販売しています。2階部分は貸しギャラリーで3週間ごとに内容が変わります。

 企画展いつでも募集中!JR金沢駅から歩いても10分ちょっと、近くには近江町市場や金沢市立玉川図書館があり、とても静かなところです。ぜひお立ち寄りください。金沢の武蔵町からアート・クラフト・デザイン情報を発信!最新情報はツイッターで!
 

コニーズアイ
〒920-0855 石川県金沢市武蔵町4-2
Tel
: 076-204-8431
Fax
: 076-204-8461
OPEN
: 11:00~18:00
CLOSE
: 月,火曜日※祝日は営業
HP
: http://conys-eye.org/
E-Mail
: info@conys-eye.org
リンク
: facebook  -  twitter

インフォメーション

8月5日(土)~8月20日(日)   UNIQUE PRODUCT/不思議なグッズを探そう!
 五感や創造性を刺激し、生活空間が楽しくなる。今回は、デザイン・工芸・アートのコレクションの中から不思議なプロダクトを集めて展示・販売します。

 天候予測器ストームグラス、広げても元に戻る布クリーナー、立体的な世界が出現するコマ、小さいけれど1オクターブの音が出るハーモニカ、使い捨て紙コップを握りつぶしたカップ、逆さに吊るすことが出来るプランター、屋外ポスターを利用したペーパーファイル、小さく巻いたリボンのカードスタンド、位置情報を視覚化したカードスタンド、紙塑民芸品の戦国武将面、日が昇る目出たい富士山けん玉、120以上のパーツを組み立てたマネキン、絵皿に白いレースをプリントした大皿、古き良き文化を継承した薄型民芸品、千代紙を使って制作した折り紙ピアス、小宇宙のような持ち歩けるキャンバス食扇、著名人が記されているバースデーカレンダー、葉っぱの形をしたマグネット、江戸前寿司をいつも持ち歩けるキーホルダー、ゴミをアート作品にしたリサイクラートなど、ぜひこの機会にお待ちしています。

 なお企画展での売り上げの一部は、Think the Earth「忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また企画展の商品は開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2017年8月5日(土)~8月20日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
18 July 2017

8月5日(土)~8月20日(日)   美しいテーブルウエア展/食卓こそが我が家の中心
 コンセプトは「食卓こそが我が家の中心」、今回は感性豊かな潤いのある生活の楽しみ方を提案するテーブルウエアを紹介します。

 オリジナリティーを大切にしながら時代を超えてスタンダードであり続ける器づくりを目指している「白山陶器」の平茶わん・G型しょうゆさし・錆千筋の急須と煎茶碗・とり型はしおき・花器をはじめ、老舗洋食器メーカー「ノリタケ」のタルトプレート・菱形プレート(フランク・ロイド・ライト)ボウル・サービングプランター(マーク・ニューソン)、さらに長崎県波佐見町で誕生した「HASAMI」とタイポグラフィーの魅力を発信する「HOUSE INDUSTRIES」とのコラボレーションから生まれた陶磁器「Morning Collection」からミッドセンチュリーデザインの要素も感じさせるポット・プレート・ボウル、時流に左右されることのないプロダクトを創造する「エイジデザイン」から九谷焼ヒラクルのさくら小皿・豆皿・箸置き、越前漆器を継承してきた「漆琳堂」から天然本漆を使い食洗機で洗うことができる漆椀、日本の伝統工芸の産地と協業で生まれた「amabro/アマブロ」から元禄期の伝統的な柄を復刻した豆皿などを展示・販売します。ぜひこの機会にご覧ください。

 なお企画展での売り上げの一部は、Think the Earth「忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また企画展の商品は開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2017年8月5日(土)~8月20日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
15 July 2017

7月14日(金)~7月30日(日)   お気に入りのグラス展/相性の良いものを探そう!
 グラスなんてどれもみんな同じだ!そんなことはありません。みんなで集まる楽しいテーブルに似合うグラスもあれば、一人でグラスを傾けるのにちょうどいいのもあります。起き抜けの水に、朝食のミルクに、昼のジュースに、夜の気軽なワインにと…。

 今回はいろんな用途に応えるグラスを集めました。冷茶・ビール・冷酒・焼酎・ワイン・ウイスキーなど上品に美味しく飲むことができる松徳硝子うすはりグラスを中心に、怪談ぐい呑み、江戸切子職人の酒器、伝統工芸山中漆器の冷茶器、瀧澤硝子工芸のショットグラス、ジャスパー・モリソン/葛西薫のANDO'S GLASS、奥原硝子製造所の再生ガラスのグラス、桜の花が咲くSAKURASAKUタンブラー、東屋/猿山修/晴耕社ガラス工房のコップ、日本酒造組合/柳宗理の清酒グラス、D-BROS/渡邉良重の童話をのむ方法、ハリオグラス/水野学/鈴木啓太のスタンダードなグラス、ジョエ・コロンボのグラス/スモーク、DESUS/蓮池槇郎のタンブラーなど展示・販売します。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また企画展の製品は、開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2017年7月14日(金)~7月30日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
24 June 2017

7月14日(金)~7月30日(日)   京東都×掛川織/日本の夏を楽しもう!
 約400年前、福岡県筑後地方で「い草」の栽培が始まりました。江戸時代には、染織した「い草」を紋織りしたゴザ敷きは「花茣蓙」とよばれ名産品になりました。中でも約3cmと約1cmの織り目が交互に繰り返された「掛川織」は、優雅で重厚感があり弾力性に富み、しっとりとした潤いを感じさせる最高級の肌触りをもつ逸品で、福岡県の特産工芸品に指定されています。また「い草」には、二酸化窒素ガスを吸収する浄化作用・吸湿効果・香りによる鎮静効果があります。

 今回は、福岡県筑後地方・熊本県八代地方の国産い草を100%使用し、手織りで国内生産された刺繍ブランド「京東都」のコースターとランチョンマットを展示・販売します。江戸っ子が好んだ郷土料理の江戸前寿司シリーズ、日本の夏の風物詩でもある金魚シリーズ、ぜひこの機会にご覧ください。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また企画展の製品は、開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2017年7月14日(金)~7月30日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
22 June 2017

6月24日(土)~7月30日(日)   石巻工房のファブリック/雇用創出を目的とした製品
 石巻工房は「地域のものづくりの場」として2011年に誕生しました。デザインの力でDIYの可能性を広げる「DIYメーカー」として、また地元の人々の自立運営する小さな産業として、地域を活性化する起爆剤になることを目指しています。今回は、漁港が多い被災地が再び「大漁」になるようにとの想いを込めてNPO南三陸ミシン工房の女性たちがつくった帆布のトートバッグや新商品のクッション・てぬぐい・エプロンを中心に紹介します。

 イラストレーションは「アオイ・フーバー」が描き下ろした ”ブオナペスカシリーズ(イタリア語で大漁の意味)” 、デザインは林裕輔と安西葉子によるデザインスタジオ「ドリルデザイン」が担当しました。素材は倉敷にある帆布メーカーのもので、ゴールドとシルバーの様々な種類の魚たちや南三陸でとれるタコが網にかかった様子が描かれたサカナ柄と、三陸特産のウニ・コンブ・ワカメがカラフルに描かれたウニコブワカメ柄の2種類あります。そのほか、石巻工房の家具なども合わせて展示・販売します。被災地での雇用創出を目的として生まれた製品をぜひこの機会にご覧ください。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また企画展の製品の一部は、開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2017年6月24日(土)~7月30日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
07 June 2017

6月3日(土)~7月9日(日)   MIZUBASHOU FOODS/里山で育った美味しい食べ物
 金沢市天然記念物に指定される水芭蕉群生地で知られ、石川県と富山県との県境のほど近くにある金沢市東原町(ひがしはらまち)。NPO法人「くくのち」は里山保全を目的に、竹林や耕作放棄地の整備を続けてきました。復旧させた農地を維持することは容易ではありませんでしたが、この気候と環境は、消費しきれないほどの野菜の収穫を与えてくれる場所でもありました。そこで、この素晴らしい農地から育まれた恵みを、より多くの人に知っていただき、東原町を活性化させるために「MIZUBASHOU FOODS/ミズバショウフーズ」を立ち上げました。

 今回は、里山で育った素材で本格的料理が楽しめるナチュールフードを販売します。意外とスパイシーで大人好みのヘルシーな「ほうれん草カレー」、椎茸嫌いでも食べられるユニークな逸品「しいたけカレー」、しっかりとしたコクで一度食べたら忘れられない美味しさ「かぼちゃクリームスープ」、栄養素がたっぷり入った「ほうれん草クリームスープ」、収穫時期や季節によって様々な果物や野菜を入れた「ジェラート」、果肉がたっぷりの贅沢な味わい「キウイジャム」、新生姜の爽やかな香り漂うスパイスのきいた仕上がり「しょうがシロップ」、能登の塩やいしるを使用しサラダ・肉・魚など何にでも合う「たまねぎドレッシング」、ホタルの住む清らかな冷たい水・粘土質の土・昼夜の温度差が大きい中山間地域が育んだ美味しいお米「東原米」(コシヒカリ)など、ぜひこの機会にお待ちしています。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また企画展の一部の食品は、開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2017年6月3日(土)~7月9日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
16 May 2017

6月3日(土)~7月9日(日)   オールプラスチックの傘/消費構造を変える!
 1991年に創業し、傘の消費構造を変えるべく活動している株式会社サエラは、簡単に使い捨てられてしまうビニール傘とは似て非なる、壊れにくく、錆びない、そしてリサイクル可能な、金属を一切使わないオールプラスチックの新しい傘「+TIC」を開発いたしました。

 「+TIC」は、プロダクトデザインに柴田文江氏、ブランディングデザインに西澤明洋氏を起用し、オールプラスチックならではのカタチの一体感を大切にして、風速115kmに耐えられる丈夫さと、丸ごとリサイクルできる環境への配慮を兼ね備えた、これまでのビニール傘にとってかわる全く新しい傘です。一日約14万本が廃棄され使い捨てが当たり前となっている傘の消費構造を変えるべく、大きな一歩を踏み出しました。

 今回は、通常の透明カラーではなく、細かいボーダーの密集で表現することにより色の重なりや透明感が楽しめる独自のカラー5色に加えて、青と灰色の幅広ボーダー、黄と紫が交差したタータンチェック、橙と灰色の大きいドット柄、青みがかった灰色と白の雲迷彩、赤と青の細い線が交差したグラフチェックを中心に、デュポン社製テフロン加工により撥水性に優れUV加工が施されているで日傘としても使える折りたたみ傘やビビットなドットがかわいらしい子供用傘などを展示・販売します。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また企画展の製品は、開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2017年6月3日(土)~7月9日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
14 May 2017

5月12日(金)~6月18日(日)   WASAR/こころを潤す紙の器_2
 1枚の皿を手に取る。そのフォルム、質感、使いやすさに、ふと気持ちがときめく。みんなの顔に、自然と微笑みが浮かぶ。「WASARA/ワサラ」はそんな紙の器です。

 フォーマルなものや友人家族とのホームパーティで、この流麗なフォルムは、料理の繊細さを際立たせ、器を手にする人々の所作さえ美しく見せてくれます。素材には、葦や竹・バガスを原料とした環境に優しいパルプを使いました。また竹製カトラリーは自然の竹を採用し、防カビ剤や漂白剤も一切使っていません。角皿、丸皿、ボウル、コンポート、タンブラー、ワインカップ、コーヒーカップ、猪口、フォーク、ナイフ、スプーンなどすべて展示・販売します。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。また企画展の製品は、開催期間以外でも取り扱っています。

  日 時:2017年5月12日(金)~6月18日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
24 April 2017

5月12日(金)~5月28日(日)   ビーズと刺繍のアクセサリー展/自然の美しさをまとう
 わたしの手から生まれる、数々のアクセサリーたち。今回、初めての企画展では、「自然」をテーマにビーズと刺繍で制作しています。

 紅くほころぶつぼみ、健気に咲くお花、キラリと輝く雫、繊細な結晶...わたしを包む美しくも壮大な自然を、手のひらにのる小さな世界で表現しました。風に揺れるような葉っぱのイヤリングをはじめ、お花をイメージした色とりどりの髪飾りや、お着物スタイルのポイントになる小さなてんとう虫の帯留めなど。毎日のおしゃれが少し楽しみになるような普段使いのものから、ちょっとしたお出かけ用に、またとびきり大切な日に合わせたい特別なものまで、幅広くご用意しています。手仕事ならではの、あたたかみのあるアクセサリーは1点ずつ、心を込めて丁寧に制作しています。

 会期中は個性豊かな、愛らしいアクセサリーを展示、販売いたします。お気に入りの1点が見つかりますように。ぜひ、お気軽に遊びにいらしてください。

  日 時:2017年5月12日(金)~5月28日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
22 April 2017

4月22日(土)~5月28日(日)   ONE STROKE/駒形克己の絵本展_2
 グラフィックデザイナー駒形克己が制作した絵本の数々が、「ワンストローク/ONE STROKE」より多数出版されています。またフランスの有力紙ル・モンドに『世代を超えるコマガタ』と評され国内外で親しまれています。

 今回のポップアップストアでは、新刊のピクトグラムをカードとして制作した絵本「行ったり来たり」、色をなくしてしまったゾウが自然への畏敬の想いを込めた一冊「日がのぼるとき」(ボローニャ国際児童図書展受賞)、一隅を照らすという最澄の言葉から触発され制作を試みた本「一隅」をはじめ、木が現れ季節とともに姿を変えていくポップアップ絵本「Little tree」(ボローニャ国際児童図書展受賞)、子どもの成長にあわせつくり続けた本「LITTLE EYES」、紙の風合いを活かしながら手作業でひとつひとつ制作した作品「POP SCOPE/ポップスコープ」、風にゆれる姿が愛らしい鳥のモビール「MOBILE BIRDS」のほか、外国の力強く潔い作品など、子どもたちだけではなく大人も惹きつける創作絵本を中心に展示・販売します。

 なお企画展での売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。

  日 時:2017年4月22日(土)~5月28日(日) 11:00~18:00
      ※定休日 月・火曜日
      (祝祭日は営業)
  場 所:ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
      2階ギャラリー
      石川県金沢市武蔵町4-2
  TEL:076-204-8431
11 April 2017
 

COLUMN

  • 映画にテレビに本にイベントに……  いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
    映画にテレビに本にイベントに…… いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
  • マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
    マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
  • JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
    JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
  • 山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
    山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
  • 初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
    初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
  • まちのみんなが撮る・描く・書く
長崎は今日も”イベント”日和
    まちのみんなが撮る・描く・書く 長崎は今日も”イベント”日和
  • 長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
    長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
  • 関西から福井へ来た。なれぬ環境であぷあぷしているときに、越前和紙に出会い、粘土を思い出し、猫と出会った。猫をこさえ始めたら、他のイキモノたちが「私もこさえてよ」と言った。
    関西から福井へ来た。なれぬ環境であぷあぷしているときに、越前和紙に出会い、粘土を思い出し、猫と出会った。猫をこさえ始めたら、他のイキモノたちが「私もこさえてよ」と言った。
  • 木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
    木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
  • わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
    わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
  • 左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
    左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
  • 2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
    2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
  • 草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
    草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
  • いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
    いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
  • 私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
    私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
  • 「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
    「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
  • 竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
    竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
  • 住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
    住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
  • 埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
    埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
  • 伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
    伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
  • 採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
    採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
  • 俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
    俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
  • 85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
    85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
  • 北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
    北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
  • 香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
    香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
  • 北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
    北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
  • オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
    オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
  • 人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
    人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
  • 海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
    海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
  • 中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
    中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
  • お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
    お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
  • 朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
    朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
  • 漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
    漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
  • 店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
    店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
  • 何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
    何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
  • 「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
    「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
  • 岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。
    岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。

おすすめ