東京都
  • ギャラリー
  • アート
  • 本
  • デザイン
  • 蔵
ギャラリー・工房

circle gallery&books

 circle gallery & booksは旧い蔵を改装し、1Fが書店、2Fがギャラリーとなっています。

 場所は東京、国立市の谷保にある「やぼろじ」というスペースの一角です。2Fギャラリーでは毎月異なる企画展やワークショップを。1F書店ではアートブックや写真集、ZINE、リトルプレスなど、 新書や古書、国内外を問わずセレクト。また書籍の他に、グラスや木皿などの作家作品も扱っています。

 畑や田んぼに囲まれた、生活が真ん中にある谷保という場所で、デザインやアートを身近に感じてもらえればと思います。
 

circle gallery&books
〒186-0003 東京都国立市谷保5119 やぼろじ内
Tel
: 042-505-8019
Fax
: 042-505-8019
OPEN
: 12:00~19:00
CLOSE
: 火,水,木曜日
HP
: http://circle-d.me/gallery/
リンク
: facebook

インフォメーション

9月8日(金)~9月24日(日)   佐藤拓真 「WYSASSS」
 美術家の佐藤拓真は、初の個展となる「WYSASSS」を、9月8日(金)から東京・谷保のcircle [gallery & books]にて開催いたします。

 佐藤拓真は、1989年宮城県生まれ。大学で建築を学び、修士課程で美術研究を行った佐藤は、ものと行為の関係を介しながら、「作品」と「場所」の概念的な置き換え、交換、横滑りを主題に制作を行っています。

 本展示「WYSASSS」は、近代建築の解釈をモデル化した《WYSASSS》と、建築家ル・コルビュジェ設計の「サヴォワ邸」に関する記述で構成された《WYSCSC》とが併置されます。

 2つの作品に共通するのは、建築を建築そのものではない方法で提示しようとする行為であり、それによりもたらされる不確定で経験不能な「スケール感」と言えるでしょう。

 スケールとノンスケールの間を行き来する横滑りされた「建築」を通じ、作品と場所の関係を拡張しようとする佐藤の個展を、この機会に是非ご覧ください。

 展示に際し、同タイトルの作品集『WYSASSS』(DOOKS、1,800円+税)を出版。ギャラリー1Fの書店を中心に、都内書店で販売予定です。

  日 時:2017年9月8日(金)~9月24日(日)
      12:00~19:00
      ※休み 火・水・木曜日
  場 所:circle gallery&books
      東京都国立市谷保5119
      やぼろじ内

 - 佐藤拓真 Takuma Sato profile –

 1989年 宮城県生まれ
 2011年 東京理科大学工学部建築学科 卒業
 2013年 横浜国立大学都市イノベーション学府 修了

 主な展示
 2013年《あなたは山と山を交換するための旅にでる》修了作品展
 2011年《light camp》野外パフォーマンス

 主な論文
 2013年『ここ/そこ/どこか――もの派以降の芸術における場』修士論文
05 September 2017

4月14日(金)~5月1日(月)   中野由紀子「昔の日記、通勤と散歩」
 日々の生活の中、印象に残ったものや風景を、記憶を辿りながら絵を描く中野由紀子。

 通勤電車の窓の外の風景や、散歩中に気になったかたちの木や空き地、昔の日記を読み返して思い出し、それらを自分の中の心象風景として画面に現しています。

 浮遊感やゆるやかな空気を感じる作品に会いに、春のやぼろじへおこしください。

  日 時:2017年4月14日(金)~5月1日(月) 12:00~19:00
      ※休み 火・水・木曜日
      ※作家在廊日
       4/14(金)・5/1(月)
  場 所:circle gallery&books
      東京都国立市谷保5119 やぼろじ内

 - 中野由紀子 profile -

 多摩美術大学美術研究科絵画専攻油画研究領域 修了

 〈個展〉
 2016 藍画廊 「-かわる景色-」
 2015 藍画廊 「中野由紀子 展」

 〈入選〉
 2017 第35回 三菱商事アート・ゲート・プログラム
 2016 第31回 ホルベイン・スカラシップ奨学生
     TURNER ACRYL GOUACHE BIENNALE 2016(佳作)
     トーキョーワンダーウォール 2016
     第33・34回 三菱商事アート・ゲート・プログラム
 2015 トーキョーワンダーシード 2015
 2014 トーキョーワンダーシード 2014
28 March 2017

3月10日(金)~3月27日(月)   こなたかなた 並木夏海
  日 時:2017年3月10日(金)~3月27日(月) 12:00~19:00
      ※休み 火・水・木曜日
      ※作家在廊日
       3/12(日)・3/19(日)
       3/20(月・祝)・3/26(日)
  場 所:circle gallery&books
      東京都国立市谷保5119 やぼろじ内

 - 並木夏海 profile -

 多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻卒業

 個展
 「きみはありしか」 pocke (2016)

 グループ展
 「Dojima River Awards」堂島リバーフォーラム(2016)
 「EXIST Vol.6」JINEN GALLERY(2016)
 「KITAJIMA/KOHSUKE#13」カタ/コンベ(2016)
 「EXIST Vol.5」JINEN GALLERY(2015)
 「anywhere but here」フリュウギャラリー(2015)
 「色さざれ」多摩美術大学日本画専攻 卒業制作有志展(2014)
 「雨を食べ 星を生む」三人展(2014)
20 February 2017

12月2日(金)~12月19日(月)   工房イサド「木のかたち」
 新材や古材や端材など、あらゆる木材を使い作品をつくる工房イサド。本展示では、古材を使ったスツールやフレーム、新しい材から削り出したものなど、材料そのものが持つ魅力から生みだされた、野趣あふれたものを中心に、様々な作品が並びます。

  日 時:2016年12月2日(金)~12月19日(月) 12:00~19:00
      ※休み 火・水・木曜日
      ※作家在廊日 12/2(金)・12/3(土)
  場 所:circle gallery&books
      東京都国立市谷保5119 やぼろじ内
  Photo:yuricamera

 【近隣店舗のご案内】
 どちらも徒歩5分程度です。ぜひ合わせてお廻りください。

 ■musubi

 ますみえりこ 横畠梨絵 二人展 「草から生まれる仕事」

  日 時:2016年12月2日(金)~12月10日(土) 12:00~18:00
      ※会期中休み 12/5(月)

 ■ラマパコス

 高知/長野大輔 器展「半農半陶の暮らし」

  日 時:2016年12月9日(金)~12月11日(日) 12:00~18:00
      2016年12月16日(金)~12月18日(日) 12:00~18:00

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
14 November 2016

11月3日(木・祝)~11月21日(月)   Awabi ware 受け継ぐ器
 淡路島で作品をつくる、Awabi wareの岡本純一さん。

 「受け継ぐ器」をテーマに、江戸後期から明治期に栄えた珉平焼(淡路焼)の制作スタイルに学びながら、生活道具としての器をつくっています。

 これからの時期にぴったりなココット(土鍋)や、色とりどりの美しい定番の器が並びます。

 -----
 Awabi ware 受け継ぐ器

 いまから少し先、子供たちが大人になった時の食卓を想像します。それは、長く使ってもらえる器を作りたいと思うからです。

 どこかの時代の温かい食卓に、あわびウェアが使われているとすれば、それはとても素敵なことです。

 岡本純一
 -----
  
  日 時:2016年11月3日(木・祝)~11月21日(月) 12:00~19:00
      ※休み 火・水・木曜日
       11/3(木・祝)は営業いたします。
      ※作家在廊日 11/3(木・祝)
  場 所:circle gallery&books
      東京都国立市谷保5119 やぼろじ内
  Photo:yuricamera
18 October 2016

10月14日(金)~10月31日(月)   吉原航平「俗の術」
 いま、日本列島と呼ばれるこの地で、古くからそれぞれの風土の中、市井の人々の眼と手が獲得していた、粗野で暗く生臭い、独特の信仰の造形言語。そこへ耳を澄ましながら、土地で生き、何か託し、死ぬ。という根源的営みへの回路を、またこの眼と手に探ります。

  日 時:2016年10月14日(金)~10月31日(月) 12:00~19:00
      ※休み 火・水・木曜日
      ※会期中の土・日曜日は作家が在廊しております。
  場 所:circle gallery&books
      東京都国立市谷保5119 やぼろじ内

 ■トークイベント 「かたちの採掘」
 言葉や文字など、原理的なテーマを併行させ様々な手法や媒体で視覚表現を展開している大原大次郎さんをお招きし、「造形と図像」、「具象と抽象」、「素材と方法」等、日々の制作を手掛かりに、人が持つイメージと造形活動の根幹へと話を巡らせます。

  日 時:2016年10月22日(土) 19:00~20:30
  参加費:1,000円(1ドリンク、お菓子付)
  定 員:20名 ※予約優先
  ゲスト:大原大次郎

 - YOSHIHARA Kohei profile -

 1985年神奈川県生まれ。画家。

 個展
 -2010年 「図鑑」
 Central East Tokyo 2010(馬喰町)
 -2013年 「群像」
 island MEDIUM(外神田)
 -2015年 「土祠」
 TRANS ARTS TOKYO 2015(神田)
04 October 2016

9月9日(金)~9月26日(月)   寺島由里佳 「きょうも、どうぶつえん」
 動物園に通い始めて約9年。上野動物園のホッキョクグマのユキオくんに出会ってから、仕事の合間に通い続け、夢は全国・世界の動物園に行くこと。日本国内だけで廻った動物園は40カ所。全国制覇までの道は続く…。

 そんな日々撮り続けた写真の中から、何気ない表情や、決定的瞬間など、過去の作品と合わせてお気に入りを展示します。

 全国の動物たちにぜひ会いにご来園お待ちしています。

  日 時:2016年9月9日(金)~9月26日(月) 12:00~19:00
      ※休み 火・水・木曜日
       9/22(木・祝)は営業いたします。
      ※作家在廊日
       9/19(月・祝)・9/22(木・祝)・9/24(土)
       その他の在廊日についてはギャラリーブログをご覧ください。
  場 所:circle gallery&books
      東京都国立市谷保5119 やぼろじ内

 ■写真教室 / 井の頭自然文化園に行こう!(初心者向け)

  日 時:2016年9月25日(日) 10:00~11:30
      ※雨天中止(前日に最終連絡をいたします)
  集合場所:井の頭自然文化園 入り口(正門)
  持ち物:一眼レフ or ミラーレスカメラ
      ※使い方に自信のない方は取り扱い説明書もご持参ください。
  定 員:10名
  参加費:1,500円 ※入園料は別途必要となります。

 ■どうぶつミニクイズを開催!
 作家在廊日のみ、簡単などうぶつクイズを随時開催します。参加者の中から抽選で動物園のチケットをプレゼント! お気軽にご参加ください!

 ■本展示に合わせ、これまでの動物園で撮影した写真集を会場にて先行販売します(300部限定)!かわいらしい動物写真だけで終わらずに、これを機会にいまの「動物園」について、知るきっかけになることを願います。ぜひお手に取ってご覧ください。

  『きょうも、どうぶつえん』
  発 売:2016年9月9日
  価 格:2,000円(税別)
  A5版 カラー40ページ(初版限定300部)
  デザイン:丸山晶崇(circle-d)
  寄 稿:小菅正夫(札幌市円山動物園参与・前旭山動物園園長)
  発 行:circle [gallery & books]
  問合せ:[E-Mail]shop@circle-d.me

 - Photographer yuricamera / 寺島由里佳 profile-
 ポートレイトを中心に、広告雑誌媒体などで活動中。ライフワークで動物園にいる動物たちを撮り続け、全国・世界の動物園を巡るのが夢。ポストカード、iPhoneケースなど企業とのコラボグッズ開発の他、立教大学や「カメラの学校」の講師、企業・行政とのイベント企画なども行う。
08 September 2016

6月17日(金)~7月4日(月)   たつみなつこ と 森野美紗子 の ひとやすみ展2
 あくせくする毎日にひとやすみする時間をつくりたい。そんな思いで2009年に開催した「ひとやすみ展」。そこで作った絵や雑貨が多くの人に愛されるようになった。いつかまた2をやろう、その思いがついに、今年、circleにて実現することとなりました。またあらたな一歩となるように、新しい試みをします。友だちの家に遊びに来る気分で、ひとやすみしにいらしてください。

 6月19日・25日・7月3日はことばのしおり交換をします。ひとやすみ展2オリジナルのしおりにお好きなことばを書いていただき、そのことばのしおりと、他の方のことばのしおりとを交換します。どんなことばが出てくるか、お楽しみに。森野さんかたつみさんのことばのしおりが当たることも!(参加費100円 / なくなり次第終了です)

  日 時:2016年6月17日(金)~7月4日(月) 12:00~19:00
      ※作家在廊日
       6/19(日)・6/25(土)・7/3(日)
  場 所:circle gallery&books
      東京都国立市谷保5119 やぼろじ内

 - 出展作家 -
 たつみなつこ / 森野美紗子

 ■LIVE サボテン高水春菜

  日 時:2016年6月19日(日)17:30~18:30
  参加費:1,500円(ひとやすみポストカードとお茶付き)
  定 員:20名(予約優先)

 ※ご予約はメールにて承ります。件名を「LIVEサボテン参加希望」とし、本文にお名前・電話番号・人数をご記入の上、shop@circle-d.meまでお送りください。参加者には折り返し詳細をメールいたします。
31 May 2016

4月1日(金)~4月18日(月)   福嶋幸平 盆景
 私の生まれ育った東京都国立市は、近代日本における学園都市の代表的な街であり、箱根土地(現・プリンスホテル)の都市計画により昭和初期に開発された。放射状に伸びた3本の道を軸として格子状に区分けされた町並みは、欧州の都市を元に設計され、その美しい景観は市民の誇りを育ててきました。中でも代表的な「大学通り」は桜や銀杏の緑地帯が広がり、その景観に対し都市景観形成条例が指定されるなど様々な運動を経て今に至る。其の様にして人々の手によって造られてきた国立の風景はまるで「盆景」の様であり、それらは自然を超えて私を惹き付けるのです。

  日 時:2016年4月1日(金)~4月18日(月) 12:00~19:00
      ※休み 火・水・木曜日
      ※作家在廊日
       4/1(金)~4/3(日)・4/9(土)・4/10(日)
       4/16(土)~4/18(月)
  場 所:circle gallery&books 東京都国立市谷保5119 やぼろじ内

 - Fukushima Kohei profile -
 1989年東京都国立市生まれ。2012年横浜美術大学卒業。日常を超越した存在を探求し、写真のみならず様々なカルチャーやメディアを通じて視覚的に具現化させる作品を制作。

 ■クロストーク 福嶋幸平×管 啓次郎(詩人・比較文学者)

  日 時:4月10日[日]19:00~20:30
  参加費:1,300円(1ドリンク付き)
  定 員:20名(予約優先)

 ※ご予約はメールにて承ります。件名を「盆景トーク参加希望」とし、本文にお名前・電話番号・人数をご記入の上、shop@circle-d.meまでお送りください。参加者には折り返し詳細をメールいたします。なお、携帯からのメールの方は、迷惑メールの設定にご注意ください。
22 March 2016

3月11日(金)~3月28日(月)   RONDADE They Live
 They Liveとは RONDADE が提案する何かが足りないものを売るショップです。

 欠けている・もっていない・抜けている・揃っていない・不足している状態。

 何かものを見たり使った時に感じる不十分さ、何か足りないという感覚はこちらを時に不安定な気持ちにさせる。

 不安定という感覚は、完結していないとか整っていないとか、使いづらい、知らないとかに置き換えられるかもしれません。

 They Liveではこの不安定な感触(整った価値とは別の何か)にフォーカズしたいと考えています。

 意図してつくる余白よりも意図してないところに生まれる余白のほうが感覚をゆさぶる時があり、歪みやズレに美しさを見いだしその物の在り方自体にこころが掴まれる事があります。

 この感じを備える物を商品の基準にします。

 このショップに並べられた物の基準や足りないという感覚は個人的なものかもしれません。またRONDADEという出版、音楽レーベルが物を作る上でベースにしている事は、ここに選ばれたものたちがもつノイズの純度を抽出し提示している事と似ています。

 とにかくここでは足りないと感じる物を並べてみようと思います。

  日 時:2016年3月11日(金)~3月28日(月) 12:00~19:00
      ※休み 火・水・木曜日
  場 所:circle gallery&books 東京都国立市谷保5119 やぼろじ内
10 March 2016
 
  • 1
  • 2
  • 次のページへ

COLUMN

  • マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
    マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
  • JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
    JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
  • 山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
    山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
  • 初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
    初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
  • まちのみんなが撮る・描く・書く
長崎は今日も”イベント”日和
    まちのみんなが撮る・描く・書く 長崎は今日も”イベント”日和
  • 長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
    長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
  • 関西から福井へ来た。なれぬ環境であぷあぷしているときに、越前和紙に出会い、粘土を思い出し、猫と出会った。猫をこさえ始めたら、他のイキモノたちが「私もこさえてよ」と言った。
    関西から福井へ来た。なれぬ環境であぷあぷしているときに、越前和紙に出会い、粘土を思い出し、猫と出会った。猫をこさえ始めたら、他のイキモノたちが「私もこさえてよ」と言った。
  • 木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
    木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
  • わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
    わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
  • 左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
    左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
  • 2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
    2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
  • 映画にテレビに本にイベントに……  いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
    映画にテレビに本にイベントに…… いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
  • 草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
    草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
  • いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
    いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
  • 私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
    私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
  • 「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
    「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
  • 竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
    竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
  • 住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
    住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
  • 埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
    埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
  • 伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
    伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
  • 採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
    採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
  • 俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
    俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
  • 85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
    85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
  • 北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
    北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
  • 香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
    香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
  • 北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
    北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
  • オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
    オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
  • 人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
    人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
  • 海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
    海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
  • 中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
    中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
  • お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
    お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
  • 朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
    朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
  • 漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
    漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
  • 店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
    店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
  • 何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
    何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
  • 「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
    「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
  • 岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。
    岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。

おすすめ